花粉症と抜け毛には密接な関係があった!どちらも予防したい人必見!

このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症

花粉症と抜け毛には密接な関係があることをご存じでしたか?
花粉症の症状と言えば、くしゃみや鼻づまり、目のかゆみなどが主なもの。
抜け毛や薄毛の原因になることは知らない人も多いでしょう。
花粉症になると頭皮がアレルギー症状を起こし、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまうこともあるのです。

  • 花粉症でなぜ抜け毛が起こるのか?
  • 花粉症と抜け毛を両方予防したい

そんな人たちは必見です。


1.花粉症のメカニズム

花粉症と抜け毛の関係を知る前に、まずは花粉症のメカニズムについてまとめてみましょう。

1-1.花粉症はアレルギー反応の1つ

人体には、体外から侵入してくる異物に対して、その物質を排除する働きがあるのです。
外部から侵入してきた物質を「抗原」、対抗する物質を「抗体」と呼びます。
「花粉」という抗原が体内に侵入してくると抗体を作って体を守ろうとするのです。
そして、抗体が一定量になったとき、同じ抗原が浸入してくるとどうなるでしょうか。
その抗原が抗体と結びつき、今までと違った反応を示すようになるのです。
この反応が人体にとって都合よく働く場合を「免疫」と言います。
人間が病気から体を守るために活躍するシステムであるということはご存じでしょう。
たとえば、おたふく風邪やはしかなどは2度かかることがありません。
その理由は、免疫が働くためなのです。
しかし、免疫はときと場合によって人体に不快な症状を招きます。
その症状が「アレルギー」であり、花粉症もその1つなのです。

1-2.花粉症の場合

花粉症の場合「花粉」という抗原に対し、体は「IgE抗体」を作って反応します。
この抗体を作りやすい体質は生まれつき決まっており、この体質を「アレルギー体質」と言うのです。
IgE抗体は、原因となる花粉との接触を繰り返すうちに体内にたまっていきます。
そして、この蓄積が一定量以上になると花粉症の症状が現れるのです。
つまり、IgE抗体が一定の水準に達していなければ症状は出ません。
今は花粉症の症状が出ていなくても、このまま花粉との接触を続けるうちに発病してしまう人もたくさんいるのです。

1-3.花粉症の主な症状

花粉症の4大症状には以下のようなものがあります。

  • 連続したくしゃみ
  • 透明の鼻水
  • 鼻づまり
  • 目のかゆみ

さらに、花粉が付着したり吸い込んだりすることでさまざまな場所がかゆくなることもあるのです。
くしゃみや鼻水が止まらなくなることは風邪でもある症状なため「花粉症なのか風邪なのか分からない」ということもあるでしょう。
こういった症状のほかにかゆみが現れた場合は、花粉症であると判断してください。

2.花粉症が抜け毛につながる理由

花粉症と抜け毛は一見無関係に見えます。
しかし、実は花粉症によって抜け毛や薄毛になることもあるのです。

2-1.花粉症と抜け毛の関係

花粉症とはそもそも、アレルギー源となる物質が粘膜に付着して起こる炎症です。
頭皮は粘膜でないため、花粉症とは関係がないように感じるでしょう。
花粉症もアレルギーの一種であり、アレルギー物質が引き起こすのは鼻や目の症状だけではありません。
皮膚がカサカサになる、かゆみを感じる、頭がボーっとするなどの症状が出たことがある人も多いでしょう。
このような症状は、頭皮にも起こっているのです。
頭皮もむくんだり炎症を起こしたりするため、かゆみを感じて強くかきむしってしまいます。
もちろん、血行が悪くなって抜け毛の原因になるでしょう。

2-2.花粉症の人は抜け毛になりやすい?

「花粉症の人が抜け毛になりやすい」というよりも、花粉症を起こしやすいタイプの人は抜け毛を起こしやすい人の特徴に当てはまる、という意味です。
アレルギー体質が強く出やすいタイプ、食生活や生活習慣が乱れがちなタイプの人は、抜け毛になりやすいでしょう。
つまり、花粉症対策をすることは抜け毛対策にもつながる、ということになります。
抜け毛が気になる人は、まず花粉症対策を徹底して、原因となっているものを取り除く努力が必要なのです。
抜け毛を防御しながら、つらい花粉症を乗り切っていきましょう。

3.花粉症と抜け毛を予防する方法

最後に、花粉症と抜け毛の両方を予防する方法についてご紹介します。
抜け毛が起こらないように花粉症を予防するためには、一体どうしたらよいのでしょうか。

3-1.花粉が多い時期はなるべく外出しない

花粉症は花粉と接触することで症状が起こります。
つまり、予防するには花粉と接触しないことが一番なのです。
花粉の飛散量が多くなる時期はなるべく屋外に出ないようにするようにしましょう。
環境省の花粉観測システムなどを利用すると常に花粉情報をチェックすることが可能です。
飛散量が多いときは、必要以上の外出を控えるようにしましょう。

3-2.外出時はマスク・メガネ・帽子を着用する

もちろん、完全に外出しないようにするのは難しい話です。
仕事などで外出しなければならないこともあります。
そんなときは、必ずマスクやメガネを着用するようにしましょう。
同時に、帽子を着用することで頭皮が花粉の影響を受けるのを防ぐことができます。
可能な限り、皮膚に花粉が付着するのを予防してください。

3-3.帰宅後は衣服や髪の毛に付着した花粉を払い落とす

帰宅後は、そのまま家に入ってはいけません。
玄関の前で衣服や髪の毛、バッグなどを払って花粉を落とすようにしてください。
玄関に空気清浄機などを置いておけばなおよいでしょう。
そのまま入ると室内に花粉を持ち込むことになってしまいます。
室内に侵入した花粉は、さまざまな場所に付着するのです。
そして、人が動くたびに舞い上がり、その影響を受けることになってしまいます。
室内に入り込んだ花粉を掃除することよりも、室内に花粉を持ち込まないようにすることが一番の対策なのです。

3-4.帰宅後はすぐに入浴する

花粉が付着しているのは衣類や髪の毛だけではありません。
皮膚にも付着している可能性があるため、帰宅後はなるべく早くお風呂に入りましょう。
ただし、頭皮がかゆくても1日に何度も洗髪したり強くこすったりするのはやめてください。
過剰に洗髪すると必要な皮脂まで洗い流してしまい、皮脂の過剰分泌を招きます。
アレルギーのかゆみだけでなく、皮脂によるかゆみも出てくる可能性があるでしょう。
頭皮を強くこすると髪も傷みやすくなり、新しく生えてきた毛も抜けてしまいます。
また、丁寧に洗髪してもすすぎに手を抜くと抜け毛や薄毛の原因になるため、しっかりすすぐようにしましょう。
さらに、使用しているシャンプーやリンスによっては、合成界面活性剤が含まれています。
この成分が目や鼻に入ると粘膜が異常をきたし、花粉アレルギー症状を引き起こす可能性もあるのです。
シャンプーを選ぶ際には、合成界面活性剤が含まれていないかしっかり確認するようにしてください。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
花粉症と抜け毛には密接な関係があり、花粉症対策をすることで抜け毛を予防することも可能です。
抜け毛の原因が花粉症であることを理解し、適切な対策を考えることが必要でしょう。
まもなく花粉の飛散量が増える時期がやってきます。
できる限りの対策を実践してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アレルギー性鼻炎の日帰り手術