【悩み解消】鼻づまりを治す方法を伝授!解消法・治療法はこれだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻づまりがなかなか治らないと悩んでいる人は、想像以上に多いものです。鼻づまりがずっと続いた状態では、呼吸に支障があったり集中力が落ちたりなどさまざまな影響があるでしょう。そこで、今回は鼻づまりを治す方法を伝授します。鼻づまりの原因や、解消法・治療法をしっかり学んで、完治を目指しましょう。

  1. 鼻づまりとはどんな状態か
  2. 鼻づまりの原因を探ろう
  3. 鼻づまりから考えることができる病気
  4. 鼻づまりのセルフ解消法を紹介
  5. 鼻づまりの市販薬やサプリについて
  6. 鼻づまりの治療法を詳しく解説
  7. 赤ちゃんや子どもの鼻づまり対策
  8. 手術が必要な鼻づまりの特徴や対策
  9. 鼻づまりについてよくある質問

鼻づまりから解放されたい人は、記事を読んでください。嫌な鼻づまりをスッキリ治すための方法やコツを、理解できることでしょう。


1.鼻づまりとはどんな状態か

まずは、鼻づまりとはどんな状態なのかを学ぶことにしましょう。鼻づまりについて、症状やメカニズムなどを学ぶことは重要なことです。

1-1.鼻づまりの定義

鼻づまりとは、片方もしくは両方の鼻腔(びくう)のとおりが悪くなることで呼吸がしづらい状態を示します。鼻腔(びくう)が鼻水などでつまることを、鼻づまりと呼んでください。鼻づまりになると、鼻呼吸ができなくなるので自然に口呼吸に移行してしまいます。鼻づまりは正常な鼻呼吸を妨げるような状態ですから、改善する必要があるでしょう。

1-2.鼻づまりの主な症状

鼻づまりの主な症状は、下記のとおりです。

  • 鼻だけで呼吸することができない
  • 鼻水をかんでも残留感がある
  • 鼻水が出てもスッキリしない

鼻呼吸がスムーズにできない状態で、鼻をかんでも改善しないことが主な特徴となります。

1-3.鼻づまりにも急性と慢性がある

鼻づまりにも、急性と慢性があることを知っておきましょう。急性の鼻づまりは、風邪(かぜ)など、ウイルス感染によって起こります。また、慢性の鼻づまりには何らかのアレルギーによって常に鼻水が出ていることによって起こるでしょう。急性の鼻づまりは、原因が無くなることで自然と治ります。慢性の場合は、鼻づまりが習慣となっていて治りづらいためきちんとした治療が必要となるでしょう。

1-4.鼻づまりが起こるメカニズムとは

鼻づまりはどうして起きるのか、メカニズムを確認しましょう。鼻づまりは、鼻腔(びくう)にある粘膜(ねんまく)が、何らかの原因によって腫(は)れることで起こります。鼻腔(びくう)が腫(は)れて、空気や鼻水が流れにくくなることで鼻づまりが起きるのだと理解してください。腫(は)れが引いた後は、鼻づまりも解消します。

2.鼻づまりの原因を探ろう

鼻づまりが起きる原因には、どんなことがあるのでしょうか。原因を正しく知ることは、鼻づまり解消にも必要なことです。

2-1.鼻づまりの原因には何があるのか

鼻づまりの原因には、さまざまあります。ここでは、以下に主な原因を紹介することにしましょう。

2-1-1.温度差のある場所を短時間に移動した

寒い場所から暖かい場所へ急に移動したときには、健康な人でも鼻水が出たり鼻づまりになったりすることがあります。反対に、暖かい場所から寒い場所へ急に移動したときにも鼻づまりになりやすいでしょう。温度差のある場所を短時間に移動することは、鼻の粘膜が過剰に反応しやすいからです。

2-1-2.風邪(かぜ)などの感染症で鼻の粘膜が腫(は)れた

風邪(かぜ)など、ウイルスに感染すると体が防御反応のひとつとして鼻水を出そうとします。すると、鼻の粘膜が腫(は)れるので鼻づまりを引き起こしてしまうでしょう。風邪(かぜ)による鼻づまりは、多くの人が経験したことがあるはずです。

