知って得する花粉症対策法! 花粉症におびえるのは今日でやめよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症対策、皆さんはしていますか?

花粉症のピークである春は過ぎましたが、これから夏になると今度はブタクサなどの花粉が飛散し始める時期です。人によってはまた花粉症を引き起こすかもしれません。ですから、今のうちに花粉症を治療しておこうと考えている方も多いでしょう。

そこで、今回は花粉症の治療法や対策法について中心にご紹介します。

  1. 花粉症はどんな病気?
  2. なりやすい人はどんな人?
  3. 花粉症の治療方法
  4. 花粉症の薬について
  5. 花粉症のレーザー治療について
  6. 花粉症の対策法を実践しよう!
  7. 花粉症治療でよくある質問

これらの項目をすべて読めば、きっと花粉症に対する見方が変わるはず。つらい花粉症を一緒に治しましょう!


1.花粉症はどんな病気?

1-1.主な花粉症の症状

主な花粉症の症状には以下のようなものがあります。

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみ
  • 頭痛
  • 咳(せき)
  • 肌荒れ
  • 喉の痛み
  • 発熱

このように、症状が非常に風邪と似ているため、「きっと花粉症だろう……」と風邪を見逃してしまい、肺炎などに発展してしまう人もいます。ご高齢になるとただの風邪が命取りになり得るので、本人や家族も十分な注意が必要です。

1-2.主な原因とは?

アレルギーには原因となる物質があり、この原因物質のことを『アレルゲン』と呼びます。

花粉症もアレルギーの一種。花粉症というぐらいですから、アレルゲンは当然花粉です。しかし、実は花粉だったら何でも原因になるかというとそうではありません。花粉症を引き起こしやすい花粉というものがあります。

花粉症を引き起こす花粉で最も多いのは『スギ』です。そのほかには、ハンノキやブタクサ、ヒノキ、イネ、ヨモギ、カナムグラなどがあります。

また、東北以北限定ですが、シラカンバなども要注意アレルゲンです。

1-3.風邪や鼻炎と間違えないようにするには?

花粉症は非常に風邪と似ています。また、花粉症とは関係ない鼻炎とも症状が似かよっており、間違えやすい病気です。

しかし、実は意外と違いがあるので覚えておきましょう。

まず、鼻水について。風邪の鼻水はどろどろとしていることが多いのに対し、花粉症の場合は水のようにサラサラとしていることが多いでしょう。

また、鼻水の代わりに鼻づまりを起こすこともありますよね。風邪の場合は左右どちらかの鼻の穴が通った状態になることが多いのですが、花粉症は両方の穴が塞がってしまうことがあるのです。

また、くしゃみと咳(せき)も分かりやすい判別ポイント。花粉症はくしゃみがよく出ますが咳(せき)はあまり出ません。一方の風邪は、咳(せき)がよく出るもののくしゃみはあまり出ないのです。

そして、一番分かりやすいのは目のかゆみがあるかどうかでしょう。耐えられないほど何度も何度も目がかゆくなる場合は、花粉症によるアレルギー反応が起きている証拠です。

1-4.季節、時期、特徴、いつまで

花粉症というと春の風物詩と思われがちですが、実はアレルゲンの花粉によって時期が大きく異なります。そのため、春以外でも花粉症になることがあるので注意が必要です。

1番多いスギや、ハンノキ、ヒノキは3~4月がピークとなります。一方のブタクサ、ヨモギ、カナムグラは8~9月が最も飛散しやすい時期になるのです。また、イネは3~9月ごろまでと、長い間飛んでいます。ちなみに、シラカンバは4~6月がピークとなるでしょう。

このように、春だけではなく夏や秋口にまで花粉症は発症し得るのです。

1-5.子どもの花粉症と大人の花粉症は違う

あまりしられていませんが、子どもの花粉症と大人の花粉症は、症状の出方に違いがあります。

花粉症といえばくしゃみが主な症状として挙げられますが、子どもの花粉症ではあまりくしゃみが出ません。また、子どもは鼻水よりも鼻づまりの方が発生しやすく、鼻水が出ている場合も少し粘っこくなるでしょう。一方の大人は基本的に鼻水はサラサラとしています。

また、子どもは目の症状が非常に出やすいでしょう。しかも、子どもは我慢できずにこすってしまうため、目の周りが赤くなったり腫れたりすることがあります。

1-6.花粉症は治るの?

