理想的な部屋の湿度とは?湿度が下がると体にどんな悪影響があるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、インフルエンザや風邪が冬に流行しやすい理由をご存じでしょうか?冬は湿度が低く、空気が乾燥しています。湿度が低くなることとウィルスの増殖、感染には深い関係があるのです。
お肌の乾燥や静電気の発生も湿度が関係しています。肌のうるおいを保ち、風邪を予防するためにも、理想的な湿度を保ちましょう。
今日は、部屋の理想的な湿度と、湿度をあげる方法をご紹介します。

  1. 理想的な部屋の湿度とは
  2. 湿度が下がると起こる悪影響
  3. 湿度をあげる方法

1.理想的な部屋の湿度とは?

1-1.湿度って何?

湿度は、空気中の水蒸気の量や空気の湿り具合を数値で表したものです。空気中の水分が水蒸気として目に見えない状態で存在しています。

1-2.理想的な湿度とは?

私たちが生活する上で理想的な湿度は、40%~60%です。インフルエンザや風邪のウィルスは湿度40%以下の乾燥した空気の中で生存し、湿度が50%超えると、激減するといわれています。部屋の湿度は40%~60%に保つことが感染予防に最適な湿度です。また、湿度が60%を超えると、カビやダニの発生原因となり、食品の腐敗も早くなります。梅雨時期にカビが多いのは湿度が高くジメジメしているせいです。

2.湿度が下がると起こる悪影響

湿度が下がり空気が乾燥すると、健康だけではなく、さまざまものに悪影響が出ます。

2-1.風邪やインフルエンザの蔓延

空気が乾燥すると、口や鼻の粘膜が乾燥し、ウィルスに対する防御機能が低下します。そうなると、風邪やインフルエンザなどのウィルスが体内に侵入し感染しやすくなるのです。感染したあとも、呼吸器系の粘膜は乾燥し、炎症や痛みの原因となります。乾燥した空気を好むウィルスはさらに増殖、免疫力が落ちた人が次々に感染。これが冬にインフルエンザや風邪が流行する理由です。

2-2.髪や肌の乾燥

乾燥した空気は、肌や髪にも影響します。空気が乾燥すると、乾燥しやすい髪の毛はパサつき、肌はカサカサした状態に・・。パサついた髪は広がり、静電気が起きやすい状態です。肌は、乾燥しかゆみの原因となります。保湿が大事なお肌にとって、湿度を保つことは、美肌を保つことへもつながるのです。

2-3.目の乾燥

コンタクトレンズを入れている人は、湿度が低くなると目の乾燥に悩まされます。表面乾燥し、ゴロゴロとした不快感を訴える人も多いです。湿度の低いところでは眼鏡ですごく方がいいでしょう。

2-4.そのほかの悪影響

湿度の低下は、人の体だけではなく、さまざまなものにも影響します。絵画や古美術品は、ひび割れや劣化の原因になるため、美術館では温度、湿度ともに、常に一定に保たれているのです。また、90%以上が水分の野菜は、水分が5%低下すると品質も低下し、商品の価値がなくなるといわれています。

3.湿度をあげる方法

風邪やウィルスの蔓延(まんえん)以外にも色々な影響がある湿度。
空気が乾燥する秋冬はどうしてもエアコンやストーブをフル稼働させるため、さらに湿度が下がってしまいます。部屋を理想的な湿度50%に保つためにはどうすればいいでしょうか?湿度快適に保つ方法をご案内します。

3-1.ぬれタオルを使う

空気が乾燥している室内では、ぬれたバスタオルをかけると効果的です。表面積の大きいバスタオルを干すと、部屋の湿度をキープできます。オフィスではコップに水を入れておいておくのもおススメ。入浴後にぬれたタオルを干すだけでも湿度はあがります。また、入浴したお風呂の水を捨てず、お風呂の扉を開けておくだけでも湿度上昇。乾燥しやすいホテルでは、バスタブに水を入れ、バスルームを開けっ放しにしておきましょう。

3-2.顔周りは部分的に保湿

乾燥しやすい顔周りは、マスクで鼻と口を防御。大きめのマスクをすると、自分の吐き出す息でマスク内の湿度が保たれ、呼吸器系の乾燥を防ぐことができます。目元は保湿液をたっぷりと使用し、唇はリップを塗りましょう。コンタクトレンズを使う人は、涙と同じ成分の目薬を使用し、乾燥を防ぎます。

3-3.観葉植物を置く

植物は、吸収した水分を葉っぱから蒸発させますので、お部屋に置くことで加湿器代わりになります。大きめの観葉植物の方が水分を蒸発させる量も多いので、大きめをリビングに置きましょう。

3-4.ストーブの上の鍋とやかん

ストーブには、水を入れた鍋や、やかんを置き蒸気で加湿します。夕飯に鍋をするのもおススメです。家の中は気密性が高いため、すぐに結露が発生し、カビの原因にもなります。湿度のあがりすぎには十分注意してください。

3-5.加湿器

空気の乾燥対策では、加湿器が一番に思いつくことでしょう。湿度計のついているものを利用すれば、理想的な湿度を保つことができます。アロマオイルを使えばリラックス効果もありおススメ。風邪をひいた場合は、喉の痛みを和らげてくれますので、冬は1台あると便利です。

4.まとめ

いかがでしたか?部屋の理想的な湿度と、湿度をあげる方法をご紹介しました。
湿度が私たちの体に及ぼす影響は、ご理解いただけたでしょうか?

  1. 理想的な部屋の湿度とは
  2. 湿度が下がると起こる悪影響
  3. 湿度をあげる方法

冬場にウィルスが蔓延(まんえん)しインフルエンザが大流行(だいりゅうこう)する理由も、湿度が関係していたのですね。
家にあるものですぐに部屋の湿度をあげることができます。ぬれタオルやマスク、コップに水を入れるなどできることから対策していきましょう。理想的な湿度を保てば、肌もうるおい、風邪やウィルス感染から体を守ることができます。風邪をひきやすい子供がいる家庭ではすぐに実践してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加