鼻の粘膜が弱いと悩んでいる方必見!!強くする方法をご紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ちょっとしたことですぐに鼻血が出たり、鼻水が止まらなくなったりして悩んでいる方は多いでしょう。そんな人は鼻の粘膜が弱い可能性があります。ですから、鼻の粘膜を強くすれば鼻血も出にくくなり、風邪もひきにくくなるでしょう。

そこで、今回は鼻の粘膜が弱い原因やその対処法をご紹介します。粘膜が弱いのは生まれつき、と思っている方もいるでしょう。しかし、日々の生活習慣や食生活のせいかもしれません。鼻の粘膜が弱くて困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 鼻の粘膜とは?
  2. 鼻の粘膜が弱まると起こる症状
  3. 鼻の粘膜が弱くなる原因は?
  4. 鼻の粘膜を強くする方法は?

1.鼻の粘膜とは?

鼻の粘膜とは、鼻の穴の中を覆っている湿り気を帯びた膜のことです。鼻粘膜は線毛(せんもう)と呼ばれる細かい毛がびっしりと生えています。また、鼻腺(びせん)と呼ばれる腺からは常に微量の粘液が放出されているのです。

この線毛や粘液は、吸いこんだ空気の中に混じっているほこりや細菌、さらに花粉などを取りのぞき空気を湿らす役目があります。ですから、鼻を通して器官に流れこむ空気は適度な湿り気があって清潔なのです。「口呼吸だと風邪をひきやすい」といわれるのは、気のせいではありません。口はもともと呼吸をする器官ではないのです。ですから、空気をそのまま気管に送りこんでしまうため、病原菌に感染しやすいでしょう。

12