鼻づまりが中耳炎の原因になるって本当? その対処法や予防法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

中耳炎とは、鼓膜の内側にある中耳という部分が炎症を起こす病気です。主に子どもが発症しやすく、決して珍しい病気ではありません。しかし、放置しておくと聴力が低下する場合があります。中耳炎の原因は複数ありますが、その中でも鼻づまりが原因で中耳炎を発症する方が多いのです。

そこで、今回は鼻づまりで中耳炎が発症する原因や対処法をご紹介しましょう。

  1. 中耳炎とはどんな病気?
  2. 鼻づまりと中耳炎の関係
  3. 中耳炎を発症したら?
  4. 鼻づまりから中耳炎に移行するのを防ぐ方法
  5. 中耳炎と鼻づまりについてよくある質問

原因や対処法が分かれば、中耳炎を事前に予防することができます。中耳炎と鼻水の関係について詳しく知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


1.中耳炎とはどんな病気?

中耳炎とは、前述したように鼓膜の内側にある内耳が炎症を起こす病気です。急激に症状が出ることが特徴で、赤ちゃんや子どもがかかりやすい傾向にあります。赤ちゃんが急に機嫌が悪くなり、耳を気にする仕草を示す時は中耳炎を発症しているケースが多いのです。中耳炎の主な症状は

  • 強い痛み
  • 耳の聞こえにくさ
  • 膿の滲出

などがあります。重症になると鼓膜が勝手に破れて膿が外耳へと流れ出すこどもあるのです。中耳炎は適切な治療を受ければ、1~2週間で症状が改善します。しかし、治療せずに放っておいたり治療を途中でやめたりしてしまうと、聴力の低下を引き起こすこともあるのです。