快眠・安眠を手に入れたい人は必見!熟睡できる良い方法を教えます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
快眠

快眠や安眠ができない人は、毎日の疲れが溜(た)まってしまうことでしょう。
この記事では、熟睡できる快眠方法を知りたい人のために効果的な方法をご紹介しています。

  1. 寝つきが悪い・不眠の原因は何?
  2. 良質な睡眠の条件を確認しよう!
  3. ぐっすり快眠できる方法を解説!
  4. まとめ

ぐっすり眠ることは、健康の始まり。
この記事を読んで理解することは、快眠や安眠を手に入れるきっかけになるでしょう。


1.寝つきが悪い・不眠の原因は何?

ふとんに入っても、なかなか寝ることができない人もいます。
では、寝つきが悪かったり不眠になったりする原因には何があるのでしょうか。

1-1.大きなストレスがある

仕事などで大きなストレスがあるときは、寝つきが悪くなりがちです。
寝ようとしてふとんに入っても、心配事が頭に浮かんできて眠ることができない人は多いでしょう。
長期に亘(わた)って大きなストレスがある環境では、不眠となって心身の状態に悪影響を与えます。

1-2.自律神経の乱れ

不規則な生活リズムが続いている場合は、睡眠時間もタイミングもまちまちになりがちです。
すると、自律神経が乱れてしまうことになるでしょう。
不規則な生活リズムが続くことは、自律神経を乱して寝つきが悪くなったり不眠の原因になったりします。
自律神経を正常に戻すためにも、生活リズムをきちんと戻すことが必要でしょう。

1-3.部屋の環境が睡眠に適していない

部屋の環境が、睡眠を取ることに適していないことも原因となります。
たとえば、ルームライトが明る過ぎる場合や、室温が高過ぎたり低過ぎたりする場合は適していません。
快適な睡眠のためには、適度な暗さと適切な室温管理が大切です。
起きているときと眠るときの区別をつけるためにも、部屋の環境を整えてみてください。

1-4.寝具が体に合っていない

また、枕が体に合っていなかったりふとんの質が悪かったりなどの理由も挙げられるでしょう。
体に合っていない寝具では、寝つきが悪くなったり不眠の原因になったりします。
また、眠っている間も無意識に体がストレスを感じるので翌朝に疲労を感じることもあるでしょう。
良質な睡眠を取るためにも、自分の体に合った寝具を揃(そろ)えることが大切です。

1-5.日中の活動度が低い

日中に十分な活動をすることは、熟睡できる条件のひとつです。
しかし、日中にほとんど活動をしなかったりするとなかなか寝つけないことでしょう。
適度な疲労が無いと、寝つきが悪くなりがちなことは事実です。
日中に適度な運動をするなどして、メリハリのある生活スタイルに変更しましょう。

1-6.口呼吸をしている

寝つきが悪い・不眠で悩んでいる人には、口呼吸をしている場合が多いです。
本来は、鼻で呼吸をするべきなのに何らかの原因で口呼吸をしていると体によくありません。
口呼吸では、ウイルスや雑菌がそのまま呼吸器に入りやすいことも問題でしょう。
また、口呼吸をしている人の中には「睡眠時無呼吸症候群」の疑いがある場合もあります。
もしくは、耳鼻科の病気を持っている可能性もありますから診察を受けてみた方が良いでしょう。

2.良質な睡眠の条件を確認しよう!

良質な睡眠とは、どのような状態なのでしょうか。
理想の睡眠を手に入れるためにも、きちんと確認しておきましょう。

2-1.十分な睡眠時間を確保できている

睡眠には、十分な時間が必要です。
おおよそ、7時間から8時間の睡眠時間を確保できていることが良質な睡眠の条件となるでしょう。
適切な睡眠時間の長さについては、個人差が激しいことも事実です。
しかし、「ショートスリーパー」のような、短時間の睡眠時間でも問題が無い人はまれでしょう。

2-2.熟睡できている

熟睡できていることも、良質の睡眠の条件として外せません。
何度も目が覚めたり夢を見ている状態が続いたりする場合は、熟睡できているとは言えないでしょう。
寝ついた後は、起床時間まで目が覚めないことが理想的です。
また、熟睡できている場合は、目覚めたときの気持ちよさが違うでしょう。
もしも、十分な睡眠時間の確保が難しくても熟睡できているならば問題はありません。

2-3.翌朝に疲れが残っていない

睡眠の目的は、その日の心身の疲労を取り去ることです。
しかし、睡眠の質が悪いと翌朝に目が覚めたときに疲れが残っていることを感じるでしょう。
翌朝に疲れが残らない睡眠が、理想的です。

3.ぐっすり快眠できる方法を解説!

では、ぐっすり快眠できる方法を具体的に解説していきましょう。
効果の出方は個人差がありますが、いずれも効果的な快眠方法ですよ。

3-1.枕やふとんを買い替える

ぐっすりと快眠を取るためには、体に合った枕やふとんに買い替えることをおすすめします。
体に合った寝具は、快適な睡眠をもたらすでしょう。
枕は、あお向けに寝たときに頭全体を支えることができて首に無理がかからない物を選んでください。
枕の素材は、そばがらやテンピュールなどさまざまな種類を実際に試してから決めると良いでしょう。
特に、起きたときに肩こりや腰痛がある人は、寝具が体に合っていない可能性が高いのです。
ぐっすり眠りたい人は、寝具の見直しをしてくださいね。

3-2.アロマテラピーを試す

ぐっすり眠るためには、精神的にリラックスをすることも大切でしょう。
そこでおすすめなのが、アロマテラピーです。
アロマテラピーは、オイルの香りを楽しみながらリラックス効果を得る方法。
眠りを誘う効果を高めるには、ラベンダーなどの香りが良いでしょう。
アロマポットに少量の水とオイルを2滴ほど入れて、温めてください。
寝る前のアロマテラピーは、快適な眠りをもたらしますよ。

3-3.寝つきが良くなるツボを押す

ふとんに入る前に、寝つきが良くなるツボを押してみましょう。
たとえば、かかとのふくらみの中心にある失眠(しつみん)というツボや、足の裏の真ん中やや上側にある湧泉(ゆうせん)というツボが効果的です。
両方とも足の裏のツボなので、やや強めに押しても問題ありません。
心地よい程度の強さで、もみほぐすように押してみてください。
また、頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)というツボなど良質の睡眠を取りやすくなるツボがほかにもあります。
ツボは正確な位置を把握することが、大切です。
インターネットにある動画や書籍などを参考に、やってみてくださいね。

3-4.口呼吸をしている人は治療をする

口呼吸が原因の人は、治療をすることが大切です。
口呼吸は、寝つきが悪かったり不眠になりやすかったりするだけでなく、もっと重大な病気になる可能性もあるでしょう。
自然な鼻呼吸に治すことが、悩みを解決することになりますよ。

4.まとめ

さて、皆さんの不眠の原因について正しく理解できたことでしょう。
また、良質な睡眠の条件や快眠方法についても学ぶことができましたね。

  • 寝つきが悪かったり不眠になったりする原因を知る
  • 良質な睡眠の条件を確認して改善を試みる
  • ぐっすり快眠できる方法を試す

快眠を手に入れるために、今日から実行してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
いびき・睡眠時無呼吸症候群の日帰り手術