正しい耳掃除のやり方は? 耳かきでがりがりこするのはNG!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

耳かきや耳掃除が大好きという方は、多いと思います。ドラッグストアなどに行くと、色々な種類の綿棒や耳かきが売っているでしょう。しかし、正しい耳かきの仕方を知っている方は意外と少ないのです。

そこで、今回は正しい耳かき・耳掃除のやり方をご紹介します。耳かきをしすぎると、かえって耳にとって悪影響が出てくるのです。ですから、正しい耳かきの仕方を知っておいて損はありません。

耳掃除が大好きという方や正しい耳かきの仕方を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 耳かきや耳掃除をやりすぎると……?
  2. 正しい耳掃除の仕方とは?
  3. こんなときは耳鼻咽喉科を受診しよう
  4. おわりに

1.耳かきや耳掃除をやりすぎると……?

耳掃除は、外耳という部分に綿棒や耳かきを入れて耳あかを取ることです。大きい耳あかが取れれば、気持ちがよいと感じる人は多いでしょう。また、耳掃除が大好きという方も少なくありません。毎日耳掃除をしているという方も多いと思います。

しかし、耳掃除のしすぎはかえって耳に悪影響なのです。その一例が、外耳炎。綿棒や耳かきを雑菌がつかないように注意して保管されている方は少ないと思います。特に、耳かきは無造作に鉛筆立てなどに放り込んでいる方もいるでしょう。ですから、綿棒や耳かきには一定数雑菌がついています。そんなもので外耳をがりがりとこすって傷がつけば、そこから雑菌が入りこんで外耳炎を発症することもあるのです。

外耳は鼓膜から耳の穴の入り口部分までですから、炎症を起こしても直接聴力には影響ありません。しかし、外耳炎がひどくなると鼓膜の内側である内耳にも菌が侵入する可能性もあります。そうなれば、聴力の低下もありえるでしょう。

さらに、外耳炎にならないまでも耳あかを綿棒や耳かきでかえって耳の奥にまで押し込んでしまうことはよくあることです。「耳が聞こえないと思ったら、耳あかがぎっしりと詰まっていた」ということは、珍しくありません。よく耳かきをする人でも、耳あかが取れないことは多いのです。

12