つらい花粉症!症状がひどくなる前にやっておきたい予防と対策

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

いよいよ、今年も花粉症シーズン到来!目のかゆみやくしゃみ、頭痛など不快な症状に悩まされる日々がやってきました。このつらい花粉症シーズンを、少しでも楽に過ごしたい。

今回は、そんなあなたのために、花粉症の症状がひどくなる前にやっておきたい花粉症対策と予防方法をご紹介します。

  1. 花粉症が疑われる症状
  2. 花粉症になる原因は?
  3. 花粉症のつらい症状
  4. 今すぐやりたい花粉症対策
  5. 花粉症の予防方法
  6. 花粉症の治療方法
  7. よくある質問
  8. まとめ

1.花粉症が疑われる症状

  • 水のようにサラサラとした鼻水が大量にでる。くしゃみが止まらない。
  • 目のかゆみや涙が出る
  • 咳や喉のイガイガ感がある

このような症状が1週間以上続く場合は、花粉症の可能性があります。ちなみに、花粉症の原因となる花粉は年中飛散していますので、春以外でもこのような症状が現れた場合は花粉症の可能性がありますから、注意しましょう。

花粉症と併発しやすい病気

花粉症を発症すると、鼻水や鼻づまりといった症状が出る人が多いでしょう。花粉症のときに出る鼻水はサラサラとしていて細菌などはほとんど含まれていないのですが、何度もすすり上げていたりすると副鼻腔炎を発症する可能性があります。副鼻腔炎とは、鼻と目の中間に位置する空洞のことで、その内部が炎症を起こす病気が副鼻腔炎です。急性と慢性があり、急性期に治療をすれば治りやすいのですが、慢性化すると治るまで時間がかかるでしょう。

また、ブタクサやヨモギなどの花粉症の場合、スギやヒノキよりも花粉が細かいので気管支内に入りこんで気管支喘息を発症させる可能性もあります。秋に花粉症が出る方は、気管支喘息に注意が必要です。

2.花粉症になる原因は?

花粉症とは、スギやヒノキ、花の花粉が原因でアレルギー症状を起こす病気です。いまや、日本人の4人に一人が花粉症。花粉症患者の約7割がスギ花粉アレルギーであるといわれています。スギ花粉は、2月から3月頃に飛散ピークを迎えるため、花粉症の人にとって、この時期がもっともつらい季節です。同じ環境にいるのに花粉症になる人、花粉症にならない人がいます。花粉症になる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

2-1.遺伝によるもの

アレルギー体質は、遺伝の影響が大きいといわれています。両親が花粉症、特に、母親が花粉症の子供は、花粉症になるアレルギー体質を引き継いでいるかもしれません。自身が花粉症で、子供がいる人は、子供への花粉症対策も怠らないようにしてください。

2-2.食生活・生活習慣

花粉症は、花粉に対してのアレルギー反応です。添加物の多い食事や乱れた生活習慣、睡眠不足は、身体の免疫力を下げてしまいます。免疫力が下がると、抵抗力も落ちアレルギー反応も強くなるのです。

2-3.環境・ストレス

花粉にさらされる量が多ければ多いほど、花粉症の発症確率はあがります。花粉の多い土地や森林の近くに住んでいる人は注意してください。都会に多いアスファルトは、大気中のチリや花粉を何度も舞い上がらせるため、花粉が常に飛散している状態です。アスファルトの多い都会でも、花粉を吸い込む回数が増え、花粉症患者の増加につながっています。

3.花粉症のつらい症状

花粉症のアレルギー症状とはどのようなものがあるのでしょうか?花粉症の症状は、風邪と間違えてしまいがちです。以下のような症状がではじめたら、これ以上ひどくならないためにも早めに対策をしましょう。

