知っておくべき5つのハウスダスト対策~アレルギーを抑えるために~

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ハウスダスト対策にお困りの方は多いと思います。今や3人に1人はぜん息や鼻炎など、ハウスダストが原因で起こるアレルギー疾患を抱えているのが現状です。ハウスダストアレルギーの症状にはさまざまなものがあります。しかし、病院に行ってもその症状を抑えるための処置が行われるだけで、治すためには体質の改善が必要です。私たちは、普段からハウスダストによる影響を抑えるために、さまざまな対策を考えなければなりません。この記事では、ハウスダストによるアレルギー症状や対策法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. ハウスダストについて
  2. ハウスダストとアレルギー
  3. ハウスダストアレルギーとは?
  4. ハウスダスト対策法の紹介
  5. ハウスダスト対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、ハウスダストとアレルギーの関係を詳しく知ることができます。ハウスダスト対策としてできることをぜひ実践してみてください。


1.ハウスダストについて

まずは、ハウスダストについて解説します。発生源や問題点にはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1.ハウスダストとは?

ハウスダストとは、人の目では確認できないほこりのことです。その中にはチリやカビ・ダニ・繊維クズ・ペットの毛・タバコの煙粒子などが含まれています。大きさは1mm以下で軽く、人の動きに合わせて宙を舞い、移動するのが特徴です。近年、ハウスダストアレルギーの症状に悩む人は急増しており、ハウスダストが人体に及ぼす影響について深刻に考えられています。

1-2.ハウスダストの発生源

ハウスダストの発生源となる場所はたくさんあります。

  • 屋外から入ってくる砂ぼこりや花粉・排気ガスなど
  • 衣類や布団から発生する綿ぼこり
  • 人の体から出る毛髪・フケ、ペットの抜け毛

特に、布団はダニの温床になります。高温多湿の環境になりやすく、人間の皮膚や髪の毛など、ダニのエサとなるものが多いためです。

1-3.ハウスダストの問題点

ハウスダストの問題点は、何と言っても「アレルギーの原因になる」ということです。ハウスダストに含まれる成分のうち、ダニのフンや死がいはアレルギー原因として最も多いものであることが分かっています。そういったものを含むハウスダストを体内に取り込むと、アレルギー症状が起こる場合があるのです。