鼻のかみすぎで耳が痛いのはナゼ? 正しい鼻のかみ方4箇条

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「鼻のかみすぎで耳が痛い」という人は、鼻のかみ方に問題があります。鼻風邪をひいたときや花粉症が原因で鼻水が止まらなくなると、一度に出してしまおうとしてつい強く鼻をかんでしまうものです。しかし、鼻のかみすぎで耳が痛くなったり、頭痛を引き起こしたりしてしまうことも。

  • 鼻のかみすぎで耳がおかしい
  • なぜ鼻をかみすぎると耳が痛くなるのか?
  • どうしたら耳の痛みを改善できるのか?

そんな人たちのために、鼻のかみすぎで耳が痛くなる原因や対処法についてまとめてみました。

  1. 鼻のかみすぎで耳が痛くなる原因
  2. 間違った鼻のかみ方
  3. 耳が痛くなってしまったときの対処法
  4. 正しい鼻のかみ方
  5. まとめ

1.鼻のかみすぎで耳が痛くなる原因

鼻のかみすぎで耳が痛くなったことがあるという人は多いはずです。なぜ、鼻をかみすぎると耳が痛くなるのでしょうか。「鼻をかみすぎるとよく耳が痛くなる」という人は、その原因を知っておいてほしいものです。鼻のかみすぎが原因で引き起こす症状にはさまざまなものがあります。

そのひとつが中耳炎です。鼻を強くかみすぎることで中耳に圧力がかかり、鼻水が耳に入り込んで中耳炎になってしまいます。特に、正しい鼻のかみ方を知らない子供は、鼻のかみすぎで中耳炎を発症するケースが非常に多いようです。

大人でも鼻のかみすぎが原因で中耳炎になる場合がありますので、十分に注意しなければなりません。中耳炎を発症すると痛みや耳だれ、発熱などの症状を引き起こし、耳鼻科での治療が必要になるでしょう。

12