3-1.鼻づまり・鼻水・くしゃみ

花粉症でもっとも多い症状が、鼻水とくしゃみ。花粉飛散の時期はアレルギー性鼻炎になる人も増えます。アレルギー性鼻炎のせいで、鼻が常につまった状態では、1日中イライラ。花粉で起こるアレルギー性鼻炎は、季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれ、アレルギー反応を起こす原因物質が体内を刺激することで引き起こされます。鼻をすすりすぎると、鼻腔内に花粉が入り、炎症や腫れの原因になるので鼻はかむようにしましょう。鼻を温め、鼻づまりに効果のあるアロマやハーブを試してみるのもおすすめです。

3-2.咳・のどの痛み

のどに花粉がつくことが原因で、炎症を起こし腫れます。さらに、鼻がつまり口で呼吸することが増えると、のどが乾燥し、咳(せき)や痛みの原因に。花粉症の時期は、口呼吸はなるべくさけ、のどあめで症状を緩和させましょう。

3-3.頭痛・発熱

花粉症からくる頭痛や発熱は、鼻づまりによる酸欠も原因の一つです。鼻がつまると、脳に送られる酸素の量が減り、脳は酸欠状態になります。頭がぼーっとする、集中力がなくなるのもそのせいです。鼻のとおりをよくすると、症状が緩和され楽になるでしょう。鼻を温める、脳に酸素が十分に届くような呼吸法を試す、横向きに寝ると頭痛に効果的です。

3-4.目のかゆみ・涙

目のかゆみ・涙・目やには、目に入った花粉に対しての免疫反応です。かゆいからといって、目をこするのは絶対によくありません。目の中が傷つくだけではなく、目の周辺の皮膚トラブルにもつながります。かゆくてつらいときは、目を冷やし、洗浄してください。花粉の時期はコンタクトをさけ、眼鏡を使いましょう。

4.今すぐやりたい花粉症対策

さまざまな不快症状を引き起こす、花粉症対策は1日でも早く行いましょう。つらい症状の悪化を防ぐには、なるべく身体に花粉を取り込まないことが大切です。

4-1.外出時にできること

外出時に着用したいものは、マスクと眼鏡。マスクは、体内に入る花粉の量を3分の1にしてくれます。湿ったガーゼを挟むと、スギ花粉対策に効果的です。花粉が目に入らないように、眼鏡も役立ちます。花粉症用の眼鏡ではなく、普通の眼鏡で十分です。髪の毛に花粉がつくのを防ぐため、帽子もかぶりましょう。

4-2.帰宅時には

外出時に来ていた洋服には、花粉がたくさんついています。家の中に入る前に、よくはらいましょう。特に、ウールやニットは花粉がつきやすいので要注意です。花粉が飛散する時期のお出かけは、表面がつるつるした化学繊維や、綿を選ぶといいでしょう。はらった花粉が舞い上がり、吸い込んでしまうのを防ぐために、ぬれた布で拭き取るのもおすすめ。手洗いうがいも忘れないように行いましょう。

4-3.家の中での対策

外に干していた洗濯物には、たくさんの花粉が付着しています。花粉の飛散が多い日は、室内に干しましょう。昼前後は、花粉の飛散が多くなりますので、換気や掃除は朝のうちに済ませます。掃除機をかけるときは、舞い上がった花粉を吸い込まないように、マスクをしてください。お部屋にいるときは、空気清浄機を使うと症状を抑えることができます。

4-4.就寝時のおすすめ

鼻づまりや咳(せき)は、夜にひどくなり眠れないこともしばしば。就寝前は、鼻を温めアロマで鼻のとおりをよくします。加湿器や、マスクを使いのどの乾燥を防ぎましょう。寝る体制は、頭を横にすると少し楽になります。睡眠不足は、アレルギー症状を悪化させるので、十分な睡眠をとるためにぜひ試してください。

