治療を受ける前に鼻レーザー治療の効果や副作用について知ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日鼻づまりで苦しい、アレルギー性鼻炎で花粉症がつらい…など悩んでいる人は多いでしょう。
アレルギー性鼻炎を治すための手術はさまざまな方法があります。
費用や痛みなど心配になる内容は多いですが、きちんと把握しておけば心配ありません。
そこで、治療の1つである「レーザー治療」について詳しく説明します。
鼻レーザー治療の特徴や治療の効果、副作用などさまざまな面をチェックしていきましょう。

  1. 鼻レーザー治療とは
  2. 鼻レーザー治療の効果
  3. 鼻レーザー治療の副作用
  4. まとめ

1.鼻レーザー治療とは

アレルギー性鼻炎での治療に「鼻レーザー治療」があります。
鼻レーザー治療とは何なのか、特徴や内容について詳しく説明しましょう。
手術を考えている人や花粉症を治したい人はぜひチェックしてください。

1‐1.鼻の粘膜にレーザー光を当てる方法

鼻レーザー治療とは名前のとおり、鼻の中にある粘膜にレーザー光を当てる方法になります。
粘膜にレーザー光を当てることで粘膜のはれやむくみを取りのぞくことができるのです。
花粉症やハウスダストによるアレルギー性鼻炎は、粘膜が過敏になっています。
過敏になっている粘膜を安定することが第1になるでしょう。
よって、レーザー光で過敏になっている粘膜を正常に戻すことができます。
レーザー=痛みがあると思うでしょう。
しかし、当てるレーザー光は出力が非常に弱いです。刺激を与えすぎず、適度な出力で治療ができるでしょう。
また、鼻レーザー光と言っても鼻に使用できるレーザーにはさまざまな種類があります。
種類によって効果も異なるので注意しなければなりません。

1‐2.花粉症など慢性的な鼻炎の治療に有効

鼻レーザー治療は、主に花粉症など慢性的な鼻炎に有効だと言われています。
1度くしゃみが出ると止まらない症状や鼻汁などの鼻アレルギー、花粉症など鼻レーザー治療を受ける人が多いです。
従来の治療法としては内服薬を使用していました。
しかし、患者の中には薬が飲めない人、鼻粘膜のはれ方が重度でむくみが戻らないケースは内服薬の効果が出ません。
そこで、登場したのが鼻レーザー治療です。
鼻レーザーは1990年代に登場した新しい治療法になります。
鼻レーザー治療の種類や状態によっては1・2日の入院が必要になるケースもあるでしょう。
重度でない限りは日帰りでも鼻レーザー治療を受けることができます。
よって、気軽に治療できる方法として注目度があがりつつあるのです。

1‐3.出血がほとんどない治療法

アレルギー性鼻炎を治すためでもできるだけ自分の体にメスをいれたくないものです。メスをいれると傷がついてしまい、同時に痛みもともなうでしょう。
鼻レーザー治療の特徴は、痛みが少なく“出血がほとんどない”点にあります。
レーザーを粘膜に当てることで粘膜自体が固定するでしょう。
多少変なにおいやチクチクと痛みを感じますが、ひどくはありません。
そして、何よりもメスをいれないので出血がないのです。
手術の際に止血処置はするものですが、鼻レーザー治療では必要ありません。
鼻レーザー治療の大きな特徴になるのではないでしょうか。

2.鼻レーザー治療の効果

2‐1.1回の治療でおよそ75%の人に効果がある

内服薬での治療は、できるだけ毎日飲み続けなければなりません。
すぐに効果が現れるとは限らないでしょう。
一方、鼻レーザー治療は1回の治療でおよそ75%の人に効果があると言われています。
ほとんどの患者のアレルギー性鼻炎がやわらいでいるのは間違いありません。
切除手術よりも効果の高い治療法と言えるでしょう。
特に、鼻づまりに対しては効果が高い特徴を持っています。
前までは1週間に1度の治療が必要でしたが、最近は進歩しており1度の治療で効果が期待できるでしょう。
レーザーの種類にもよりますが、効果は非常に高いのです。

2‐2.症状や鼻の状態によって異なる

「鼻レーザー治療」は1回の治療でおよそ75%の人に効果があります。
けれども、人それぞれ鼻の粘膜や症状、アレルギー性鼻炎の状態が異なるものです。
必ずしも自分に効果があるとは限らないので注意してください。
鼻レーザー治療は症状を軽くしてくれますが、アレルギー体質が治るわけではありません。
内服薬でも同じです。場合によっては薬と併用しながら治療を受ける可能性もあります。レーザー光によって粘膜の反応は体質で異なるのです。
効率的なレーザー治療を受けるためにも、事前に医師としっかり話し合う必要があります。
自分の症状をきちんと把握して、最も効果的なレーザー治療を受けていきましょう。
鼻レーザー治療を受ける際は、病院・クリニック選びも大切なポイントになります。
実績のある信頼できるところで治療してください。しっかりカウンセリングをしてくれるかどうか見極めましょう。

3.鼻レーザー治療の副作用

3‐1.副作用はほとんどない安全性の高い治療

治療を受ける際、気になるのが“副作用”です。
鼻レーザー治療の副作用はほとんどありません。
専門の機器を利用して出力のレーザー光を粘膜に当てていきます。
よって、内服薬などにある副作用がないのです。
また、局部・部分的の治療になるため安全性が最も高い治療と言えるでしょう。
副作用が心配になっている人にとっては安心できる治療です。
ただし、人によって粘膜の状態や症状が異なるため、痛みを感じることもあります。
また、妊娠中や授乳中の人は基本的に手術はできませんが、鼻レーザー治療なら安心して受けることができるでしょう。
もし、副作用について心配になっている人は鼻レーザー治療を受ける前にしっかり医師に尋ねてください。
治療内容について詳しく説明してくれるでしょう。

3‐2.鼻レーザー治療にかかる費用

鼻レーザー治療にかかる費用は、病院・クリニックによって異なります。
また、レーザーの種類によっても変わってくるので十分に注意しなければなりません。鼻レーザー治療は簡単に治療できる方法です。
よって、メスをいれる手術よりも低価格の傾向があります。
治療費はおよそ7,000円~1万円になるでしょう。鼻レーザー治療にかかる費用は数万円と思ってください。
ただし、保険が適用できるのでもっと安くなる可能性が高いです。
手術の中には保険が適用できないものもあります。基本的に鼻レーザー治療は保険が適用できるので安心してください。
費用が気になる人は、「無料相談」を利用するといいでしょう。
鼻レーザー治療をしている耳鼻咽喉科クリニックでは、ホームページから無料でメール相談ができるようになっています。
自分の症状を伝えながら疑問に思っている内容を尋ねてみてください。

4.まとめ

鼻レーザー治療の内容や治療の効果、副作用と費用について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
くしゃみや鼻づまりがひどくなると生活に支障が出てしまいます。
症状が悪化しないうちに適切な方法で治していかなければなりません。
つい後まわしにしてしまいがちですが、1度耳鼻咽喉科クリニックや病院に診せたほうがいいでしょう。
手術に抵抗がある人でも、鼻レーザー治療なら気軽に受けることができます。
副作用や痛みがほとんどなく、鼻粘膜にアプローチができるのです。
鼻レーザー治療の実績があるクリニックや病院を選び、まずはカウンセリングを受けてくださいね。
自分の症状や原因をしっかり明確にしてから治療を始めたほうが安心できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加