鼻水の色で何がわかる? 原因と対処法を知ってスッキリしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「鼻をかんでも次々に鼻水が出てくる」という症状にお悩みではありませんか?
風邪を引きやすい季節になり、長く続く鼻水の症状を訴えている人も多いでしょう。
ところで、鼻水の色を意識したことはありますか?
透明、黄色、緑色など、そのときによって違いがあるでしょう。
鼻水の色によってその症状の原因が分かる場合もあるのです。

  • 鼻水の色が違うのはなぜ?
  • 色で鼻水の原因が分かるのか?
  • どう治療すべきなのか?

そんな人たちのために、鼻水の色が違う原因と体調の、治療法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 鼻水の色が違う原因は?
  2. 鼻水の色と体調の変化
  3. 鼻水の対処法や治療法
  4. まとめ

1.鼻水の色が違う原因は?

鼻水の色は大きく分けると透明、黄色、緑色があります。
それぞれの原因は何なのでしょうか。

1-1.透明の鼻水は風邪の初期症状

透明でサラサラな鼻水が止まらないときは、鼻をかむ前に勝手に垂れてきてしまうことが多いでしょう。
透明な鼻水の場合、ほとんどが風邪の初期症状です。
本格的に風邪を引く前の段階であり「これから風邪を引く」というサインだと思ってください。
原因は、鼻の粘膜に風邪のウイルスが付着してしまうこと。
そのウイルスを排除しようとするために鼻水が出てくるのです。
また、アレルギー症状の1つである可能性もあります。
鼻の粘膜に付着したアレルゲンを排除するために、透明の鼻水が出るのです。
アレルギー性鼻炎や花粉症、寒冷アレルギーなど種類はさまざま。
ただし、寒冷アレルギーの場合は、アレルゲンが原因ではありません。
気温の急激な変化に体がついていけず、透明な鼻水が出るのです。

1-2.黄色の鼻水は免疫が働いている証拠

細菌やウイルスが体内に侵入した際、死滅した白血球や免疫細胞が鼻水に含まれることがあります。
その場合、鼻水は黄色くなるのです。
つまり、黄色い鼻水は体の免疫が働いている証拠。
考えられる病気には、以下のようなものがあります。
まず、副鼻腔(びくう)炎。
細菌やウイルスの感染によって起こり、白血球や免疫細胞の死骸が鼻水に含まれることで黄色くなります。
また、アレルギー性鼻炎の場合も、鼻の症状が悪化すると鼻水が黄色くなるでしょう。
治りかけの風邪でも黄色い鼻水が出ることがありますが、短期間で改善します。
症状が長く続くようなら、耳鼻科を受診しましょう。

1-3.緑色の鼻水は副鼻腔(びくう)炎の可能性も

緑色の鼻水が出る場合、黄色の鼻水のときよりさらに副鼻腔(びくう)炎の可能性が高くなります。
膿(うみ)が増えることで黄色から緑色の鼻水に変化したのでしょう。
副鼻腔(びくう)炎とは、鼻の周辺にある副鼻腔(びくう)という場所が炎症を起こす病気です。
一般的には「蓄膿(ちくのう)症」と呼ばれることもあります。
風邪やインフルエンザの延長で発症することが多く、症状が3か月以上続く場合は「慢性副鼻腔(びくう)炎」という診断を受けることになるでしょう。

2.鼻水の色と体調の変化

最初は無色透明の鼻水が、風邪の症状に合わせて黄色から緑色に変化し、粘り気も増してきます。
また、緑色の鼻水が透明に変わってきたら「もうすぐ風邪が治る」というサインでしょう。
このように、鼻水は健康のバロメーターです。
普段から鼻水の色や様子を確認しておき、自分や子供の体調を知る手がかりにしてください。
注意点としては、どんな鼻水も決してすすってはいけません。
鼻水をすすると細菌やウイルスが耳の中に入り込んでしまう可能性があるのです。

3.鼻水の対処法や治療法

最後に、鼻水の対処法や治療法についてご紹介します。
気になる鼻水が出ている場合は、ぜひ参考にしてください。

3-1.体を温めて安静にする

透明で粘り気のない鼻水が出ている場合、風邪の初期症状や寒暖差による原因が考えられます。
対処法は、体を温めて安静にすること。
つまり、風邪が悪化しないように気をつけることが大切です。
寒さを感じていなくても上着を羽織るなどして温かくして過ごしましょう。
また、できるだけ体を動かさず、安静にして体力を維持してください。

3-2.鼻うがい

鼻うがいは、鼻に侵入した異物を洗い流すことができます。
細菌やウイルス、アレルゲンが原因の鼻水には大変効果があるでしょう。
「鼻に水を入れると痛そう」というイメージがあると思います。
しかし、正しい方法で行えば痛みはほとんどないでしょう。
まず、ぬるま湯に食塩を溶かしてください。
片方の鼻を指で押さえ、もう片方の鼻から食塩水を入れます。
このとき、飲み込んでしまわないように注意しましょう。
そして、食塩水を鼻から出します。
もう片方の鼻も同じ要領で行ってください。
最後に鼻を軽くかんで水分を出しましょう。
水分が残ったままだと炎症の原因になります。

3-3.水を口に含む

鼻水の対処法としてとても簡単なものが「水を口に含む」というもの。
口に水を含んでいると鼻水がなくなっていくことが分かるでしょう。
口に水を含むことで、鼻から出ようしている鼻水を喉に誘導することができるのです。

3-4.脇にものをはさむ

意外なことに、脇にものをはさむことで鼻水を止めることができるのです。
脇には自律神経が集中しており、ここを圧迫することで鼻水の分泌を抑制することができます。
ペットボトルなど、身近にあるものをはさんで試してみましょう。

3-3.副鼻腔(びくう)炎やアレルギーの場合は耳鼻科へ

副鼻腔(びくう)炎やアレルギー性鼻炎の場合は、自分で治すことはできません。
早めに耳鼻科を受診し、適切な治療を受けるようにしてください。
急性の副鼻腔(びくう)炎でも、途中で治療をやめてしまうと慢性へと移行することがあります。
医師の指示に従って、最後までしっかり治療してください。
多くは内服や吸入療法で治療しますが、あまりにも悪化すると手術が必要になる場合もあります。
自己判断は危険です。

4.まとめ

鼻水の色が違う原因についてご紹介しました。

  • 鼻水の色が違う原因は?
  • 鼻水の色と体調の変化
  • 鼻水の対処法や治療法

「鼻水が止まらなくて困っている」「鼻水の色が違う原因を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加