インフルエンザの予防と対策の方法!感染する原因を知って防ごう!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
インフルエンザ予防

インフルエンザの予防は、冬には必ず話題に上がるほどの認識になりました。今回は、インフルエンザの予防や対策について、詳しく学びましょう。

  1. インフルエンザの種類と症状を学ぼう
  2. インフルエンザに感染する原因は何?
  3. 感染予防に効果的な方法を紹介!
  4. インフルエンザの疑いがあるときの対処と注意点
  5. まとめ

記事を読むと、インフルエンザの原因や効果的な予防方法だけでなく、対処方法まで理解することができますよ。


1.インフルエンザの種類と症状を学ぼう

インフルエンザには、いくつかの種類があります。まずは、インフルエンザの種類と症状を学びましょう。

1-1.インフルエンザA型の特徴と症状

まずは、インフルエンザA型の説明をしましょう。ウイルスの種類が豊富なインフルエンザA型は、冬場の感染力が強いことが大きな特徴。38度以上の高熱が出やすく、全身の症状も。また、インフルエンザA型は、動物も感染する型であることも知られています。

1-2.インフルエンザB型の特徴と症状

次に、インフルエンザB型の特徴と症状を説明します。インフルエンザB型は、感染力が強めで、主に消化器系の症状が出ることが特徴。A型よりもやや遅れて流行しやすく、高熱にはなりにくい性質があります。反面、解熱に必要な時間が長めな点も覚えておきましょう。

1-3.インフルエンザC型の特徴と症状

インフルエンザには、C型もあります。インフルエンザC型の特徴と症状について、説明しましょう。実は、A型やB型と比べて大きな特徴となるのが、通年型のインフルエンザである点。感染力は弱く、患者はほとんどが小さな子どもです。

12