副鼻腔炎でお悩みの方は必見! 〜症状や治し方を知ってお悩み解決〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

息が苦しい、鼻水がとまらない、匂いがわからない…などの辛い症状は副鼻腔炎という病気が原因かも知れません。蓄膿症とも呼ばれる副鼻腔炎は、症状がつらいだけではなく日常生活にも支障をきたします。悩みを抱えていないで適切な治療を受け、症状を解消しませんか?

ここでは副鼻腔炎の症状や治し方などについてご紹介します。

  1. 副鼻腔炎とはどのような病気なのか?
  2. 副鼻腔炎の治療方法
  3. 副鼻腔炎の予防方法とは?
  4. 病院を選ぶ時の注意点
  5. まとめ

1.副鼻腔炎とはどのような症状の病気なのか?

副鼻腔炎とは、「副鼻腔」の粘膜にさまざまな細菌やウイルスが感染することにより炎症が引き起こされ、鼻水・鼻づまり・頭痛・顔面痛・鼻水が喉に落ちる後鼻漏・咳や痰などの症状が現れる病気です。

副鼻腔とは、眉と眉の間にある「前頭洞(ぜんとうどう)」・目頭と目頭の間にある「篩骨洞(しこつどう)」・鼻の頭の左右に広がる「上顎洞(じょうがくどう)」・頭の中心で脳のすぐ下にある「蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)」の4つを指します。

副鼻腔は鼻を中心に広がっているので、副鼻腔炎になると複数のつらい症状を感じるのです。副鼻腔炎には急性副鼻腔炎と、慢性副鼻腔炎があります。

1-1.急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎は、主に風邪によるウイルスの感染に続いて起きる細菌感染が原因です。特にアレルギー性鼻炎の人は、風邪をこじらせると急性副鼻腔炎になることが多いので注意が必要でしょう。

急性副鼻腔炎になると、最初は風邪の時のようなサラサラとして水っぽい鼻水が、徐々にどろっとして粘着性のある黄色や緑色の悪臭を伴う鼻水へと変化します。通常は1〜2週間で治りますが、稀に目や脳に進行することもあるので放置はしないほうがよいでしょう。

1-2.慢性服鼻腔炎

急性副鼻腔炎が2〜3ヶ月続き、慢性化した症状が慢性服鼻腔炎です。「蓄膿症」とも呼ばれる病気で、炎症が長引くと副鼻腔内の粘膜が腫れ、空洞に膿がたまったり、鼻茸(はなたけ)という鼻ポリープができます。

また、慢性副鼻腔炎は中耳炎の原因にもなるので要注意です。慢性副鼻腔炎の場合、鼻水、鼻づまり、後鼻漏などの症状は急性と同じですが、悪化すると味覚や嗅覚に障害がでるケースもあります。

さらに、空洞に膿がたまることによって、重苦しい顔痛や頭痛を感じるだけではなく、周囲の人が異臭を感じるほど鼻が臭うこともあるのです。

2.副鼻腔炎の治療方法

どろっとした鼻水が出る、鼻がつまっていて匂いが分からない、などの自覚症状があったら「風邪だからほっとけば治るよ」と放置しないで、耳鼻咽喉科で受診することをおすすめします。副鼻腔炎の検査、治療方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

2-1.副鼻腔炎の検査方法

患者さんの症状に応じて以下のような検査を行います。

  • 鼻鏡検査、内視鏡検査…鼻鏡や内視鏡で副鼻腔内の粘膜の状態やポリープの有無、鼻水の量や症状などを調べる検査です。
  • レントゲン検査、CT・MRI検査…炎症がある場所、範囲、度合いを正確に判断するためにレントゲンやCT、MRIで画像検査を行います。
  • 細菌検査…鼻の穴のなかや上顎洞の分泌物を取り出し細菌の種類を調べる検査です。

2-2.急性副鼻腔炎の治療

急性副鼻腔炎の治し方には以下のような種類があります。

  • 薬物療法…症状を抑える消炎酵素薬や解熱鎮痛薬、細菌の増殖を押さえ死滅させる抗菌薬(抗生物質など)の服用。
  • 鼻吸引…局部麻酔や血管収縮薬を用いてたまった鼻水を吸引。
  • ネプライザー治療…霧状の薬を鼻や口から吸引し直接患部に薬を当てる治療法。
  • 鼻洗浄…鼻粘膜に麻酔をかけ上顎洞に針を指したり、細いチューブを鼻から副鼻腔に挿入、生理食塩水で洗浄。

2-3.慢性服鼻腔炎の治療

慢性副鼻腔炎の治療方法も、薬物療法、鼻吸引、ネプライザー治療、鼻洗浄など急性副鼻腔炎と同様の治療を行います。ただし、慢性副鼻腔炎の症状によっては少量の抗生物質を長期間投与する治療法を行うこともあり、人によっては治療期間が長引くこともあるようです。