花粉症はしっかりと治療すればある程度治すことは可能です。特に、初めての発症から早期に治療を行えば、ほとんど日常生活で気にならないレベルまで治すことができます。

ただし、花粉症はアレルギーですから、そのほかの牛乳アレルギーやそばアレルギーなどと同様、完治は難しいでしょう。

2.なりやすい人はどんな人?

2-1.親が花粉症

まず挙げられるのは、遺伝による発症です。もしも両親が自分を産む前から花粉症になっていた場合、花粉症を両親に持つ場合、花粉に対するアレルギー情報が遺伝している可能性があります。

2-2.花粉が多く飛んでいる地域に住んでいる

基本的に少量の花粉を吸い込んですぐに花粉症となる方は多くありません。ほとんどの方は、何年にもわたって大量の花粉を吸い込むことで、体が『頻繁に体内に入ってくる異物』と判断するようになり、発症します。

つまり、花粉がたくさん飛んでいる地域に住み、長年にわたって吸い込み続ければ、それだけ発症のリスクは高まるということです。

山間部にお住まいの方などは注意が必要でしょう。

2-3.都会に住んでいる

東京や大阪、名古屋といった大都市は敷地のほとんどがコンクリートとアスファルトで構成され、そして多くの車や人が行き交っています。

飛んできた花粉はアスファルトやコンクリートには吸収されませんのでそのまま残り、さらに車や人が動くことでそれらの花粉が何度も飛散してしまうのです。当然、吸い込む頻度は高まるでしょう。

さらに、車の排気ガスが体内に入ると、通常の3~4倍も抗体が作られます。アレルギーは抗体の異常活動によるものですから、抗体が増えればそれだけアレルギーの発症リスクは高まるでしょう。

2-4.昼間に外出する

一番被害の多いスギは、主に昼間に花粉を放出します。しかも、昼間は多くの車や人が行き交うので、相乗効果により、より多くの花粉を吸い込む環境になりやすいのです。

ちなみに、12時~15時はピークとなるので、特にひどいでしょう。

2-5.食生活が偏っている

ほかのアレルギーがそうであるように、花粉症も食生活の偏りによって発症リスクが高まります。

偏食はどれもよくないのですが、特にリスクを高めるのは肉食中心の生活が特に問題でしょう。肉のタンパク質がアレルギーを誘発するというが研究結果があるからです。

また、食品添加物や人工甘味料なども、一説によればアレルギーを引き起こす原因となります。

2-6.ストレスが多い

体にストレスがかかると、自律神経の調子が悪くなります。自律神経というのは、免疫能力にかかわっていますので、調子が崩れると外敵に弱くなって体調を崩しやすくなるのです。それは花粉に対しても同じなので、花粉症のリスクを高めます。

3.花粉症の治療方法

3-1.検査はどんなことをするの?

花粉症の検査方法は『血中IgE検査』『皮膚反応検査』『鼻粘膜誘発テスト』の3つが主流です。

まず、『血中IgE検査』について。IgEとは、免疫グロブリンと呼ばれる物質で、喘息(ぜんそく)や花粉症などのアレルギーを引き起こす抗体です。

血中IgE検査は2種類あり、血中にIgEがどれだけ含まれているかを調べる総量検査と、花粉などに過剰反応する特異なIgEがあるかどうか調べる検査があります。どちらの検査も1000円程度と低価格なので、気軽に受けてみてくださいね。

次に、『皮膚反応検査』について。皮膚反応検査とは、花粉エキスなどのアレルゲンを皮膚の表面に垂らし、その上から針で少しだけ傷つけ、アレルギー反応が出るかどうかを見る検査です。検査料は、花粉症の症状や検査箇所によって変動しますが、だいたい160円~3000円の間になるでしょう。

最後に、『鼻粘膜誘発テスト』について。花粉エキスなどのアレルゲンが染みこんだ紙を鼻の粘膜に貼り付け、アレルギー反応が出るかどうかを見る検査です。検査料に関しては、皮膚反応検査同様に、花粉症の症状や検査箇所によって変動します。値段も同じで、160円~3000円程度です。

3-2.どんな病院にいくのがいいの?

