自分に合った花粉症薬を知ろう!種類や副作用にはどんなものがあるの?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

花粉症の薬にはさまざまな種類のものがあります。服用するタイプのものだけでなく、点眼や点鼻薬を使用している人も多いでしょう。花粉症の症状に困ったとき、どんな薬を利用するべきか迷いますよね。市販の薬でも十分な効果が得られるのか、知りたい人も多いでしょう。

今回は、花粉症薬の種類とそれぞれの特徴についてまとめてみたいと思います。

  • 花粉症薬の種類を知りたい
  • 薬の強さと副作用は比例するのか?
  • 自分にはどんな薬が合っているのか?

花粉症の悩みを少しでも早く解消するために、薬選びにも十分注意してください。


  1. 花粉症の症状とメカニズム
  2. 花粉症薬の種類と特徴
  3. 花粉症薬の副作用
  4. 花粉症の治療方法について
  5. まとめ

1.花粉症の症状とメカニズム

毎年花粉が飛散する時期になると現れる不快な症状。「この症状は花粉症なのか?」と疑問に思っている人も多いと思います。まずは、花粉症の主な症状とそのメカニズムについてご紹介しましょう。

1-1.花粉症の主な症状

花粉症の主な症状は「くしゃみ」や「鼻水」「鼻づまり」など。つまり、風邪の症状とよく似ているのです。その症状が花粉症なのか風邪なのか分からずに困る人は多いでしょう。花粉症であるにもかかわらず、風邪だと思い込んで対処せずにいると花粉症は悪化します。たとえば、立て続けに何度もくしゃみが出る場合は、花粉症である可能性が高いでしょう。

また、花粉症の鼻水は水っぽいのが特徴です。風邪の場合は数日で黄色っぽく粘り気が出てくるため区別しやすいと思います。さらに、花粉症による鼻づまりは息ができないほど苦しいことが多く、風邪の場合とは少し違っているでしょう。

このほかにも、花粉症では目のかゆみや充血が現れることが多くなっています。風邪で目がかゆくなることはほとんどないため、この症状によって初めて花粉症であることに気付く人も多いでしょう。

1-2.花粉症のメカニズム

花粉症は、スギやヒノキといった植物の花粉がアレルゲンとなって発症するアレルギー性鼻炎の一種です。毎年3月下旬~4月中旬あたりに症状が出る方が多く、この時期はテレビでも飛散する花粉の量が毎日のように発表されます。また、スギやヒノキ以外にもシラカバ・ブタクサ・ヨモギ・イネ科の植物の花粉でも花粉症の症状は現れるのです。そのため、複数の花粉でアレルギー症状が出る方は、1年中鼻づまりや目のかゆみ・充血・皮膚のかゆみ・せき・のどの痛みといった花粉症の症状に苦しめられることもあります。

現在、約3300万人の方が花粉症の症状に苦しんでいると言われており、その数は年々増加傾向です。

今はまだ花粉症になっていない人も、このまま花粉との接触を続けているうちに、いつかは発病する可能性があるということです。

12