最近、痰が多い…。原因は何?病院に行く必要はあるの?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風邪を引いたときや季節の変わり目などに、痰が出やすくなる人は多いでしょう。そうでなくても「普段から痰が多い」という人もいます。痰が絡むと苦しくて喉が痛くなることも。そもそも、痰とは一体何なのでしょうか。どのような役割があるのか知りたいと思いませんか?

  • 痰が頻繁に出る
  • 痰が多くなる原因を知りたい
  • 痰が多いときの対処法は?

そんな人たちのために、痰がよく出る原因や対処法についてまとめてみたいと思います。

  1. 痰の役割とメカニズム
  2. 痰がよく出る原因
  3. 痰が多いときの対処法
  4. まとめ

1.痰の役割とメカニズム

1-1.痰は粘膜の一種

そもそも、痰とは呼吸器系の粘液です。成分は糖タンパクや免疫グロブリン、脂質などで、ゲル状の水と考えてください。

その役割は、呼吸器にとって有害な物質を絡め取り、体外に排出すること。そのため、吸い込んだホコリやチリ、細菌やウイルス、アレルゲンなどを含んでいます。

痰は体調が悪いときだけ出るものではないのです。健康な状態でも出ており、1日あたりの量は成人で100ml程度と言われています。極端に量が多いとき以外は、痰が出ていることに気づかず、自然に飲み込んでしまっていることがほとんどなのです。

1-2.痰が出るメカニズム

気道内にホコリやウイルスなどの異物が浸入するとどうなるでしょうか。喉や気管、気管支などの末梢(まっしょう)神経が刺激を受け、反射的に咳(せき)が出ます。咳(せき)を強制的に出すことで気道の異物を体外に追い出そうとしているのです。

このとき、咳(せき)と同時に痰も押し戻されて口の中に出てきます。このようなメカニズムで痰が出るのです。

1-3.痰の色について

痰の色は症状によって変化します。一般的な風邪の場合に出る痰は、少し黄色がかっているでしょう。白血球と細菌が戦った残骸が混じるため、このような色になるのです。白色もしくは無色透明の場合は、ウイルス感染症やぜん息などが考えられます。

蓄膿(ちくのう)症を患っている場合は、膿(うみ)が混じるため緑に近い色の痰が出ることになるでしょう。注意が必要なのは、赤く変色している「血痰」の場合。血が混じっている可能性があるため、肺炎や肺結核などを疑います。早急に病院で診てもらいましょう。

2.痰がよく出る原因

「いつもより痰が多い」という場合は、何が原因になっているのでしょうか。痰が増える病気や要因についてご紹介します。

2-1.ストレスや水分不足

強いストレスを感じたとき、いつもより多く痰が出ることがあります。大事な場面になると痰が絡みやすくなる経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。このように、心の問題が痰を増やす原因になる場合もあるのです。また、乾燥したときも喉を乾きから守るために、痰が多くなります。特に多いのが口呼吸の人。口の中が乾きやすくなるため、潤いを保つよう工夫する必要があります。

2-2.空気の悪い環境

痰は気道に侵入した異物を追い出すために発生するため、空気が悪い環境では多く出るようになります。タバコの煙を浴びやすい場所や、ホコリ・チリが多い場所などは、さまざまな異物が浸入しやすくなるでしょう。

2-3.病気の可能性も

一般的に痰が多く出る場合は風邪を疑います。しかし、痰の量が非常に多い場合や長引く場合は、何らかの病気である可能性もあるでしょう。痰が増えたときに疑う病気として、気管支炎やぜん息、肺炎などがあります。気管支炎は痰が絡む咳が特徴的です。急性の場合は3か月程度で症状がおさまるでしょう。

さらに長引く場合は慢性になるため、早めに耳鼻科を受診してください。ぜん息は子供に多く、同じように痰が絡んだ咳(せき)が症状として現れます。肺炎には気管支肺炎、大葉性肺炎、間質性肺炎があり、ウイルスや細菌に感染して肺が炎症を起こした状態です。発熱と同時に、咳(せき)と痰が多くなる場合がほとんどでしょう。

痰の色は風邪のときと同じで、黄色か黄緑色です。呼吸が困難なほど咳が出る場合は、早めに病院へ行ってください。

3.痰が多いときの対処法

最後に、痰が多いときの対処法をいくつかご紹介します。放っておくとつらい痰の症状を、できるだけ早く治したいですよね。

3-1.喉の乾燥を防ぐ

痰が多いときは、できるだけ喉の乾燥を防ぐようにしましょう。夜寝るときにエアコンを使うと喉が乾燥しやすくなります。ぬれたタオルを干しておく、加湿器を使うなどして、室内が乾燥しないように気をつけましょう。

同時に、水分補給をしっかりと行い、喉に絡んでいる痰を柔らかくしてあげてください。なるべく温度の高いお湯で水分補給するのが効果的です。熱い方が痰が柔らかくなりやすいでしょう。
基本的に、痰は体外に排出するのが望ましいため、吐き出しやすい状態にすることが大切なのです。

3-2.タバコや刺激物を避ける

タバコに有害物質がたくさん入っていることは誰もがご存じでしょう。実は、喉に刺激を与えて痰を増やすことにもなるのです。なかなかやめられないのは分かります。しかし、禁煙に向けて努力するべきなのです。自分は吸っていなくても、周りにタバコを吸っている人がいる場合は、マスクで防ぐようにしましょう。

また、刺激物を避けることで痰を減らすことができます。濃い味やからいものは痰を増やすことになるため、できるだけ避けるようにしてください。

3-3.正しい痰の出し方を知る

多くの人は、痰が絡んだとき咳(せき)をして吐き出そうとします。しかし、喉に痰がある場合はいくら咳(せき)をしても吐き出すことはできないのです。力強く咳(せき)をすることで喉を痛めてしまうこともあるでしょう。

痰は咳(せき)ではなく、息を吐き出すようにして体外に排出するのがおすすめ。喉の奥から移動してから咳(せき)をして一気に吐き出すとよいでしょう。なるべく下向きで行うとうまくいきます。

4.まとめ

痰が多い原因についてご紹介しました。

  • 痰の役割とメカニズム
  • 痰がよく出る原因
  • 痰が多いときの対処法

「痰がよく出て困っている」「痰が多くなる原因とは?」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。