知ってる?重曹うがいの効果と注意点…口臭予防やホワイトニング効果も

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
重曹うがい

「重曹うがい」というものをご存じでしょうか? 料理や掃除で大活躍する重曹。実は口内環境をよくするためにも絶大な効果があったのです。喉のイガイガを予防するためにも、日ごろからうがいをしておくことは大切でしょう。子供の風邪予防にも効果的ですよね。

日常的に行ううがいを「重曹うがい」に変えてみてはいかがでしょうか? 風邪を予防する以外にも、さまざまな効果が期待できますよ。

  • 使用する重曹の種類とは?
  • 重曹水の濃度はどのくらいにすればよいのか?
  • 塩水でのうがいとどう違うのか?

そんな人たちのために、重曹うがいの効果や注意点をまとめてみました。重曹うがいのやり方や重曹水の作り方、危険のない頻度とはどのようなものなのでしょうか?

  1. 重曹うがいの効果
  2. 重曹うがいのやり方
  3. 重曹うがいの注意点

1.重曹うがいの効果

1-1.歯を白くする

重曹は研磨力が強いということをご存じでしたか? キッチン周りの油汚れを掃除する際にも効果を発揮するため、その研磨力を利用して掃除している人も多いでしょう。市販の歯磨き粉にも研磨剤が含まれています。しかし、重曹はさらに強い研磨力を持っているのです。

その重曹を使ってうがいをすると、歯の表面に付いた着色汚れを薄く削って落としてくれます。
ただし、重曹を直接歯ブラシにのせて歯をみがくのは危険です。研磨力が強すぎるため、エナメル質が大きく削れてしまうでしょう。象牙質がむき出しになってしまうと、以前よりも歯が黄色くなってしまうのです。そのため、重曹うがいが最も効果的に歯を白くしてくれるということになります。

タバコやコーヒー・赤ワイン・紅茶などの色素汚れが気になる人は、ぜひ重曹うがいを試してみてください。

1‐2.口臭を予防する

重曹うがいには、口臭を予防する効果も期待できます。なぜ、口臭が生じるのかご存じでしょうか? 虫歯菌は、食べカスに含まれる糖分から「酸」を作り出します。この酸が虫歯や口臭の原因になるのです。

おなかがすいているときに口臭がひどくなるのは、唾液の量が減って口内が酸性になっているためと考えられます。重曹は弱アルカリ性。うがいをすることで酸化物による臭いを中和してくれる効果があるのです。就寝前や起床後など、口臭がひどくなりがちなときに重曹うがいをすると、口の中がすっきりします。

1‐3.虫歯を予防する

食事をすると口内環境は酸性になり、歯は溶けてしまいます。そこで、唾液の分泌によって再石灰化を起こし、歯を再生しているのです。食後や就寝前に重曹うがいをすると、酸性の状態が短くなります。その結果、歯が溶けるのを防いでくれるのです。当然、虫歯になるのを予防してくれることになるでしょう。

1-4.もちろん風邪の予防にも

重曹うがいは、もちろん風邪の予防にも効果的です。普通のうがいにも十分風邪の予防効果はあります。重曹水でうがいをすることで、より高い効果を期待できるでしょう。風邪を予防しながら口内環境をよくすることができる重曹うがい。正しいやり方をマスターして、効果的に活用してください。

また、重曹水で鼻うがいをするのもおすすめです。重曹の効果で、鼻の奥をきれいにしてくれるでしょう。鼻うがいは風邪による鼻詰まりだけでなく、アレルギーや蓄膿(ちくのう)症にも効果的です。

方法は以下のとおり。

  • ぬるめの重曹水を片方の鼻から吸い込み、口から出す
  • もう片方の鼻からも重曹水を吸い込み、口から出す
  • 慣れてきたら、右の穴から左の穴に出すことも試してみる

鼻うがいは水道水で行うと痛くなって危険です。必ず、食塩水か重曹水を使うようにしましょう。

12