2-1-3.先天的に鼻腔(びくう)が狭くなっている

鼻腔(びくう)の広さは、個人差が大きいものです。先天的に、鼻腔(びくう)が狭い人はどうしても鼻づまりになりやすいと言えるでしょう。鼻腔(びくう)が狭い人は、普段から鼻づまりにならない生活を心掛けることが大切です。

2-1-4.鼻腔(びくう)内にポリープなどができている

鼻腔(びくう)内に、ポリープができている場合も、鼻づまりの大きな原因となるでしょう。また、まれに鼻腔(びくう)がんが発生している場合も、鼻づまりの原因となります。ポリープやがんは、自然に消えることは難しいため手術での除去が必要になるでしょう。

2-2.鼻づまりになりやすい人の特徴

鼻づまりになりやすい人は、下記のような特徴があります。

  • 風邪(かぜ)や鼻炎になりやすい
  • アレルギーがある
  • 鼻が低い
  • マスクの着用習慣が無い

鼻づまりになりやすい人は、原因を除去したり適切な治療を受けたりすることで不快な症状から脱出できますよ。

2-3.鼻づまりを放置するとどうなるか

鼻づまりを放置することは、大きな病気の原因になることもあります。また、鼻づまりが慢性化すると、頭痛や集中力の低下などさまざまな症状に悩むことになるでしょう。鼻づまりは放置しないで、早期治療を行ってください。

3.鼻づまりから考えることができる病気とは

鼻づまりが起こる裏には、さまざまな病気を考えることができます。それでは、具体的に解説していきましょう。

3-1.鼻炎

風邪(かぜ)やアレルギーによる鼻炎は、高い確率で鼻づまりを引き起こすでしょう。風邪(かぜ)による鼻炎の場合は、風邪(かぜ)が治ると同時に鼻づまりも解消します。しかし、アレルギー性鼻炎など慢性タイプの鼻炎になると、常に鼻づまりに悩むこともあるでしょう。

3-2.花粉症

花粉症の代表的な症状として、鼻炎があります。鼻炎を発症することで、鼻づまりにもなるでしょう。花粉が飛ぶ季節になって、鼻水や鼻づまりがひどいと感じる場合は花粉症を疑ってください。花粉症の場合は、通常の鼻炎治療のほかにも花粉に対するアレルギー治療が必要なこともあります。

3-3.鼻づまりが症状となるそのほかの病気

鼻づまりが代表的な症状となる病気には、ほかにもあります。

  • 急性副鼻腔(びくう)炎
  • 慢性副鼻腔(びくう)炎
  • 鼻腔(びくう)内ポリープ
  • 鼻腔(びくう)がん

単なる鼻炎や花粉症以外では、専門的な治療を必要とする病気が多くなります。いつまでも治らなかったり鼻づまり以外にも痛みや不快な症状が出てきたりしたときは、早めに医師に相談してください。

4.鼻づまりのセルフ解消法を紹介

ここでは、鼻づまりのセルフ解消法をご紹介します。いずれも簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

4-1.脇の下をペットボトルで圧迫する

鼻づまりのセルフ解消法として、脇の下をペットボトルで圧迫する方法をご紹介しましょう。たとえば、右の鼻の穴がつまっている場合は、左の脇の下に500ミリリットルのペットボトルをはさんでください。そのまま、脇の下を圧迫するようにはさんでいると鼻づまりを解消できるでしょう。脇の下を圧迫すると良い理由は、脇の下にある交感神経を刺激することで鼻づまりに効果があるからです。交感神経が刺激を受けることで、血管が収縮して鼻の粘膜の腫(は)れが引くことから、鼻づまりが解消できるのだと覚えておきましょう。

4-2.鼻を冷やしたり温めたりする

鼻づまりを治すために、鼻を直接温めたり冷やしたりすると改善することがあります。ただし、鼻づまりの原因によってどちらが良いか異なるので注意しましょう。

4-2-1.鼻を温める方法

鼻づまりを治すために、鼻を温める方法もあります。蒸しタオルを作って、鼻を覆(おお)うように当ててください。鼻が温まると、鼻水が出やすくなるので結果的に鼻づまりが治るという仕組みですね。ただし、鼻を温めるときは鼻の穴をふさぐことが無いように注意してください。

