最近、痰が多い…。原因は何?病院に行く必要はあるの?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風邪を引いたときや季節の変わり目などに、痰が出やすくなる人は多いでしょう。そうでなくても「普段から痰が多い」という人もいます。痰が絡むと苦しくて喉が痛くなることも。そもそも、痰とは一体何なのでしょうか。どのような役割があるのか知りたいと思いませんか?

  • 痰が頻繁に出る
  • 痰が多くなる原因を知りたい
  • 痰が多いときの対処法は?

そんな人たちのために、痰がよく出る原因や対処法についてまとめてみたいと思います。

  1. 痰の役割とメカニズム
  2. 痰がよく出る原因
  3. 痰が多いときの対処法
  4. まとめ

1.痰の役割とメカニズム

1-1.痰は粘膜の一種

そもそも、痰とは呼吸器系の粘液です。成分は糖タンパクや免疫グロブリン、脂質などで、ゲル状の水と考えてください。

その役割は、呼吸器にとって有害な物質を絡め取り、体外に排出すること。そのため、吸い込んだホコリやチリ、細菌やウイルス、アレルゲンなどを含んでいます。

痰は体調が悪いときだけ出るものではないのです。健康な状態でも出ており、1日あたりの量は成人で100ml程度と言われています。極端に量が多いとき以外は、痰が出ていることに気づかず、自然に飲み込んでしまっていることがほとんどなのです。

1-2.痰が出るメカニズム

気道内にホコリやウイルスなどの異物が浸入するとどうなるでしょうか。喉や気管、気管支などの末梢(まっしょう)神経が刺激を受け、反射的に咳(せき)が出ます。咳(せき)を強制的に出すことで気道の異物を体外に追い出そうとしているのです。

このとき、咳(せき)と同時に痰も押し戻されて口の中に出てきます。このようなメカニズムで痰が出るのです。

1-3.痰の色について

痰の色は症状によって変化します。一般的な風邪の場合に出る痰は、少し黄色がかっているでしょう。白血球と細菌が戦った残骸が混じるため、このような色になるのです。白色もしくは無色透明の場合は、ウイルス感染症やぜん息などが考えられます。

蓄膿(ちくのう)症を患っている場合は、膿(うみ)が混じるため緑に近い色の痰が出ることになるでしょう。注意が必要なのは、赤く変色している「血痰」の場合。血が混じっている可能性があるため、肺炎や肺結核などを疑います。早急に病院で診てもらいましょう。

12