花粉症になったとき、どのような病院にいくのがいいのかと迷う方も多いはず。どんな病院にいくのがいいのでしょうか?

症状にもよりますが、迷った際には耳鼻咽喉科の病院にかかるのがおすすめです。耳鼻咽喉科がない場合は、耳鼻科や普通の内科でも構いません。また、大きな大学病院などにはアレルギー科などもあるので、大学病院が近くにある場合にはチェックしてみるとよいでしょう。

3-3.どんな治療をするの?

花粉症の治療は『レーザー治療』『薬物治療』『アレルゲン免疫療法』の3つが主流です。

レーザー治療は鼻の粘膜の一部を焼くことでアレルギー反応を起こさないようにする治療。この治療を行うことで鼻から花粉が入ってきた際に、アレルギー反応を起こしにくくできます。しかし、鼻の粘膜は数か月~数年で完全に再生されてしまうので、人によっては手術後にも症状を再発する場合があるでしょう。

薬物治療は花粉症専用の飲み薬(抗ヒスタミン薬)などを飲むことで花粉症の症状を抑えます。アレグラやアレロック、クラリチンなどのさまざまな種類があり、体質に合わせて処方されるでしょう。

最後はアレルゲン免疫療法について。花粉症の原因物質のエキスを長い期間をかけて体内に少量ずつ取り入れ続けることで、体の体質をアレルギーに強いものへと変えていく治療法のことです。分かりにくい場合は、トレーニングのようなものと考えましょう。ジョギングを毎日続けることで体力が付き、長い距離を楽に走れるようになるのと同じ。定期的にアレルギー物質を取り入れることで体が慣れてアレルギーに対して強くなるのです。

アレルゲン免疫療法は皮下に投与するのが一般的ですが、最近は『舌下免疫治療法』が主流になりつつあります。舌下免疫療法は従来の皮下投与による治療に比べ、安全性・効果性がともに高いのが特徴です。しかも、皮下投与が注射器を使うのに対し、舌下投与の場合は薬を舌下に滴下して飲み込むだけ。そのため、自宅でも治療ができます。ちなみに、使われる薬は『シダトレンスギ花粉舌下液』という新薬が一般的です。

3-4.予防接種について

花粉症にも予防接種があります。基本的にはステロイド注射というものをすることで、アレルギー反応が起こりづらくするのです。ただし、ステロイド注射には副作用があるので、体質によっては行うことができません。

そのような方は、アレルギーエキスを注射する免疫療法による治療となります。

4.花粉症の薬について

この項目では花粉症の薬についてご紹介していきます。

4-1.抗ヒスタミン薬

花粉症の薬として最も一般的な薬です。抗ヒスタミン薬はアレルギー反応を引き起こす原因となるヒスタミンという化学伝達物質の働きを阻害します。素早く効くので市販薬として多く使われている薬です。

抗ヒスタミン薬には『第1世代』と『第2世代』があります。

第1世代は従来品で、眠気や口内の乾燥などといった副作用がある代わりに比較的効果の強い薬です。第1世代の市販薬は以下のようなものが一般的でしょう。

  • プレコール持続性鼻炎カプセルLX
  • パブロン鼻炎錠S

一方の第2世代はその呼び名どおり新しく生まれた抗ヒスタミン薬で、副作用を抑えたタイプです。代わりに、第1世代に比べて効果が若干弱いとされています。第2世代の市販薬は以下のようなものが一般的です。

  • アレグラFX
  • アレジオン10
  • ストナリニZ(ジルテック)