4-2-2.鼻を冷やす方法

鼻の粘膜が炎症を起こしている状態で鼻づまりが起きているときは、鼻を冷やすことで治ることがあります。氷水にひたしたタオルをよく絞ってから、鼻に当てて冷やしてみましょう。すると、鼻の粘膜の炎症が治まって鼻づまりが解消する可能性があります。

4-3.鼻づまりを治す体操

鼻づまりは、簡単な体操でも解消できることがあります。やり方をご紹介しますので、試してみてくださいね。

  • 両足を肩幅程度に開いて立つ
  • 脇を閉じた状態で腕を後ろに組む
  • お辞儀をすると同時に組んだ腕を上げる
  • 腕を上げたままさらに首を上げる
  • 5秒程度キープしてからゆっくりと戻す

上記の動きを1セットにして、1度に10回程度行うと良いでしょう。ポイントは、脇を閉じることです。脇を閉じることで、交感神経を刺激して鼻の粘膜の腫(は)れを抑える効果を狙いましょう。

4-4.鼻づまりに効果があるツボ・テープ・ワセリンを使用する方法を紹介

鼻づまりを解消する方法は、まだまだ存在します。ここでは、ツボ・テープ・ワセリンを使用する方法を紹介しましょう。いずれもやり方は簡単ですから、試してみてください。

4-4-1.鼻づまりに効果があるツボ

鼻づまりを解消するツボを、ご紹介しましょう。ツボ押しは、あざにならない程度にやや強めに押すことがポイントです。肌を傷付けないように、爪を短く切った状態で行いましょう。今回は、顔に位置するツボをご紹介しますね。

  • 晴明(せいめい):目頭と鼻の付け根の間にあるくぼみに位置
  • 迎香(げいこう):小鼻の横でほほ骨との間に位置
  • 鼻通(びつう):迎香(げいこう)の上部で目の下にある骨との間に位置

いずれのツボも、1度に10回程度ゆっくり押してください。1日3セットほど行って様子を見ましょう。

4-4-2.鼻づまりに効果のあるテープ

鼻づまりの解消に、鼻の上から貼ることで鼻腔(びくう)を広げるテープが効果を発揮することがあります。テープを貼るという簡単なことなのに、鼻づまりを解消できるのはうれしいですよね。ただし、見た目の問題もありますから人前での使用は難しいこともあるでしょう。鼻づまり解消用のテープは、家でくつろいでいるときや寝るときに使うことをおすすめします。

4-4-3.鼻づまりにワセリンを使う方法

鼻の下にワセリンを塗ると、鼻がスースーとして鼻づまりを解消できる可能性があります。ワセリンは、保湿剤としての役割もあるので鼻のかみ過ぎで荒れてしまった鼻の下を保護する効果も期待できるでしょう。ワセリンを塗ると、ほかの人には光って見えることがあります。たとえば、マスクを上から着用することもワセリンを目立たなくする方法ですので活用してくださいね。

4-5.鼻づまり解消にNGなことを知ろう

鼻づまりを解消しようとして、鼻を強くかむことはNGです。鼻を強くかみ過ぎることは、粘膜を痛めることになるほか、血圧が上がったり頭に響いたりするでしょう。いくら強くかんでも、鼻づまりを治すことにはなりませんのでやめましょうね。

4-6.生活習慣で気を付けることを学ぼう

鼻づまりを起こさないためにも、生活習慣で気を付けてほしいことがあります。まずは、鼻の粘膜に余計な刺激を与えないように過ごしてください。たとえば、寒暖差や乾燥の影響を受けないように、マスクを着用することも良いでしょう。マスクの着用は、風邪などのウイルス感染の予防にも効果的ですよね。また、水分をたっぷりとって鼻水がドロドロにならないように気を付けましょう。鼻づまりを防ぐためには、規則正しい生活を送りながら鼻の粘膜を外部からの刺激から守るようにしてください。

