花粉症と抜け毛には密接な関係があった!どちらも予防したい人必見!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
花粉症

花粉症と抜け毛には密接な関係があることをご存じでしたか? 花粉症の症状と言えば、くしゃみや鼻づまり、目のかゆみなどが主なもの。抜け毛や薄毛の原因になることは知らない人も多いでしょう。花粉症になると頭皮がアレルギー症状を起こし、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまうこともあるのです。

  • 花粉症でなぜ抜け毛が起こるのか?
  • 花粉症と抜け毛を両方予防したい

そんな方は必見です。


  1. 花粉症のメカニズム
  2. 花粉症が抜け毛につながる理由
  3. 花粉症と抜け毛を予防する方法
  4. まとめ

1.花粉症のメカニズム

花粉症と抜け毛の関係を知る前に、まずは花粉症のメカニズムについてまとめてみましょう。

1-1.花粉症はアレルギー反応の1つ

人体には、体外から侵入してくる異物に対して、その物質を排除する働きがあるのです。外部から侵入してきた物質を「抗原」、対抗する物質を「抗体」と呼びます。「花粉」という抗原が体内に侵入してくると抗体を作って体を守ろうとするのです。

そして、抗体が一定量になったとき、同じ抗原が浸入してくるとどうなるでしょうか。その抗原が抗体と結びつき、今までと違った反応を示すようになるのです。この反応が人体にとって都合よく働く場合を「免疫」と言います。人間が病気から体を守るために活躍するシステムであるということはご存じでしょう。

たとえば、おたふく風邪やはしかなどは2度かかることがありません。その理由は、免疫が働くためなのです。しかし、免疫はときと場合によって人体に不快な症状を招きます。その症状が「アレルギー」であり、花粉症もその1つなのです。

1-2.花粉症の場合

花粉症の場合、花粉という抗原に対し、体はIgE抗体を作って反応します。この抗体を作りやすい体質は生まれつき決まっており、この体質をアレルギー体質と言うのです。IgE抗体は、原因となる花粉との接触を繰り返すうちに体内にたまっていきます。

そして、この蓄積が一定量以上になると花粉症の症状が現れるのです。つまり、IgE抗体が一定の水準に達していなければ症状は出ません。今は花粉症の症状が出ていなくても、このまま花粉との接触を続けるうちに発病してしまう人もたくさんいるのです。

1-3.花粉症の主な症状

花粉症の4大症状には以下のようなものがあります。

  • 連続したくしゃみ
  • 透明の鼻水
  • 鼻づまり
  • 目のかゆみ

さらに、花粉が付着したり吸い込んだりすることでさまざまな場所がかゆくなることもあるのです。くしゃみや鼻水が止まらなくなることは風邪でもある症状なため「花粉症なのか風邪なのか分からない」ということもあるでしょう。こういった症状のほかにかゆみが現れた場合は、花粉症であると判断してください。

12