マスクの着用は風邪予防に効果大!! 効果的な使い方は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

12月も半ば近くになり、インフルエンザの発症も報告され始めました。風邪予防にマスクをする人も多いでしょう。しかし、マスクは風邪予防の効果がないという意見もあります。

そこで、今回はマスクの風邪予防効果についてご説明しましょう。マスクをしていれば決して風邪をひかない、というわけでもありません。しかし、風邪予防に全く効果がないというわけでもないのです。

今回は風邪予防に効果的なマスクの使い方もご紹介します。毎日通勤や通学、仕事などで大勢の人と接する機会が多い方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

  1. 風邪をひく原因は?
  2. マスクが風邪予防に効果的な理由は?
  3. マスクをしていると美容にも効果的
  4. 風邪予防に効果的なマスクのつけ方
  5. おわりに

1.風邪をひく原因は?

風邪は、ウィルスや細菌に感染することによって発症します。風邪の症状を引き起こす細菌やウィルスはひとつではありません。ですから、風邪は特定の病気ではなく正確には「風邪症候群」という、鼻水やせきなどの症状を指します。

風邪と並んで冬の感染症の代表格であるインフルエンザは、インフルエンザウィルスに感染することによって発症するのです。ウィルスが特定されているので、ワクチンもあります。風邪を発症させる菌やウィルスは1年中空気中に存在しているのです。

しかし、これらは冷たくて乾いた空気を好むため、冬以外の季節では発症しにくいでしょう。ですから、冬でも湿度と温度を一定以上たもちつづける場所では、風邪が流行(りゅうこう)しにくいのです。

12