5.鼻づまりの市販薬やサプリメントについて

鼻づまりを治療するための市販薬やサプリメントについて、解説します。どのような種類の市販薬やサプリメントがあるのか、またどんな注意点があるのかも確認しましょう。

5-1.鼻づまり用の点鼻薬

鼻づまりの部分に、直接薬を注入するタイプのものです。気軽に使うことができるので、人気が高いと言えるでしょう。ただし、点鼻薬は気軽に使うことができる点がメリットでもありデメリットでもあるのです。多くの人が、使い過ぎで逆効果になっている現状も知っておきましょう。点鼻薬には、頼り過ぎないことが大切です。

5-2.鼻づまり用の市販薬

鼻づまりに効果がある市販薬も、多くの種類を目にすることができます。市販薬の場合は、鼻炎や鼻水などのほかの症状にも効果を謳(うた)ったタイプが多いでしょう。市販薬は、鼻の粘膜の炎症を抑えることで鼻水を止めるように働きます。すると、鼻づまりも治ってしまうというメカニズムですね。ただし、市販薬を常用することは副作用のリスクも高まるので避けてください。

5-3.鼻づまりに効果がある漢方・サプリメント

鼻づまりの解消を効能に謳(うた)っている漢方やサプリメントも、あるでしょう。漢方やサプリメントの場合、多くは鼻炎や花粉症などのアレルギーにも同時に効果が期待できるタイプとなります。漢方やサプリメントは、飲み続けること穏やかに出る性質が特徴。そのため、急性の鼻づまりよりは慢性の鼻づまりに対して効果を期待してください。

5-4.市販薬やサプリメントを使用するときの注意点

鼻づまりを治すために市販薬やサプリメントを使用するときは、自己判断で購入しないことが大切です。薬局やドラッグストアには、必ず薬剤師がいますから相談してから購入するようにしましょう。また、決まった用法と用量を守って使用してください。市販薬やサプリメントを使用しても症状が改善しないときは、病院に行きましょう。

6.鼻づまりの治療法を詳しく解説

それでは、鼻づまりの治療法について詳しく解説しましょう。さまざまな治療法がありますが、まずは基本をしっかり学んでから検討してくださいね。

6-1.病院に行った方が良い鼻づまりとは

風邪の症状としての鼻づまりならば、風邪が治ることで症状も自然と回復します。しかし、中には重症だったり慢性化してしまったり、ほかの病気が隠れていたりする可能性もあるでしょう。思ったよりも長引いたり日ごとに重い症状になったりする場合は、病院に行った方が良い鼻づまりと判断してください。また、鼻づまり以外にも気になる症状があるときも、病院に相談した方が良いでしょう。

6-2.鼻づまりの治療は何科に通うべきか

鼻づまりの治療は、耳鼻咽喉科に通ってください。ほとんどの症状は、耳鼻咽喉科の治療によって治ります。また、鼻づまりの症状がほかの病気の表れであった場合でも、まずは耳鼻咽喉科に通って診断を受けてください。医師の診断によって、必要に応じてほかの専門科に紹介を受けることになるでしょう。

6-3.鼻づまりの治療の流れ

それでは、鼻づまりの治療の流れを確認しましょう。耳鼻科での鼻づまり治療について、基本の流れを確認してください。

  • 医師によるカウンセリングを受ける
  • 医師による診断を受ける
  • 投薬治療が開始となる
  • 定期的に病院に通って治療を受ける
  • 投薬治療での回復が困難な場合は手術を検討する

鼻づまりは、基本として投薬での治療を行うことになります。しかし、体質によって投薬ができなかったり、治療方法として手術が適当と判断したりする場合は、手術を選ぶ場合もあるでしょう。

6-4.鼻づまりの治療で出る薬

鼻づまりの治療では、鼻の粘膜の炎症を抑える効果がある薬が出るでしょう。鼻の粘膜の炎症が軽減すると、鼻づまりを解消することにつながるからです。通常は、皆さんの体質に合わせた抗炎症薬や、抗アレルギー薬を処方してもらえるでしょう。治療のための薬は、常習性を避けるために数日単位での処方が基本。指示があったとおりに服薬をしてみて、効果があるか見る必要があることと、治療を継続するために来院しやすくなる目的があるからです。

