喉にかゆみをよく感じる方必見! 喉がかゆい原因と対処法を解説します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

喉の奥がかゆくてつらい。そんな症状に悩まされている方はいませんか? アレルギーや感染症など喉がかゆくなる原因はさまざまです。しばらくすると治ってしまうことも多く、がまんしている方もいるかもしれません。しかし、喉のかゆみを放置していると、他にも症状が出たり喉の粘膜が腫れて気道を塞いでしまったりすることもあります。

そこで、今回は喉にかゆみが出る原因や対処方法をご紹介しましょう。

  1. 喉にかゆみが出る原因とは?
  2. 喉がかゆい場合の対処方法
  3. 喉のかゆみが出た場合の治療方法や予防方法
  4. 喉のかゆみに関するよくある質問

この記事を読めば、喉のかゆみを解消できるヒントが掴めるかもしれません。喉がかゆい、イガイガすることがよくあるという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.喉にかゆみが出る原因とは?

はじめに、喉にかゆみが出る原因の中で代表的なものをご紹介します。なぜ、喉にかゆみが出るのでしょうか?

1-1.喉はなぜかゆくなるのか?

喉には、粘膜があり細菌やウィルス・ホコリなどの異物が気管の中に入るのを防いでいます。鼻の中と同じような状態になっているといえば、イメージしやすいでしょう。この喉の粘膜が何らかの原因で腫れたり乾燥したりすると、かゆみが出ることがあります。

1-2.感染症

風邪をはじめとする感染症にかかると、喉に痛みが出ることも珍しくありません。これは、喉が炎症を起こすためです。炎症しはじめの頃は、痛みではなくかゆみを感じる方もいるでしょう。この場合は、やがてかゆみが痛みへ変化していきます。

1-3.アレルギー反応

喉の粘膜にアレルゲンが付着すると、アレルギー反応で喉の粘膜が腫れ、かゆみを感じることがあります。特定の食物を食べた後でかゆみが起こる場合は、食物アレルギーの可能性が高いでしょう。食物アレルギーというと、卵や牛乳・小麦というイメージがありますが、これ以外にもアレルゲンになる食べ物はたくさんあります。あまり知られていませんが、果物にもアレルゲンになるものが多いのです。特に近年人気のマンゴーはウルシ科の植物ですから、アレルギーを発症しやすいでしょう。

この他、動物の毛・花粉・ハウスダストも喉のかゆみの原因になります。アレルギーはある日突然発症することもあり、くり返しアレルゲンを摂取・接触していると症状が重篤化することもあるでしょう。

1-4.乾燥や寒暖差

空気が乾燥していると、喉の粘膜も乾燥してかゆみを感じることがあります。昔は空気が乾燥している冬に出やすい症状でしたが、現在は夏でも空調が効いているところは、空気が乾燥しやすいでしょう。特に、窓がないオフィスビルや商業施設などは、努めて加湿をした方がよいですね。

また、寒暖差も喉のかゆみを引き起こすことがあります。この場合は、くしゃみや鼻水といった症状も一緒に出ることがあるでしょう。

2.喉がかゆい場合の対処方法

この項では、喉がかゆい場合の対処方法をご紹介します。どうすればかゆみがおさまるのでしょうか?

2-1.うがいをする

うがいをすると喉の粘膜に貼りついているアレルゲンや細菌・ウィルスを洗い流すことができます。まずは、クブクうがいをしてと口の中についたアレルゲンなどを洗い流し、次にガラガラうがいでと喉の奥をゆすぎましょう。

2-2.保湿をして喉を温める

空気の乾燥が喉のかゆみの原因となっている場合は、部屋を加湿したりマスクを着けたりして喉の保湿を行いましょう。加湿器が使えない場合は、コップに水を入れて置いておくだけでも効果があります。紙製の簡易的な加湿器も出ていますので、使いやすいものを探してみましょう。
空気が乾燥している冬は、外出時にマスクをするのもおすすめです。より保湿効果の高い「濡れマスク」も販売されていますので、喉のかゆみと共に乾燥にも悩まされている方は、使ってみてください。

