花粉症で喉の痛みが起こるのはなぜ? おすすめの対策と治療法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

花粉症に悩む人のために、喉の痛み対策をご紹介します。花粉症にはさまざまな症状があり、その一つが喉の痛みです。花粉症と言えば鼻詰まりや目のかゆみが主な症状であるため、喉の痛みが起こってもその原因に気づけない人も多いのではないでしょうか。原因がわかれば対処法も知ることができます。花粉症によって喉の痛みが発生するメカニズムを知り、どうしたら緩和・予防できるのか考えてみましょう。この記事では、花粉症と喉の痛みの原因や対策方法などをまとめてご紹介します。

  1. 花粉症とはどんな病気なのか?
  2. 花粉症と喉の痛みの関係
  3. 花粉症による喉の痛み対策
  4. 花粉症の治療法
  5. 花粉症の薬について
  6. 花粉症に関するよくある質問

この記事を読むことで、花粉症の対処法がわかります。不快な症状を改善して快適に過ごしましょう。


1.花粉症とはどんな病気なのか?

まずは、花粉症という病気について解説します。症状や原因、特徴などをまとめてみました。

1-1.季節性アレルギー性鼻炎

花粉症は「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれています。花粉が体内に侵入した際、その花粉に反応してアレルギー反応を起こす病気です。現在は日本人の3人に1人が花粉症であると言われており、国民病の一つと認識されています。そのメカニズムを解説しましょう。目や鼻から花粉が浸入すると、細胞は花粉を「異物」と判断し、排除するためにIgE抗体を作ります。さらに花粉が浸入してくると、この抗体からヒスタミンなどの化学物質が放出され、花粉症の症状が起こるというしくみです。

1-2.主な症状

花粉症の三大症状は、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりです。この症状は風邪と非常によく似ているため、最初は花粉症だということに気づかない人も多いでしょう。しかし、花粉症と風邪では治療方法が異なります。症状が現れるときの状況やほかの症状をしっかり観察して、早めに区別を付けるべきです。花粉症で起こるそのほかの症状には、以下のようなものがあります。

  • 頭痛
  • 目のかゆみ
  • 咳(せき)
  • 喉の痛み

1-3.主な原因

花粉症の原因となる花粉は、日本に約60種類あると言われています。特に多いのが、ヒノキやスギ、ブタクサ、シラカバなどです。また、花粉症と同様の症状を引き起こすアレルゲンに、ダニがあります。ダニアレルギーは喘息(ぜんそく)の原因にもなるため、早めに対策を考える必要があるでしょう。

1-4.なりやすいのはこんな人!

同じ状況でも花粉症になる人とならない人がいるのは、遺伝的な体質や食生活、住環境などが関係しています。以下のような人は花粉症を発症しやすいため、注意が必要です。

  • 家族にアレルギー体質の人がいる
  • ほかのアレルギーを持っている
  • 食生活が乱れている
  • 生活習慣が不規則である
  • ストレスがたまりやすい
  • 花粉が多い環境で過ごすことが多い

1-5.季節や時期、特徴は?

花粉は季節によってさまざまな種類のものが飛んでいます。特に飛散量が多くなるのが春で、スギやヒノキ、コナラなどの花粉が飛んでいく時期です。「花粉症は春になるもの」というイメージがあると思いますが、実はそうではありません。夏にはカモガヤやホソムギなど、秋にはヨモギやブタクサなどの花粉が花粉症を起こすこともあるのです。また、冬でも晴れの日には少量の花粉が飛んでいます。そのため、1年中症状に悩まされている人も少なくないでしょう。

1-6.症状はいつまで続くのか?

前述したとおり、アレルギー症状を引き起こす花粉は1年中飛散しています。つらい症状が一体いつまで続くのか、途方に暮れている人も多いのではないでしょうか。一般的にはスギ花粉によって症状が出る人が多いため、スギだけで言えばピークは2月~4月末ごろです。ただし、スギがヒノキの花粉やハウスダストと複合して症状を起こすこともあるため、油断はできません。早めに自分に合った対策を考えて、症状が出ないように注意していくしかないのです。

1-7.子どもの花粉症について

近年は子どもの花粉症が増加しています。特に、両親が花粉症持ちの場合、高い確率で子どもにも遺伝するのです。子どもの場合は鼻詰まりが主な症状であり、粘り気のある鼻水や目のかゆみが起こることが多くなっています。アトピー性皮膚炎や気管支喘息(ぜんそく)などを伴う場合もあるため、早めに症状に気づいてあげることが必要です。子どもの症状を注意深く観察し、早めに治療を始めてください。

1-8.花粉症は治るのか?

いったん花粉症になってしまうと、アレルギー体質そのものが治るということはほとんどありません。しかし、花粉が体内に侵入しないように注意しながら適切な治療を受けることで症状を抑えること、症状を出なくすることは可能です。まずは自分が花粉症であることを知り、いかに症状をコントロールしていくべきなのかを考えましょう。