理想的な部屋の湿度は? 湿度が下がると体にどんな影響があるの?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

皆さんは、インフルエンザや風邪が冬に流行しやすい理由をご存じでしょうか?冬は湿度が低く、空気が乾燥しています。湿度が低くなることとウィルスの増殖、感染には深い関係があるのです。
お肌の乾燥や静電気の発生も湿度が関係しています。肌のうるおいを保ち、風邪を予防するためにも、理想的な湿度を保ちましょう。
今日は、部屋の理想的な湿度と、湿度をあげる方法をご紹介します。

  1. 理想的な部屋の湿度とは
  2. 湿度が下がると起こる悪影響
  3. 湿度をあげる方法

1.理想的な部屋の湿度とは?

1-1.湿度って何?

湿度は、空気中の水蒸気の量や空気の湿り具合を数値で表したものです。空気中の水分が水蒸気として目に見えない状態で存在しています。

1-2.理想的な湿度とは?

私たちが生活する上で理想的な湿度は、40%~60%です。インフルエンザや風邪のウィルスは湿度40%以下の乾燥した空気の中で生存し、湿度が50%超えると、激減するといわれています。部屋の湿度は40%~60%に保つことが感染予防に最適な湿度です。また、湿度が60%を超えると、カビやダニの発生原因となり、食品の腐敗も早くなります。梅雨時期にカビが多いのは湿度が高くジメジメしているせいです。

12