喉に刺さった魚の骨を取る方法は?「放っておくと溶ける」はウソ?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

魚の骨が喉に刺さった場合、取る方法を知っていますか? 魚を食べていると骨が喉に刺さってしまい、痛みを感じることがあるでしょう。特に子供の場合は、親も心配になってしまいますよね。小さな骨であれば自然に抜ける場合もあるでしょう。しかし、喉を傷つけるような刺さり方をしている場合は、早めに対処しなければなりません。

「放っておけば骨が溶けてなくなる」ということはあまり期待しない方がよいでしょう。今回は、魚の骨を取る方法や、病院に行った方がよいケースなどについてまとめてみたいと思います。