7.赤ちゃんや子どもの鼻づまり対策

大人と比べると、赤ちゃんや子どもの鼻づまり対策は気を付けるべき点があります。ここでは、赤ちゃんや子どもの鼻づまり対策について学ぶことにしましょう。

7-1.新生児や子どもの鼻づまりの症状

新生児や子どもが鼻づまりになると、呼吸困難を起こすことがあるので注意してください。鼻水が出ていなくても、息苦しそうにしていたら鼻づまりを起こしている可能性があります。新生児や子どもは、まだ口呼吸を上手(じょうず)にできないので注意してください。また、子どもの鼻づまりは中耳炎や目やにを伴うことがあることも特徴と言えます。

7-2.新生児や子どもが鼻づまりになる原因

大人だけでなく、新生児や子どもも鼻づまりになります。新生児や子どもが鼻づまりになる原因は、自分で上手(じょうず)に鼻水を排出できないことがあるでしょう。大人の場合は、自分で判断して鼻をかんだり異物を除去したりなど早めに対応ができます。しかし、新生児や子どもは、適切な解消法がわからないことが鼻づまりの症状をひどくしていると言えるでしょうね。

7-3.新生児や子どもの鼻づまりに効果的な対策法

新生児や子どもの鼻づまりは、鼻水を上手(じょうず)に排出できないことも原因となります。鼻水が多過ぎることによる鼻づまりは、保護者がストローや吸引器で鼻水を吸い取ってあげることで解消できるでしょう。また、鼻水が固まってしまっているときは、やわらかい綿棒などを使ってそっと取り去ってあげることも効果的です。

7-4.新生児や子どもの対策でやってはいけないこと

大人と違って、新生児や子どもの体は小さくてデリケートです。当然ながら、やってはいけないこともあるでしょう。新生児や子どもの鼻づまり対策では、保護者の勝手な判断で市販薬を投与しないことが大切です。大人用の市販薬は高い効果を謳(うた)っている反面、新生児や子どもには強過ぎる場合が多いでしょう。新生児や子どもの鼻づまりは、薬を使わない穏やかな方法で処置を行ってください。また、症状が改善しないときは小児科に相談することも忘れないようにしましょう。

7-5.妊婦の鼻づまり対策について

妊婦は、ホルモンバランスの変化の影響によって鼻の粘膜が腫(は)れやすくなることがあります。なお、妊娠中に鼻づまりなどがひどくなると、「妊娠性鼻炎」との診断が下りることを覚えておきましょう。妊婦の場合は、お腹(なか)の赤ちゃんへの影響を考えると市販薬を自己判断で飲むことは危険です。妊婦で鼻づまりが辛(つら)い人は、かかりつけの産婦人科医に相談して指示を受けましょう。

8.手術が必要な鼻づまりの特徴や対策

鼻づまりの中にも、手術が必要と判断できるものもあります。それでは、どのような鼻づまりだと手術が必要か解説しましょう。

8-1.鼻づまりでも手術が必要な症状や病気

鼻づまりでも、手術が必要な症状について学びましょう。鼻づまりは、投薬で治ることもあります。ただし、薬アレルギーがあるなど、投薬治療に適応しないこともあるでしょう。また、鼻腔(びくう)内が狭いことによって、鼻づまりになっている場合は手術で広げることが最も良い治療法となります。さらに、ポリープやがんなどの場合も切除する必要があるでしょう。鼻づまりでも、手術が最適な治療法となるときは積極的に検討してください。

8-2.鼻づまりの手術にはどんなものがある?

