インフルエンザの予防と対策の方法!感染する原因を知って防ごう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
インフルエンザ予防

インフルエンザの予防は、冬には必ず話題に上がるほどの認識になりました。
今回は、インフルエンザの予防や対策について、詳しく学びましょう。

  1. インフルエンザの種類と症状を学ぼう
  2. インフルエンザに感染する原因は何?
  3. 感染予防に効果的な方法を紹介!
  4. インフルエンザの疑いがあるときの対処と注意点
  5. まとめ

記事を読むと、インフルエンザの原因や効果的な予防方法だけでなく、対処方法まで理解することができますよ。


1.インフルエンザの種類と症状を学ぼう

インフルエンザには、いくつかの種類があります。
まずは、インフルエンザの種類と症状を学びましょう。

1-1.インフルエンザA型の特徴と症状

まずは、インフルエンザA型の説明をしましょう。
ウイルスの種類が豊富なインフルエンザA型は、冬場の感染力が強いことが大きな特徴。
38度以上の高熱が出やすく、全身の症状も。
また、インフルエンザA型は、動物も感染する型であることも知られています。

1-2.インフルエンザB型の特徴と症状

次に、インフルエンザB型の特徴と症状を説明します。
インフルエンザB型は、感染力が強めで、主に消火器系の症状が出ることが特徴。
A型よりもやや遅れて流行しやすく、高熱にはなりにくい性質があります。
反面、解熱に必要な時間が長めな点も覚えておきましょう。

1-3.インフルエンザC型の特徴と症状

インフルエンザには、C型もあります。
インフルエンザC型の特徴と症状について、説明しましょう。
実は、A型やB型と比べて大きな特徴となるのが、通年型のインフルエンザである点。
感染力は弱く、患者はほとんどが小さな子どもです。

2.インフルエンザに感染する原因は何?

インフルエンザに感染する原因は、何があるでしょうか。
原因を知ることは、効果的な対策方法を知るためにも必要ですよ。

2-1.飛沫(ひまつ)感染

インフルエンザ患者がくしゃみや咳(せき)をすると、ウイルスを含んだ飛沫(ひまつ)が飛び散ります。
飛沫(ひまつ)感染とは、ウイルスを含んだ飛沫(ひまつ)を、浴びて鼻や口から吸い込むことが原因。
インフルエンザと判明した時点で、患者がマスクをきちんと着用することは飛沫(ひまつ)感染を防ぐ重要な手段となります。

2-2.接触(せっしょく)感染

飛沫(ひまつ)感染した物に触(ふ)れた手を介して、ウイルスが体内に入ることを接触(接触)感染と呼びます。
接触(せっしょく)感染は、ウイルスが付いたままの手で、目や鼻をこすったり口に触(ふ)れたりことが原因。
よく手を洗わないうちに、目や鼻や口に手を持っていくことは止めましょう。

2-3.空気感染

空気感染とは、インフルエンザ患者の飛沫(ひまつ)が、空気中に滞在することでウイルスを含んだ空気を吸い込むことが原因。
低温で乾燥した空気ほど、空気感染が起きやすいでしょう。
空気感染を防ぐには、適度な温度と湿度に部屋の空気を保つことが大切です。

3.感染予防に効果的な方法を紹介!

では、インフルエンザの感染予防に効果的な方法をご紹介します。
しっかり学ぶことで、自分自身だけではなく周囲の人への感染も防いでください。

3-1.ワクチンを打つ

インフルエンザになる前に、ワクチンを打つことは効果的な予防方法のひとつです。
ただし、ワクチンを打った場合でもインフルエンザになる可能性があります。
しかし、新型インフルエンザだったり、型が違ったりする場合は効果がありません。
それでも、ワクチンはできるかぎり打っておくことをおすすめします。

3-2.マスクを着用する

インフルエンザは、くしゃみなどの飛沫(ひまつ)でも感染します。
そのため、ほかの人のウイルスを吸い込まないためにもマスクの着用が効果的でしょう。
マスクを着用するときは、鼻から口元までを大きく覆(おお)うことができるタイプを選ぶことが大切です。
また、できるだけ顔と隙間(すきま)ができないように気を付けましょう。

3-3.接触(せっしょく)感染を防ぐにはうがいと手洗いも必要

接触(せっしょく)感染を防ぐには、外出から帰ってきた後のうがいと手洗いが必要です。
マスクをしているだけでは、不十分。
マスクの着用以外にも、外出後のうがい・手洗いの徹底を心がけましょう。

3-4.部屋の湿度を一定に保つ

インフルエンザウイルスは、低温で乾燥した空気を好みます。
部屋の湿度を一定以上に保つことは、ウイルス感染の確率を下げるだけでなく、喉(のど)の症状をやわらげる効果も期待できるでしょう。
加湿器などを上手(じょうず)に使って、部屋の湿度を50%から60%程度に調整してください。

3-5.栄養バランスの良い食事を摂(と)る

栄養バランスの良い食事を摂(と)ることで、体内の免疫(めんえき)力を高くすることも効果的です。
同じようにウイルスを体内に持ち込んでも、発症する人と発症しない人がいるもの。
このとき、体内の免疫(めんえき)力が高いと感染しにくくなるのです。

4.インフルエンザの疑いがあるときの対処と注意点

インフルエンザの疑いがあるときは、どのように対処するべきでしょうか。
実際の対処方法と、注意点をまとめてみました。

4-1.インフルエンザの疑いがある症状

インフルエンザの疑いのある症状について、確認しましょう。
通常の風邪(かぜ)と比べて、インフルエンザであることを疑う症状を挙げていきます。

  • 咳(せき)やくしゃみや鼻水の症状はそれほどでもない
  • 38度以上の高熱が急激に出る
  • だるさや関節の痛みや筋肉痛などの全身症状が強い

ただし、風邪とインフルエンザをハッキリ区別することは難しいこと。
迷ったら、受診をしましょう。

4-2.ウイルスの潜伏期間を超えたらすぐに受診を

ウイルスの潜伏期間は、1日から1週間程度までと、ウイルスの性質や感染した人の状況によって異なります。
病院での検査方法は、「迅速診断キット」を使って行われることが多いでしょう。
検査のタイミングは、発症後12時間から24時間程度が望ましいとされます。
遅くとも、抗インフルエンザ薬が有効な48時間以内に受診しましょう。
しかし、重篤(じゅうとく)な症状が出ている場合は、すくに受診してください。

4-3.病院へ行くときはマスクを着用すること

病院へ行くと気は、マスクの着用を忘れないでください。
インフルエンザだった場合、マスクを着用していないことが病院内にウイルスをばら撒(ま)く原因になります。
また、自分がインフルエンザ出ない場合も、ほかの人からウイルスが感染する可能性を低くするでしょう。

5.まとめ

冬場に大流行(だいりゅうこう)するインフルエンザ、しっかり予防と対策をしたいですよね。
それでは、最後におさらいをしておきましょう。

  • インフルエンザの種類と症状を学ぶ
  • インフルエンザの感染原因を知る
  • 効果的な感染予防方法を学んで実行する
  • インフルエンザの疑いがあるときの対応を学ぶ

インフルエンザ対策の知識を身に付けると、いざというときに適切な対応ができますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加