口呼吸の悪影響と治し方について~鼻呼吸に改善するポイント~

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちは当たり前のように呼吸をしています。基本的な呼吸のやり方は鼻から空気を吸いこむ“鼻呼吸”です。しかし、中には口から空気を吸いこむ“口呼吸”になっている人もいるでしょう。口呼吸はさまざまな悪影響をおよぼします。

そこで、口呼吸の悪影響と鼻呼吸による効果、口呼吸の治し方と注意点について説明しましょう。口呼吸で生活している人は、呼吸の仕方を改めてください。

  1. 口呼吸とはどのような状態なの?
  2. 自分は口呼吸? セルフチェック方法
  3. 口呼吸の悪影響
  4. 鼻呼吸による効果・メリット
  5. 口呼吸の治し方と注意点
  6. よくある質問
  7. まとめ

1.口呼吸とはどのような状態なの?

口呼吸とは、文字どおり口で呼吸をすることです。私たち哺乳類は本来鼻で呼吸をする生き物ですが、何らかの原因で鼻がつまっている場合は、口呼吸となってしまいます。人間は、乳児の頃に母乳やミルクを吸うことで鼻呼吸の訓練をするので、自然と鼻呼吸になるのです。しかし、鼻炎などで常に鼻がつまっている状態ですと、いつの間にか口呼吸が当たり前になってしまいます。また、口呼吸が当たり前になると口呼吸をする方が楽になってしまうこともあるでしょう。