花粉症になる人とならない人の違いって何?遺伝は関係あるの?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

花粉症になる人とならない人の違いを知っていますか?
花粉症の経験がない人は、同じ環境にいても花粉症になる人を見て不思議に思うことがあるのではないでしょうか。
花粉症になる人とならない人がいることには、さまざまな理由があるのです。
たとえば、遺伝や生活習慣、免疫力など。
その特徴や発症率についてはどうなっているのでしょうか。

  • 花粉症になる人とならない人の違いを知りたい
  • 年配の人は花粉症になりにくいって本当?
  • 今後も花粉症にならないためにはどうしたらよいのか?

今年も花粉の時期がやってくる前に、詳しく知っておきましょう。


1.花粉症になる人とならない人の違い

花粉症になる人とならない人がいることには、大きく分けて3つの理由があります。

1-1.遺伝による違い

「花粉症は遺伝する」という話を耳にしたことはあるでしょう。
花粉症のようなアレルギー体質は、遺伝の影響を受けると考えられているのです。
実際に「親も子供も花粉症持ち」という家庭は多いでしょう。
家族や近親者にアレルギー体質の人がいる場合は、花粉症になりやすいのです。

1-2.生活習慣による違い

年配の人は花粉症になりにくいということをご存じでしょうか。
確かに、花粉症を発症しているのは若い人の方が多い気がしますよね。
実は、1960年代まで、国内で花粉症は見つかっていなかったのです。
なぜなら、当時の日本人が送っていた食生活や住環境が、アレルギーになりにくい体質を作り出していたため。
現代の日本人は、自ら花粉症になりやすい生活を送ってしまっているのです。
同じ地域に住んでいても、食生活や住環境の違いから、花粉症になる人とならない人がいます。

1-3.花粉の量による違い

もちろん、花粉の影響をどのくらい受けているかということも大きく関係しています。
花粉による影響がある一定の水準を超えたとき、花粉症として症状が現れるのです。
つまり、花粉に多くさらされた人ほど、花粉症になりやすいということになります。
その年によって花粉症になるときとならないときがあるのもこのためでしょう。

12