鼻の粘膜が弱いと悩んでいる方必見!!強くする方法をご紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ちょっとしたことですぐに鼻血が出たり、鼻水が止まらなくなったりして悩んでいる方は多いでしょう。そんな人は鼻の粘膜が弱い可能性があります。ですから、鼻の粘膜を強くすれば鼻血も出にくくなり、風邪もひきにくくなるでしょう。

そこで、今回は鼻の粘膜が弱い原因やその対処法をご紹介します。粘膜が弱いのは生まれつき、と思っている方もいるでしょう。しかし、日々の生活習慣や食生活のせいかもしれません。鼻の粘膜が弱くて困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 鼻の粘膜とは?
  2. 鼻の粘膜が弱まると起こる症状
  3. 鼻の粘膜が弱くなる原因は?
  4. 鼻の粘膜を強くする方法は?

1.鼻の粘膜とは?

鼻の粘膜とは、鼻の穴の中を覆っている湿り気を帯びた膜のことです。鼻粘膜は線毛(せんもう)と呼ばれる細かい毛がびっしりと生えています。また、鼻腺(びせん)と呼ばれる腺からは常に微量の粘液が放出されているのです。

この線毛や粘液は、吸いこんだ空気の中に混じっているほこりや細菌、さらに花粉などを取りのぞき空気を湿らす役目があります。ですから、鼻を通して器官に流れこむ空気は適度な湿り気があって清潔なのです。「口呼吸だと風邪をひきやすい」といわれるのは、気のせいではありません。口はもともと呼吸をする器官ではないのです。ですから、空気をそのまま気管に送りこんでしまうため、病原菌に感染しやすいでしょう。

2.鼻の粘膜が弱まると起こる症状

鼻の粘膜が強弱には個人差があります。一般的に子どもの鼻粘膜は大人のものより弱いです。ですから、ちょっと鼻の穴をいじっただけでも鼻血が出やすいでしょう。また、鼻の粘膜が弱まると鼻の中が乾燥しやすくなります。

そうなると、病原菌やほこりなどがそのまま気管の方へ行きやすくなるでしょう。ですから、鼻の粘膜が弱まると風邪もひきやすくなるのです。さらに、アレルギー源が体内に入りやすくもなっているので、アレルギーを発症する確率も高まります。鼻の粘膜の強弱は体質もあるでしょう。しかし、生活習慣などが原因で粘膜が弱まることもあります。

3.鼻の粘膜が弱くなる原因は?

では、鼻の粘膜が弱くなる原因にはどのようなものがあるのでしょうか? この項では、その一例をご紹介します。

3-1.食生活の乱れ

食生活が乱れていると、鼻の粘膜が弱まりやすいです。ダイエットのために食事制限をした結果、風邪をひきやすくなった経験がある方もいるでしょう。これは、食事の摂取量が減った結果必要な栄養素も不足して粘膜が弱まったせいでもあります。

しかし、食事をたくさん取っているからといっても安心できません。安価で満足するファーストフードのような食事は、脂肪分と炭水化物以外の栄養素がほとんど取れないのです。ですから、毎日コンビニ弁当やファーストフード、さらにお菓子などで食事を済ませてしまっている方も、要注意でしょう。

3-2.貧血

貧血とは、血液中の赤血球が少なくなる状態のこと。実は、貧血になると体中の粘膜が弱まるのです。特に、女性は貧血になりやすいので注意が必要。貧血を治せば、粘膜が強くなりやすいです。

3-3.環境

タバコの煙は粘膜を刺激して弱らせます。ですから、喫煙者だったり喫煙者と一緒に暮らしていたりすると鼻の粘膜は弱まりやすいでしょう。また、pm2.5にも粘膜を弱らせる効果があります。さらに、大気汚染がある場所や花粉がたくさん飛んでいる場所も同様です。

3-4.アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎などの発症

花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎を発症すると、鼻の粘膜が常に腫れあがった状態になります。また、充血もしやすくなるでしょう。さらに、勢いよく鼻を何度もかめば、それだけ鼻の粘膜を刺激して傷つけやすくなります。何度も傷ついた粘膜はそれだけ弱くなるのです。ですから、花粉症を発生してから鼻の粘膜が弱まって鼻血が出やすくなったという人も珍しくありません。