4-2.ケミカルメディエーター遊離抑制剤

ケミカルメディエーター遊離抑制剤は、アレルギー反応の原因となるヒスタミンの発生や放出を抑える効果のある薬剤です。主に、予防として投与し、症状を遅らせたり軽くしたりする目的として使われます。また、副作用が少ないのも特徴です。

市販のケミカルメディエーター遊離抑制剤としては以下のようなものがあります。

  • アレギサール錠(ペミラストン錠)
  • アレギサール錠

4-3.抗ロイコトリエン薬

抗ロイコトリエン薬という薬もあります。ロイコトリエンは鼻の粘膜に浮腫(ふしゅ)を作ってしまう化学伝達物質です。抗ロイコトリエン薬はそのロイコトリエンを抑制する働きがあります。鼻の通りを阻害する浮腫(ふしゅ)を改善するのですから、鼻づまりなどの鼻炎が改善するわけです。代表的な抗ロイコトリエン薬は以下のようなものとなります。

  • オノン錠
  • シングレア錠

4-4.ステロイド薬

ステロイド薬はさまざまな効果があり、花粉症以外にも多く使用されます。花粉症においては、主に予防のために使われるでしょう。

ステロイド薬は非常に優秀で、予防接種で投与すれば花粉の時期になってもほとんど花粉症の症状が発生しなくなります。その代わり、副作用が少々強めなのがデメリットです。

特に注射での投与(別名:筋肉注射・一発注射療法)は副作用が強く、人によっては肺炎などの重い感染症など、さまざまな副作用を引き起こすリスクがあります。そのため、日本アレルギー学会や日本耳鼻咽喉科学会は治療として認めておらず、皮膚科や耳鼻咽喉科ではステロイド注射は原則として行われません。副作用には以下のようなものがあります。

  • 感染症にかかりやすくなる
  • 糖尿病
  • 消化性潰瘍
  • 動脈硬化
  • 高脂血症
  • 副腎不全
  • 高血圧
  • 骨粗しょう症
  • 生理不順

と……怖いデメリットばかりお話ししてきました。しかし、市販で売られているステロイド点鼻薬などの場合は、用法用量をしっかりと守れば、問題になるような副作用はめったに発生しません。安心してください。ただし、使用の際には必ず説明書の記載を守りましょう。なお、市販のステロイド薬は以下のものが代表的です。

  • コンタック鼻炎スプレー
  • ナザールαAR

4-5.目薬(点眼薬)

花粉症といえば目のかゆみですよね。そのため、目薬も花粉症専用のものがあります。これまでご紹介した抗ヒスタミン薬のものもあれば、ステロイドの含まれた目薬もあるでしょう。基本的には医師の判断で体質に合った目薬が処方されます。

ちなみに、市販の目薬についてですが……結論からいうと、あまり使わない方が賢明でしょう。なぜなら、市販の目薬には『防腐剤』が入っているためです。防腐剤が目に入ると、角膜を傷つけてしまいます。そのため、長期的に見ると視力の低下などを引き起こしかねません。

それでも、使いたいというのならば、1回で使い切るタイプにしましょう。商品にもよりますが、防腐剤フリーの商品が多いからです。

4-6.漢方

漢方にも花粉症対策になるものがあります。漢方は普通の薬に比べて副作用が小さいのが特徴です。

使われる漢方薬の種類については、個々人の体質に合わせて変わります。ですから、一概にはどんな漢方薬を使うかは明言できません。しかし、標準的な体質の方は、主に以下のような漢方薬を使います。

  • 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
  • 苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)
  • 葛根湯(かっこんとう)
  • 葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

4-7.サプリメント

花粉症に効果があるとされるものだと、ほかにサプリメントも最近注目されています。というのも、薬とは違って副作用がほとんどないからです。特に注目されているのが、乳酸菌のサプリメント。乳酸菌の種類によっては花粉症に効果があると確認されたものもあるので、調べてみてはいかがでしょうか。

4-8.子どもや妊婦は大丈夫?

