知って得する花粉症対策法! 花粉症におびえるのは今日でやめよう!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

花粉症対策、皆さんはしていますか?

花粉症のピークである春は過ぎましたが、これから夏になると今度はブタクサなどの花粉が飛散し始める時期です。人によってはまた花粉症を引き起こすかもしれません。ですから、今のうちに花粉症を治療しておこうと考えている方も多いでしょう。

そこで、今回は花粉症の治療法や対策法について中心にご紹介します。

  1. 花粉症はどんな病気?
  2. なりやすい人はどんな人?
  3. 花粉症の治療方法
  4. 花粉症の薬について
  5. 花粉症のレーザー治療について
  6. 花粉症の対策法を実践しよう!
  7. 花粉症治療でよくある質問

これらの項目をすべて読めば、きっと花粉症に対する見方が変わるはず。つらい花粉症を一緒に治しましょう!


1.花粉症はどんな病気?

1-1.主な花粉症の症状

主な花粉症の症状には以下のようなものがあります。

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみ
  • 頭痛
  • 咳(せき)
  • 肌荒れ
  • 喉の痛み
  • 発熱

このように、症状が非常に風邪と似ているため、「きっと花粉症だろう……」と風邪を見逃してしまい、肺炎などに発展してしまう人もいます。ご高齢になるとただの風邪が命取りになり得るので、本人や家族も十分な注意が必要です。

1-2.主な原因とは?

アレルギーには原因となる物質があり、この原因物質のことを『アレルゲン』と呼びます。

花粉症もアレルギーの一種。花粉症というぐらいですから、アレルゲンは当然花粉です。しかし、実は花粉だったら何でも原因になるかというとそうではありません。花粉症を引き起こしやすい花粉というものがあります。

花粉症を引き起こす花粉で最も多いのは『スギ』です。そのほかには、ハンノキやブタクサ、ヒノキ、イネ、ヨモギ、カナムグラなどがあります。

また、東北以北限定ですが、シラカンバなども要注意アレルゲンです。

1-3.風邪や鼻炎と間違えないようにするには?

花粉症は非常に風邪と似ています。また、花粉症とは関係ない鼻炎とも症状が似かよっており、間違えやすい病気です。

しかし、実は意外と違いがあるので覚えておきましょう。

まず、鼻水について。風邪の鼻水はどろどろとしていることが多いのに対し、花粉症の場合は水のようにサラサラとしていることが多いでしょう。

また、鼻水の代わりに鼻づまりを起こすこともありますよね。風邪の場合は左右どちらかの鼻の穴が通った状態になることが多いのですが、花粉症は両方の穴が塞がってしまうことがあるのです。

また、くしゃみと咳(せき)も分かりやすい判別ポイント。花粉症はくしゃみがよく出ますが咳(せき)はあまり出ません。一方の風邪は、咳(せき)がよく出るもののくしゃみはあまり出ないのです。

そして、一番分かりやすいのは目のかゆみがあるかどうかでしょう。耐えられないほど何度も何度も目がかゆくなる場合は、花粉症によるアレルギー反応が起きている証拠です。

1-4.季節、時期、特徴、いつまで

花粉症というと春の風物詩と思われがちですが、実はアレルゲンの花粉によって時期が大きく異なります。そのため、春以外でも花粉症になることがあるので注意が必要です。

1番多いスギや、ハンノキ、ヒノキは3~4月がピークとなります。一方のブタクサ、ヨモギ、カナムグラは8~9月が最も飛散しやすい時期になるのです。また、イネは3~9月ごろまでと、長い間飛んでいます。ちなみに、シラカンバは4~6月がピークとなるでしょう。

このように、春だけではなく夏や秋口にまで花粉症は発症し得るのです。

1-5.子どもの花粉症と大人の花粉症は違う

あまりしられていませんが、子どもの花粉症と大人の花粉症は、症状の出方に違いがあります。

花粉症といえばくしゃみが主な症状として挙げられますが、子どもの花粉症ではあまりくしゃみが出ません。また、子どもは鼻水よりも鼻づまりの方が発生しやすく、鼻水が出ている場合も少し粘っこくなるでしょう。一方の大人は基本的に鼻水はサラサラとしています。

また、子どもは目の症状が非常に出やすいでしょう。しかも、子どもは我慢できずにこすってしまうため、目の周りが赤くなったり腫れたりすることがあります。

1-6.花粉症は治るの?

花粉症はしっかりと治療すればある程度治すことは可能です。特に、初めての発症から早期に治療を行えば、ほとんど日常生活で気にならないレベルまで治すことができます。

ただし、花粉症はアレルギーですから、そのほかの牛乳アレルギーやそばアレルギーなどと同様、完治は難しいでしょう。