急性喉頭蓋炎とはどんな症状? 原因や予防対策を徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

喉が痛い、と感じるとまっさきに思い浮かぶ病名といえば『風邪』でしょう。しかし、もしかしたらただの風邪ではなく、急性喉頭蓋炎かもしれません。急性喉頭蓋炎は、放っておくと命にかかわります。重症であれば、数時間で呼吸困難に陥り死に至る怖い病気です。急性喉頭蓋炎が疑われる場合には、すぐに治療しなければいけません。しかし、急性喉頭蓋炎は症状が風邪に似ているため、なかなか判断がしづらいでしょう。

そこで、今回は急性喉頭蓋炎についての基礎知識をご紹介します。

  1. 急性喉頭蓋炎の基礎知識
  2. 急性喉頭蓋炎の原因
  3. 急性喉頭蓋炎の治療について
  4. 急性喉頭蓋炎にまつわる質問

この記事を読むことで急性喉頭蓋炎の症状や治療方法について学ぶことができます。急性喉頭蓋炎は非常に怖い病気です。身を守るためにも、しっかりと知識を学びましょう!


1.急性喉頭蓋炎の基礎知識 

1-1.どんな病気か

急性喉頭蓋炎とは、喉(のど)と気管の境目にある喉頭蓋と呼ばれる箇所に炎症が発生している状態を指します。

1-2.喉頭蓋とは

喉頭蓋は、いわば喉の分岐器(ぶんきき)です。呼吸をしているときは気管と喉をつなぎ、飲食物がとおるときには気管の入り口を塞ぐことで、間違って入らないようにしています。そのため、喉頭蓋が炎症して腫れると、気道を塞いでしまうことがあり危険です。できるだけ早く治療すべき病気なのですが、症状が風邪と似ているため、発見が遅れてしまう方が多いのが現状となっています。

1-3.主な症状

  • 喉の痛み
  • 唾を飲むと痛い
  • ヨダレが出る
  • 話しづらい
  • 嚥下(えんげ)がしづらい
  • 38.0℃以上の発熱

1-4.危険な点

急性喉頭蓋炎は重症化すると、完全に気道が塞がってしまい、呼吸困難に陥ります。数時間で窒息状態まで発展することもあり、寝ている間に窒息死してしまった、なんてこともある危険な病気です。症状が風邪に似ているので見逃されがちなのも、さらに危険度に拍車をかけています。

12