小さなお子さんを持つ方や、赤ちゃんを身ごもっている妊婦の方にとっては、薬を使うことで悪影響を及ぼさないか心配だと思います。

まず、子どもについて。子どもに関しては容量などを抑えた『子ども用』というものが市販でも売っています。しかし、子ども用の薬でも体質が合わなければ体に大きな副作用を引き起こすので、できればしっかりと医師の処方した薬を飲むのがよいでしょう。

妊婦に関しては、原則として薬を飲むのは『NG』です。特に、妊娠初期は胎児に悪影響を及ぼすとされているので注意しなければいけません。事実、鼻アレルギー信用ガイドラインにおいても、『妊娠初期(妊娠15週目まで)は極力、服用を避けるべきである』と記されています。ちなみに、点鼻薬も体内に入れないので大丈夫だと楽観されがちですが、場合によっては胎児へ影響を及ぼすことがあるようです。ですから、絶対に自己判断はせず、医師に相談しましょう。

5.花粉症のレーザー治療について

5-1.手術のメリットとデメリット

一番のメリットは薬の量を減らすことができることです。妊婦の方など、薬を使用できない方には非常に有用でしょう。また、1度の手術で数か月~数年は持つとされているので、病院にいく頻度を落とすことが可能なのも魅力です。

デメリットとしては、数年以内に再発するリスクがあるということ。また、人によっては治療を施してもあまり効果が出ない方もいるということでしょう。

とはいえ、中には1度の手術でずっと花粉症が発症しないという方もいますので、やって損はない治療法だといえます。

5-2.手術の時間や入院日数はどのくらい?

レーザー治療は両鼻で30分~1時間程度と非常に短い手術時間で完了します。そのため、ほとんどの場合は日帰り手術が可能です。入院する場合でも1泊2日で住みますので、週末の仕事や学校帰り、あるいは休日などに手術するとよいでしょう。

5-3.手術代金はどのくらい?

鼻炎のレーザー治療には保険が効きますのでそれほど高くはなりません。一般的には1万円前後での治療が可能です。

6.花粉症の対策法を実践しよう!

6-1.効くとされる食品をなるべくとるようにする!

実は花粉症に効くとされる食品がいくつかあります。積極的に花粉症に効果がある食材をとることで、花粉症の症状を和らげることが可能です。

おすすめはヨーグルト。特に、花粉症に効果が高い乳酸菌が含まれたものをとるのが効果的でしょう。花粉症に効果があるとされる乳酸菌は以下のとおりです。

  • ビフィズス菌LKM512
  • ビフィズス菌BB536
  • フェカリス菌
  • L-55乳酸菌
  • LGG乳酸菌

これらの含まれたヨーグルトを摂取すればよいでしょう。ただし、摂取の仕方にもコツがあります。一番大切なのは継続。実は、乳酸菌は腸に届くまでにほとんどが死滅してしまいます。ですから、継続的に接種し続けないとすぐに乳酸菌がいなくなってしまい、効果がなくなってしまうのです。

また、食べるときに白砂糖を入れるのもあまりよくありません。白砂糖に含まれる成分がビタミンBを阻害するためです。ちなみに、蜂蜜や黒砂糖、和三盆などは問題ありません。

また、ポリフェノールの含まれている食品も非常に花粉症への効果が高いとされています。花粉症に効果がある代表的なポリフェノールは、赤ワインやタマネギに含まれる『ケルセチン』やウコンに含まれる『クルクミン』。あとはトマトの皮に含まれる『ナリンゲニンカルコン』やしその葉に含まれる『ロズマリン酸』、甜茶(てんちゃ)に含まれる『甜茶(てんちゃ)ポリフェノール』などです。

6-2.生活習慣を見直そう!

