知ってる?重曹うがいの効果と注意点…口臭予防やホワイトニング効果も

このエントリーをはてなブックマークに追加
重曹うがい

「重曹うがい」というものをご存じでしょうか? 料理や掃除で大活躍する重曹。実は口内環境をよくするためにも絶大な効果があったのです。喉のイガイガを予防するためにも、日ごろからうがいをしておくことは大切でしょう。子供の風邪予防にも効果的ですよね。

日常的に行ううがいを「重曹うがい」に変えてみてはいかがでしょうか? 風邪を予防する以外にも、さまざまな効果が期待できますよ。

  • 使用する重曹の種類とは?
  • 重曹水の濃度はどのくらいにすればよいのか?
  • 塩水でのうがいとどう違うのか?

そんな人たちのために、重曹うがいの効果や注意点をまとめてみました。重曹うがいのやり方や重曹水の作り方、危険のない頻度とはどのようなものなのでしょうか?

  1. 重曹うがいの効果
  2. 重曹うがいのやり方
  3. 重曹うがいの注意点

1.重曹うがいの効果

1-1.歯を白くする

重曹は研磨力が強いということをご存じでしたか? キッチン周りの油汚れを掃除する際にも効果を発揮するため、その研磨力を利用して掃除している人も多いでしょう。市販の歯磨き粉にも研磨剤が含まれています。しかし、重曹はさらに強い研磨力を持っているのです。

その重曹を使ってうがいをすると、歯の表面に付いた着色汚れを薄く削って落としてくれます。
ただし、重曹を直接歯ブラシにのせて歯をみがくのは危険です。研磨力が強すぎるため、エナメル質が大きく削れてしまうでしょう。象牙質がむき出しになってしまうと、以前よりも歯が黄色くなってしまうのです。そのため、重曹うがいが最も効果的に歯を白くしてくれるということになります。

タバコやコーヒー・赤ワイン・紅茶などの色素汚れが気になる人は、ぜひ重曹うがいを試してみてください。

1‐2.口臭を予防する

重曹うがいには、口臭を予防する効果も期待できます。なぜ、口臭が生じるのかご存じでしょうか? 虫歯菌は、食べカスに含まれる糖分から「酸」を作り出します。この酸が虫歯や口臭の原因になるのです。

おなかがすいているときに口臭がひどくなるのは、唾液の量が減って口内が酸性になっているためと考えられます。重曹は弱アルカリ性。うがいをすることで酸化物による臭いを中和してくれる効果があるのです。就寝前や起床後など、口臭がひどくなりがちなときに重曹うがいをすると、口の中がすっきりします。

1‐3.虫歯を予防する

食事をすると口内環境は酸性になり、歯は溶けてしまいます。そこで、唾液の分泌によって再石灰化を起こし、歯を再生しているのです。食後や就寝前に重曹うがいをすると、酸性の状態が短くなります。その結果、歯が溶けるのを防いでくれるのです。当然、虫歯になるのを予防してくれることになるでしょう。

1-4.もちろん風邪の予防にも

重曹うがいは、もちろん風邪の予防にも効果的です。普通のうがいにも十分風邪の予防効果はあります。重曹水でうがいをすることで、より高い効果を期待できるでしょう。風邪を予防しながら口内環境をよくすることができる重曹うがい。正しいやり方をマスターして、効果的に活用してください。

また、重曹水で鼻うがいをするのもおすすめです。重曹の効果で、鼻の奥をきれいにしてくれるでしょう。鼻うがいは風邪による鼻詰まりだけでなく、アレルギーや蓄膿(ちくのう)症にも効果的です。

方法は以下のとおり。

  • ぬるめの重曹水を片方の鼻から吸い込み、口から出す
  • もう片方の鼻からも重曹水を吸い込み、口から出す
  • 慣れてきたら、右の穴から左の穴に出すことも試してみる

鼻うがいは水道水で行うと痛くなって危険です。必ず、食塩水か重曹水を使うようにしましょう。

2.重曹うがいのやり方

2‐1.重曹水の作り方

まずは、重曹を用意してください。重曹にはいくつか種類があるため、選ぶ際には注意が必要です。大きく分けて「食用」「薬用」「工業用」があり、重曹うがいで使用できるのは「食用」または「薬用」だけ。口に入れても安全なものになっています。

工業用の重曹には界面活性剤が入っているため、口に入れるものとして適していないのです。食用の重曹であれば、1㎏500円程度で購入することができるでしょう。水道水100mlに重曹小さじ半分ほどを入れ、完全に溶けるまでかき回してください。重曹が多すぎると粘膜を痛めることもあるため、容量はきちんと守りましょう。

2‐2.重曹うがいのやり方

重曹うがいをするたびに重曹水を作るのは面倒でしょう。重曹水は冷蔵庫に入れておけば1週間くらい保存ができます。ペットボトルに入れて作り置きをしておくと、朝や食後に手間なくうがいができるのでおすすめです。

正しいうがいのやり方としては、口に重曹水を含んで30秒ほど「くちゅくちゅ」とうがいをしてください。ポイントは、口全体に重曹の成分が行き渡るようにすることです。喉をガラガラとするようなうがいはしないようにしてください。重曹の効果が薄れてしまいます。

2‐3.頻度とタイミング

重曹うがいの頻度としては、1日3回が目安です。1日に何度もうがいをすれば効果が高まるというわけではありません。また、重曹水の濃度を高めても効果が高まるわけではないため、容量は守るようにしましょう。

重曹うがいのタイミングは、歯みがき後がおすすめです。食後すぐに歯みがきをする人は、中和作用を持つ唾液が一緒に洗い流されてしまうため、口内の酸性状態が続く恐れがあります。歯みがき後に行うことで、口内が中和されて虫歯予防の効果が高まるでしょう。

また、就寝前のタイミングで重曹うがいをするのもおすすめです。寝起きの口がすっきりするだけでなく、虫歯予防にもつながるでしょう。

3.重曹うがいの注意点

3-1.濃度に気を付ける

虫歯や口臭の予防になるからと言って、重曹を入れすぎるのはよくありません。口内の粘膜を痛めてしまうだけでなく、塩分過多になってしまう恐れもあるでしょう。

重曹の正式名称は「炭酸水素ナトリウム」と言い、塩の一種です。特に、食事で塩分制限をされている人や腎臓に病気のある人は、十分に注意してください。

重曹うがいは子供にも効果的です。しかし、食用だとしても濃い重曹水を頻繁に飲み込んでしまうのは危険でしょう。重曹水を作るときは、濃度に十分注意してください。

3-2.虫歯を治す効果はない

重曹うがいには虫歯を予防する効果はあります。しかし、なってしまった虫歯を治すことはできないのです。「歯が黒くなっている」「痛みがある」というときに、虫歯を治す目的で重曹うがいをしても意味はないということになります。

とはいえ、歯医者で虫歯の治療をしながら、虫歯の拡大を予防するには効果的でしょう。「虫歯になりたくない」という人は、予防の意味で重曹うがいを習慣にすることをおすすめします。

4.まとめ

いかがでしたか? 重曹うがいの効果については、まだ知らない人が多いと思います。特に口臭や歯の着色が気になる人にとっては大きな効果を発揮する方法であるため、試してみるとよいでしょう。間違った方法だと危険な場合もあるため、ぜひこの記事を参考にして正しく行ってくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加