これらの治療を行っても慢性副鼻腔炎が治癒しない場合や、鼻茸ができている場合は副鼻腔手術になる可能性もあります。昔は口のなかの粘膜を切除し顔面骨を削る手術法が用いられていましたが、現在では内視鏡下副鼻腔手術で、副鼻腔炎の原因となる最低限の部分だけを切除する方法が主流です。

内視鏡による手術は体へのダメージも少なく、術後の腫れやしびれもほとんど感じることもなく顔に傷がつかないので、辛い症状が改善されない場合は手術に踏み切る人も少なくありません。

3.副鼻腔炎の予防方法は?

急性でも慢性でも副鼻腔炎は完治させることが大切です。そして日常生活のなかで再発しないように予防を心がけることも必要でしょう。

3-1.鼻づまりを起こさないように注意する

花粉症やアレルギー性鼻炎の方は、症状を感じたらすぐ病院で治療して、副鼻腔炎を引き起こさないように予防してください。また、風邪を引いたら長引かせないように、できるだけ体力を温存して早く治すようにしましょう。

3-2.こまめに鼻をかむ

風邪やアレルギーで鼻水がでる場合、こまめにかんで外に鼻水を排出して鼻腔内をきれいにするように努めてください。ただし、勢いよくかむと細菌は耳管に入り中耳に感染して中耳炎を引き起こすので、片方ずつゆっくりとかむようにしましょう。

3-3.免疫力をアップする

健康な状態であれば細菌の侵入を防ぎ排出できますすが、疲労や寝不足、ストレス、偏った食生活などで体の免疫力が衰えるとその機能が働かなくなります。

副鼻腔炎の予防には免疫力をアップする食生活は欠かせません。糖分の高いお菓子や果物、動物性タンパク質を控え、野菜・海草・納豆や豆腐などの大豆製品、根菜・根菜などを積極的に食べましょう。

難しく考えなくても、例えばハンバーガーやフライドチキン・ラーメン・焼肉・おやつはチョコレートにケーキなどは極力控え、ビタミンやミネラルが豊富な野菜や魚介類のおかずが中心の和食に切り替えるだけでもいいのです。

4.病院を選ぶ時の注意点

副鼻腔炎の治療をするにはどのような病院を選べばよいのでしょうか?

4-1.副鼻腔炎の専門医

同じ耳鼻咽喉科でも専門にしているジャンルは異なるので、副鼻腔炎の治療を得意とし症例数の多い専門医を選びましょう。専門医のほうがより詳しい原因究明や検査などを行ってくれます。

4-2.十分に治療内容を説明してくれる病院

ひとくちに副鼻腔炎といっても、その症状や辛さは人それぞれです。鼻のなかだけではなく鼓膜や喉の奥まで顕微鏡や内視鏡、CTなどによって現状を把握し、症状や治療方法をしっかりと説明してくれる病院を選んでください。

また、投薬療法の時には、どのような種類の抗生物質なのかきちんと説明してくれる病院なら安心でしょう。

4-3.同じ医師が一貫して治療をする

大きな大学病院などの場合、外来、手術、退院後と担当医が代ることも多いものです。副鼻腔炎で手術することになっても治療、術前の説明、手術、アフターケアなどを一貫して同じ担当医が行ってくれる病院なら安心して通えます。

4-4.他の病院との連携がある

日帰り手術や1泊2日の手術が可能な耳鼻咽喉科の場合、万が一経過観察入院などが必要になった時のために、近隣病院との連帯をとっている病院なら安心して手術を受けられるでしょう。

5.まとめ

いかがでしたか? 鼻水や鼻づまり・頭痛などつらい症状が続く副鼻腔炎は一日も早く治したいものですよね。今回はそんな副鼻腔炎でお悩みの方に向けて、お悩み解決に必要な方法をご紹介しました。

  1. 副鼻腔炎とはどのような病気なのか?
  2. 副鼻腔炎の治療方法
  3. 副鼻腔炎の予防方法は?
  4. 病院を選ぶ時の注意点

このようなことを念頭に置いて、いい病院を見つけて適切な治療を受けるようにしてください。副鼻腔炎は、放置しておくと慢性化してより治りにくくなってしまうので、自己判断をしないで早めに診察を受けることが肝心です。

また、慢性化してしまった場合は治療期間が長くなることもありますが、勝手に治療をやめたりせず、根気強く続けて完治させましょう。治った後も普段の食生活などに気を配り、再発を予防することも大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
副鼻腔炎(蓄膿症)の日帰り手術