副鼻腔炎も同様に鼻の粘膜を弱くします。副鼻腔炎は慢性的な粘膜の炎症ですし、汚い粘液が貯留すると粘膜が徐々に弱ってきます。

3-5. 鼻中隔弯曲症

鼻中隔弯曲症があると鼻の骨が曲がります。そうすると粘膜同士がこすれやすくなって鼻をかんだりすると出血したり、荒れたりして粘膜が弱くなってきます。また、汚い痂皮(鼻くそ)も付きやすくなるでしょう。

4.鼻の粘膜を強くする方法は?

この項では、鼻の粘膜を強くする方法をご紹介します。食生活を改めることも大切です。

4-1.ビタミンを取る

ビタミンAやK、さらにAやB2には鼻の粘膜を強くする効果があるのです。ビタミンAは野菜に、Kはナッツに、さらにB2はししゃもやチーズにたくさん含まれています。さらに、粘膜はコラーゲンで作られていますが、ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きがあるのです。

つまり、ビタミン全般をまんべんなく取れば鼻の粘膜は強くなりやすいでしょう。食事から取るのが一番ですが、毎回すべてのビタミンをバランスよく取るのは難しいです。ですから、サプリメントなども利用してください。

ただし、妊婦の場合は取りすぎてはいけないビタミンもあります。ビタミン剤を摂取したい場合は、主治医に相談してみてください。

4-2.鉄分を取る

貧血で鼻の粘膜が弱まっている場合は、鉄分を取りましょう。レバーやあさり、小松菜などに鉄分は含まれています。レバーが苦手という方は、それ以外の食物から鉄分を取りましょう。

また、貧血がひどい場合は病院を受診してください。鉄剤を処方してくれます。貧血がひどい場合は、食材からの摂取では間に合わないことがあるのです。

4-3.鼻を保護する

アレルギー性鼻炎などで傷つきやすくなった鼻の粘膜は、少しの刺激でも出血が起こることも珍しくありません。ですから、鼻を保護するためにマスクをしましょう。また、アレルギーがある方はアレルゲンをできるだけ身近から取りのぞいてください。花粉症やハウスダストアレルギーの方は、家の掃除を念入りにしましょう。さらに、花粉症の方は花粉が飛ぶ季節は洗濯物を外に干さないなどの工夫が大切です。

また、乾燥も大敵です。これを防ぐには毎日少し熱めのお風呂に入る、お風呂で鼻歌を歌う、鼻から生理食塩水のうがいをする、などがいいでしょう。

4-4.耳鼻咽喉科で治療を受ける

アレルギー性鼻炎がひどい場合は、耳鼻咽喉科で鼻の粘膜を焼くなどの治療を受けましょう。アレルギーの治療は投薬などが基本ですが、それでも症状が改善しない場合は手術を勧められることもあります。手術といっても20分程度で終わる短いものですから、日帰りで大丈夫です。

また、副鼻腔炎や鼻中隔弯曲症も手術で治すことができます。これも程度によっては日帰りで行う施設もあるでしょう。

おわりに

いかがでしたか? 今回は鼻の粘膜が弱い原因や鼻の粘膜を強くする方法をご説明しました。
まとめると

  • 鼻の粘膜が弱くなると鼻水や鼻血が出やすくなる。
  • 食生活が乱れたりストレスがたまったりすると鼻の粘膜は弱くなる。
  • アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎・鼻中隔弯曲症になっても鼻の粘膜は弱くなりやすい。
  • ビタミン類を取ると鼻の粘膜が強くなる。
  • 鼻をいたわり、アレルギーの症状を和らげる努力をすると鼻の粘膜は強くなる。

ということです。

鼻の粘膜が弱いのは生まれつきだと思っている方も多いと思います。しかし、アレルギー性鼻炎を発症したり栄養が偏ったりするとどうしても鼻の粘膜は弱くなりがちです。一度、ビタミン類を努めて多く取ったり鼻に優しい生活を心がけたりしてみましょう。そうすれば、鼻の粘膜は強くなります。ちょっとした刺激で鼻血が出るようになってしまったという方は鼻の粘膜が弱くなっている可能性が高いです。