5.花粉症の予防方法

花粉症を予防するには、身体に入る花粉に対し、どれだけ抵抗力をつけるかがポイントになります。以下の2つのことを意識して、花粉に負けない強い身体を手に入れましょう。

5-1.免疫力の強化

花粉症などのアレルギー症状は、身体の免疫力が低下すると強く症状がでます。免疫力アップの食材を意識してとるようにしてください。免疫力をあげるには以下のような食事をおすすめします。

  • 腸内のバランスを整える乳酸菌
  • 納豆やみそなどの発酵食品
  • ポリフェノールを多く含む緑茶やワイン
  • 食物繊維の多い野菜

免疫力を高めるビタミンや、ミネラルたっぷりの野菜は、多めに食べること。青魚もアレルギー症状を抑える成分が含まれています。積極敵に取り入れましょう。

5-2.疲れをためない

日々の疲れやストレス、寒さからくる身体の緊張は、自律神経のバランスを崩してしまいます。自律神経のバランスが崩れると免疫力が低下し、アレルギー症状を引き起こす原因となるのです。現代のストレス社会では、ストレスを受けないようにするのは、難しいことかもしれません。受けたストレスは発散することで心のバランスをとりましょう。

6.花粉症の治療方法

6-1.花粉症の薬物治療

耳鼻科や耳鼻咽喉科を受診し、血液検査をすれば花粉症かどうかはすぐに分かります。かかりつけ医がない場合は、花粉症の治療実績が豊富な病院を受診しましょう。花粉症は基本的に薬剤でアレルギー症状を抑える治療を行います。抗ヒスタミン薬は服用後眠くなる薬もありますが、現在はよく効いて眠くなりにくい薬もありますので、医師と相談して薬と決めてください。

6-2.手術療法について

薬を服用しても効果が出ない場合は、ラジオ波凝固術手術(レーザー手術)をすすめられることもあります。この手術は、鼻の中にある下甲介粘膜を軽く焼く手術です。粘膜を焼くことにより、アレルギーの原因となる抗原が侵入しにくくなり、粘膜も腫れにくくなります。また、鼻内後鼻神経凍結術という手術と同時に行うことで、さらなる効果も期待できるでしょう。手術は日帰りで行えますので、生活や仕事に支障も出にくいのです。また、ヒノキの花粉症の場合は、舌下療法といって3年程度の時間をかけ、ヒノキ花粉の成分を体内に一定量取り入れて症状を軽くする治療法もあります。

7.よくある質問

Q.花粉症はある日突然発症することはありますか?
A.はい。その可能性は十分にあります。

Q.花粉症を完全に予防することはできるでしょうか?
A.残念ながら、まだその方法は発見されていません。しかし、ヨーグルト・甜茶・青じそなど免疫力を高め花粉症の症状を軽減する効果が期待できる食物は複数あります。

Q.冬にも花粉症はあるのでしょうか?
A.はい。冬に飛ぶ花粉もアレルゲンの原因となります。

Q.花粉症を発症すると一生治らないのでしょうか?
A.はい。現在のところ、花粉症を完治させる治療方法はありません。しかし、症状がほとんど出ないようにする治療法はありますので、医師と相談しながら根気強く治療を続けていきましょう。

Q.子どもでも花粉症になりますか?
A.はい。2歳で花粉症を発症した記録もあります。

8.まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は、花粉症の症状がひどくなる前にやっておきたい予防と対策についてご紹介しました。

  • 外出時にはマスクと眼鏡を着用する
  • 帰宅したら洋服についている花粉をはらう
  • 掃除は花粉飛散の少ない午前中までに済ます
  • 空気清浄機を活用する
  • 就寝時は、加湿器でのどの乾燥を防ぐ
  • 免疫力アップの食材を意識してとる
  • 睡眠を十分にとり、疲れをためない

これらのことを実践すれば、つらい花粉症の症状を緩和することができます。症状をなるべく出さないためには、花粉から身体を守り、アレルギーに強い体質に変えていくことが大切です。日々の生活を見直して、できることから少しずつ進めていきましょう。