においを感じるメカニズムは? 鼻のどこで感じるの?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

嗅覚は人間の五感のひとつ。
においを感じるからこそ味も分かる、と言ってもよいのです。
では、鼻はどのような仕組みでにおいを感じ取っているのでしょうか?
そこで、今回はにおいを感じるメカニズムをご紹介します。
嗅覚は皆様が思っている以上に大切な感覚です。
しかし、ちょっとしたことがきっかけで嗅覚は鈍ってしまうでしょう。
今回は、嗅覚が鈍ってしまう原因もご紹介します。
においについていろいろと知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 嗅覚とはどんな感覚?
  2. においを感じるメカニズムとは?
  3. においを感じなくなる理由とは?
  4. 鼻がおかしいなと思ったら耳鼻咽喉科を受診しよう
  5. よいにおいもつけすぎに注意しよう
  6. おわりに

1.嗅覚とはどんな感覚?

嗅覚は、においを感じる感覚のことで人間の五感のうちのひとつです。
視覚や聴覚に比べると、意識する方は少ないですが生きていくうえで大切なもの。
実は私たちの記憶は、においと深く結びついています。
たとえば、カレーのにおいがすると子どものころに家族と囲んだ食卓を思い出すという方もいるでしょう。
また、化粧品のにおいと母親の記憶が結びついている方もいます。
さらに、においは私たちに危険を知らせてくれるのです。
たとえば、食べ物の鮮度を確かめるためににおいをかぐ人は多いでしょう。
また、毒物や劇物の中には、独特のにおいがあるものも珍しくありません。
嗅覚がなければ、私たちの生活はずいぶんと不便なものになるはずです。