鼻づまりの手術には、さまざまな術式があります。以下に、一例を紹介しましょう。鼻づまりの原因や症状によって、医師が最適と判断した術式で行うことになります。

  • 鼻粘膜薬灼(やくしょう)術
  • 後鼻(こうび)神経凍結術
  • 鼻中隔(びちゅうかく)矯正術
  • 粘膜下下甲介(したこうかい)切除術
  • 鼻内篩骨洞(しこつどう)手術

手術を受ける病院によっては、取り扱っていない術式もあるでしょう。また、同じ術式でも呼び方を異なる場合もあります。

8-3.鼻づまりの手術費用と日数について

鼻づまりの手術費用や日数については、下記を参考にしてください。

  • 日帰り手術の場合:片側3万円から6万円程度
  • 1泊2日の入院を伴う場合:片側6万円から7万円程度
  • 1週間程度の入院を伴う場合:片側で20万円程度

いずれも、健康保険が適用の場合で3割負担の金額となります。実際は、細かな診察費用や入院条件などで異なるでしょう。体や費用の負担を考えると、できるだけ簡単な手術方式を採用していて日帰り手術も可能な耳鼻科を選ぶことをおすすめします。

8-4.鼻づまりの手術を行うことのメリット

鼻づまりの手術を行うことのメリットは、鼻づまりに悩むことが無くなる点に尽きるでしょう。手術前は、鼻づまりの症状によるさまざまな影響によって日常生活に支障があった人は、手術後のスッキリした状態に感動する人も多いのです。常に鼻づまりのことを気にすることも無く、自分のやりたいことに集中できる喜びは大きいでしょう。

9.鼻づまりについてよくある質問

鼻づまりについて、よくある質問に回答します。多くの皆さんが疑問に思っていることの中には、参考になるものもあることでしょう。

9-1.鼻づまりは学力に大きく影響するとは本当ですか?

鼻づまりになると、集中力の低下を招くことが明らかになっています。勉強をするときは、集中力も大切な要素になるでしょう。また、鼻づまりがあると記憶力にも支障があることから、学力に大きく影響することは否定できません。特に、受験生にとっては鼻づまりの解消は深刻な問題になると言えるでしょう。

9-2.鼻づまりを解消すると耳の聞こえも良くなるのは本当ですか?

鼻がつまると、耳の聞こえに影響があるのは本当です。鼻と耳は、つながっているため鼻づまりになると音がこもった状態で聞こえることでしょう。音楽を趣味にしていたり、仕事で音を聞き分けることが必要だったりする人は、鼻づまりの治療が必要と言えます。

9-3.鼻づまりによる頭痛も同時に治すことはできますか?

もしも、頭痛の原因が鼻づまりによるものの場合は、鼻づまりを治療することによって頭痛も解消することでしょう。ただし、頭痛の原因が鼻づまりによるもの無い場合は、鼻づまりの治療とは別の問題になります。鼻づまりが治った後も頭痛が続くときは、頭痛の原因はほかにあるでしょう。頭痛を治すためにも、頭痛外来などで相談してみてください。

9-4.鼻づまりの手術後に再発することはありますか?

鼻づまりの手術を行うと、鼻づまりを治すことができます。術後の経過に問題が無い場合は、快適な生活を体験できることでしょう。ただし、再発の可能性はゼロとは言えません。場合によっては再発することもある、と覚えておいてください。また、鼻づまりの原因が新たに発生したときは、手術後であっても再発する可能性はあるでしょう。蓄膿(ちくのう)症で手術をした人が、花粉症になるといった場合ですね。

9-5.鼻づまりだけで病院に通うのは過剰なのではないですか?

確かに、鼻づまりの症状だけで病院に通うのは面倒と感じることもあるでしょう。ほかに悩んでいる症状が無いのなら、なおさらですよね。しかし、鼻づまりを甘く見ていると裏に隠れている病気の存在を無視してしまうことにもなるでしょう。また、鼻づまりは想像以上に私たちの生活に影響があるものです。鼻づまりだけであっても、病院に通うことは意味のあることだと考えてください。

まとめ

鼻づまりや鼻づまりを治す方法について、解説してきましたがいかがでしょうか。実際に悩んでいる人でないと、なかなか理解してもらえない辛(つら)さから脱出するためにも、記事を何度も繰り返して読んでください。鼻づまりは放置すると、もっとひどい症状に悩むことになったり体のほかの部分に支障が出たりします。自分でできる解消法を試しても効果が無い場合や、症状から判断して治療を受けた方が良い場合は、専門医に相談して早期に治療を開始してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加