寒暖差で喉のかゆみが出る場合は、温かい飲み物を飲みましょう。はちみつを使った飲み物は喉を保護してくれる効果があるのでおすすめです。

2-3.病院でアレルゲンを特定してもらう

アレルギーが原因で喉のかゆみが出ているのでは、と疑われる場合は、耳鼻咽喉科やアレルギー科で検査を行ってアレルゲンを特定しましょう。アレルギー症状が重篤化すると喉のかゆみだけでなく、喉の粘膜が腫れて気道を塞いでしまうかもしれません。こうなると、呼吸困難を起こすこともあります。喉がかゆくなるだけだからと放置してはいけません。
また、前述したようにアレルギーはある日突然発症することもあります。自分にはアレルギーはない、と決めつけないようにしましょう。

3.喉のかゆみが出た場合の治療方法や予防方法

この項では、喉にかゆみが出た場合の病院での治療方法などをご紹介します。どのような治療を行うのでしょうか?

3-1.喉のかゆみの治療方法

喉にかゆみが出ている場合は、耳鼻咽喉科で治療を受けます。喉の様子を診て、炎症を抑える薬やかゆみ止めを服薬するのが一般的な治療方法です。

花粉症の場合は、花粉症の症状を抑える治療が行われます。この場合は、花粉症の治療実績が豊富な耳鼻咽喉科を受診するとよいですね。

3-2.花粉症やハウスダストアレルギーと診断されたら?

花粉症やハウスダストアレルギーで喉のかゆみが出ている場合は、これらをできる限り喉に入れないようにすることが大切です。花粉症というとスギやヒノキの花粉が原因というイメージがありますが、ブタクサやヨモギでも発症します。花粉が多く飛ぶ時期はマスクを着けて外出し、帰ったら必ずうがいをしましょう。これで喉のかゆみが発症しにくくなります。

ハウスダストアレルギーの場合は、掃除をこまめに行いましょう。寝具に使われている綿や羊毛はダニが繁殖しやすいので、防ダニ効果のあるカバーをつけ、カバーもこまめに洗濯してください。

3-3.加工食品は、表示をよく見てから食べる

食物アレルギーで喉がかゆくなる場合は、加工食品に注意が必要です。見た目では分からない形でアレルゲンが使われていることが多いので、表示をよく見てから食べましょう。

4.喉のかゆみに関するよくある質問

Q.アレルギーは一度発症すると治らないものでしょうか?
A.その可能性は高いので、一生付き合っていく病気と考えましょう。

Q.花粉症の症状を和らげるサプリメントなどは効果的ですか?
A.効果が期待できるものもありますが、一定期間飲み続ける必要があります。花粉症の症状が出る前に飲み始めましょう。スギやヒノキなど春に症状が出る花粉症の場合は冬から、ヨモギやブタクサなど秋に症状が出やすい花粉症は、夏から飲み始めるのがおすすめです。

Q.喉にかゆみを感じた後、息苦しくなることがあります。なぜですか?
A.喉の粘膜が腫れている可能性がありますので、至急耳鼻咽喉科を受診してください。

Q.喉のかゆみが痛みに変化しました。早く治す方法はありますか?
A.はちみつには殺菌効果がありますので、喉の痛みを和らげたい場合は喉の奥に少量塗ってみましょう。耳鼻咽喉科を受診し、薬を処方してもらうのも効果的です。

Q.喉のかゆみはどの耳鼻咽喉科や耳鼻科でも診てくれますか?
A.はい。大丈夫です。通いやすい耳鼻咽喉科をまずは受診してください。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は、喉のかゆみの原因や対処方法をご紹介しました。痛みよりは軽視されがちなかゆみですが、放っておくと症状が重篤化することもあります。特に、アレルギーの場合は早めにアレルゲンを見つけて対処することが大切です。アレルギーの検査をすればすぐに分かりますので、まずは耳鼻咽喉科を受診してください。