眠りが浅いと悩んでいる方必見! その原因と対処方法を解説します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

たっぷり眠ったはずなのに眠気が取れない。強い眠気にたびたび襲われるため、日中の生活に支障が出て困っている。こんな悩みを抱えている方はいませんか? 日中の強い眠気は、夜の眠りが浅いことが原因の可能性があります。正常な睡眠は、深い眠りと浅い眠りが交互にくり返されるのです。しかし、何らかの原因で深い眠りに入ることなく目が覚めると、睡眠時間が長くても眠気が取れません。

そこで、今回は眠りが浅くなる原因とその対処方法をご紹介しましょう。

  1. 眠りに関する基礎知識
  2. 不眠の種類や自分で行える改善方法
  3. 病院を受診した方がよい症状とは?
  4. 睡眠時無呼吸症候群の原因や治療方法とは?
  5. 眠りが浅い原因に関するよくある質問

この記事を読めば、日中に襲われる強い眠気の解消方法が分かるかもしれません。眠りが浅いという実感がある方や夜中によく目が覚めるという方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.眠りに関する基礎知識

はじめに、眠りの種類や質の良い睡眠とはどのようなものか、ということをご紹介します。良質な眠りのメカニズムとはどのようなものでしょうか?

1-1.睡眠の種類とは?

私たちの眠りには、レム睡眠と呼ばれる浅い眠りとノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りの2種類があります。レム睡眠中は眼球が激しく左右に動いており、体は眠っていても大脳はある程度覚醒していると考えられているのです。

一方、ノンレム睡眠中は眼球が動くことはほとんどありません。この睡眠中は大脳も活動を休んでおり、脳を休めるための睡眠と考えられています。人は眠った直後はレム睡眠となり、そこから20分ほどかけてノンレム睡眠に入り、60分ほどした後で再びレム睡眠に移行するのです。レム睡眠からノンレム睡眠に入り、再びレム睡眠に戻るまでの時間は、90分~110分ほどといわれています。

質の良い睡眠とは、レム睡眠とノンレム睡眠を1晩に3~5回くり返し、覚醒することが理想です。このような睡眠を取るためには、7時間以上の睡眠時間が必要になります。

1-2.浅い睡眠とは?

浅い睡眠とは、レム睡眠のことを指します。何らかの原因で脳が睡眠中も活発であり続けたり睡眠中に何度も覚醒したりすると、ノンレム睡眠に入ることができず、一晩中レム睡眠が続くことになるでしょう。このような場合は、睡眠時間が長くてもすっきりとした目覚めになりません。また、ノンレム睡眠から急激に覚醒した場合も、眠気が取れにくいでしょう。

1-3.眠りが浅くなる原因とは?

眠りが浅くなる原因は、さまざまです。前述したように睡眠が何度も中断されると、ノンレム睡眠に入りにくくなります。この他、心配事やストレスなど心理的な原因・身体的、精神的な病気・睡眠時間が不規則になりやすいなど生理的な原因でも、眠りは浅くなるでしょう。

眠りが浅くなること自体は、誰にでも経験があることです。しかし、眠れなかったり質の悪い睡眠が長期間続いたりすると、日常生活にも悪影響が出るでしょう。次の項で、不眠の種類や問題点などをより詳しくご紹介します。

1-4.眠りが浅くなる病気について

うつ病や自律神経失調症などを発症すると、眠りが浅くなります。特に、眠っても夜中や明け方に目が覚めて以後眠れなくなる早朝覚醒や、寝つくまでに1時間以上かかりすぐに目が覚める場合は、一度神経内科などを受診したほうがよいでしょう。

また、眠ろうとすると足がむずむずしてくる「むずむず脚症候群」という病気を発症しても、眠りが浅くなります。さらに、副鼻腔炎・糖尿病・前立腺肥大などを発症していても、眠りが浅くなることがあるでしょう。