【保存版】スギ花粉アレルギーの対策に!鼻粘膜焼灼術を詳しく解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

春先になると、多くの人が悩むのがスギ花粉アレルギーです。くしゃみや鼻水・涙目などの不快な症状が出て困る人が多くいます。外出するときには、花粉対策が必要不可欠でしょう。今回は、スギ花粉アレルギーについて深く学ぶと同時に、治療方法や手術についても詳しく解説します。特に、スギ花粉アレルギー性鼻炎でうんざりしている人には役に立つ内容ですよ。

  1. スギ花粉の基本を学ぼう
  2. スギ花粉のアレルギーについて
  3. スギ花粉のアレルギー症状について
  4. スギ花粉のアレルギー性鼻炎とそのほかの鼻炎について
  5. スギ花粉アレルギーの影響とは
  6. スギ花粉アレルギー性鼻炎の治療方法
  7. スギ花粉アレルギー性鼻炎の手術について
  8. スギ花粉荒アレルギーに関するよくある質問

この記事を読むことで、スギ花粉アレルギーに関する正しい知識が身に付き、適切な治療法を選ぶことができるでしょう。また、スギ花粉アレルギー性鼻炎の手術についても解説します。手術のメリットやデメリットを含めて正しく知ることは、治療を進めるためにも有意義なことです。まずは、記事をじっくり読んで必要なことを学んでください。


1.スギ花粉の基本を学ぼう

まずは、スギ花粉の基本を学びましょう。スギ花粉が飛ぶ季節や増えている理由など詳しく解説します。

1-1.スギ花粉とは

スギは、風に花粉を乗せることで授精を促す風媒花(ふうばいか)です。スギ花粉の飛来力は目を見張るものがあり、数十キロも遠くから来ることもあります。そのため、近隣にスギの木が無くても、スギ花粉症で悩む人が多いのです。

1-2.スギ花粉はいつ飛ぶか

スギ花粉のピークは、大体2月から4月ごろです。スギ花粉アレルギーがある人にとっては、外出をためらうほど辛(つら)い時期でもあります。くしゃみが出たり鼻がむずむずし始めたりすることで、花粉が舞い始めたことがわかる人も多いものです。2月から4月に関しては、マスクだけでなく花粉症用のメガネを着用するなど、徹底的な防備が必要となります。

1-3.スギ花粉増加の理由

スギ花粉増加の大きな原因は、政府がスギ植林を推奨してきたことにあります。1960年代には、成長の早いスギやヒノキの植林を進めることで、木材需要の拡大と供給のバランスを図ろうとしました。しかし、海外から安い木材の輸入が相次ぎ、家屋も鉄筋住宅の普及が増加したため、不要になったスギが残り現在に至るのです。

1-4.スギ花粉にかんするそのほかのこと

スギ花粉は、乾燥した空気を好みます。そのため、雨の日には飛来数が少なく患者も快適に過ごしやすくなるのです。反対に、雨上がりには気を付けなくてはなりません。いつでも万全な花粉対策ができるように、天気予報のチェックを欠かさないようにしましょう。