花粉症にならないため、あるいは症状をなるべく和らげるためには、日々の生活習慣を見直す必要があります。

花粉症対策として一番大切な生活習慣は、花粉症を除去して家に持ち込まないことです。外にいるときはマスクやメガネを付けていることも可能ですが、リラックスしているときや睡眠中などにまで付け続けるのはストレスがたまります。できれば、寝室やリビングなどでは開放的に過ごしたいものですよね。

そこで、家に帰ってきたら、軒先で体や頭をたたいて花粉をはたき落としましょう。家の中に入ったら玄関で上着やズボンは脱ぎ、花粉が落ちないように丸めてすぐに洗濯機に入れてしまいます。そして、自分自身もリビングや寝室に入る前に風呂に入ってしまいましょう。こうすることで花粉を極力除去することが可能です。

しかし、スーツや和服、コートなど、クリーニングが必要な洋服は毎日洗うわけにもいきません。そのような洋服はなるべく玄関の近くにハンガーなどを設置してかけておくようにします。絶対に寝室やリビングに入れないようにしましょう。

ここまで徹底的にやれば、あとは花粉対策のグッズを身につけることで花粉症の発症を抑えることが可能です。

6-3.花粉対策のグッズを取り入れよう!

最近は花粉対策のグッズがたくさん出ていますので、積極的に取り入れるようにしましょう。

マスクとメガネ(ゴーグル)は基本として、空気清浄機や空気清浄機能の付いたエアコンなどを導入するのがおすすめです。

また、塗り薬もおすすめ。イオンの力で花粉を寄せ付けません。マスクと併用すれば高い効果を期待できます。

6-4.ツボを押してみよう!

ツボを押すことで対策することも可能です。ツボは血行がよい方が効果が高まるので、実施する前には必ずお風呂に入っておきましょう。体に付いた花粉も落とせるので一石二鳥ですね。

花粉症に効くツボには以下のものがあります。

  • 合谷(ごうこく)……すべての症状に効果がある。
  • 魚腰(ぎょよう)……目のかゆみに効果がある。
  • 太陽(たいよう)……目のかゆみに効果がある。
  • 清明(せいめい)……目のかゆみに効果がある。
  • 承泣(しょうきゅう)……目のかゆみに効果がある。
  • 迎香(げいこう)……鼻づまりに効果がある。
  • 上迎香(じょうげいこう)……鼻づまりに効果がある。
  • 大椎(だいつい)……鼻水に効果がある。

7.花粉症治療でよくある質問

Q.赤ちゃんは花粉症になりますか?

花粉症になるには、ある程度花粉を体内に取り込んでいることが条件です。そのため、乳児が発症することはまずありません。最短でも2歳程度でしょう。

Q.花粉症にかかる人はなぜ増えているのですか?

花粉症が増え続ける理由には、木材の需要が減ったことにあります。花粉症を引き起こす最大勢力であるスギは、もともと戦後復興の建材として植えられ始めました。復興時は木材は足りないぐらいだったので消費量が多く、本数が増えなかったので問題にはならなかったのです。

しかし、完全に復興した現在になると家が建てられることは少なくなり、さらに木材以外の建材が多く生まれたことから木材の需要が減りました。そのため、大量に植えられたスギが消費されずに残り、大量の花粉が飛散するようになったのです。

結果として、近年になって花粉症患者が増え始めました。

Q.免疫療法は本当に効果があるのですか?

免疫療法は治療しているという実感がわきづらいので、効果に疑問を抱いている方も多いでしょう。しかし、安心してください。最近主流になりつつある舌下免疫療法の場合、8割以上の方が症状の改善を確認できています。

Q.レーザー治療は何歳から可能ですか?

一般的には小学校低学年程度から引き受ける病院が多いようでしょう。

ただし、手術中にジッとできないと危険です。そのため、場合によっては小学校低学年でも引き受けてもらえない場合があります。

Q.レーザー治療はいつごろに行うのがよいのですか?

基本的には花粉が飛散し始める前に治療するのがよいでしょう。というのも、花粉が飛散し始めてから治療を始めると、逆に症状が重くなることがあるからです。ですので、夏から冬にかけて治療を行うようにするのがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

花粉症は医師の判断を仰ぎ、適切な対処法を行えば大きく改善を見込めます。また、日常的に花粉症の対策を行うことでも、花粉症の発症を防ぐことは可能です。

無理だと諦めるのではなく、まずは耳鼻科や耳鼻咽喉科、アレルギー科などといった花粉症のプロフェッショナルのいる病院にいって相談してみましょう。きっと、アナタのつらい症状も改善されますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加