鼻水が緑色で臭いがする。その原因と対処方法を解説します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

健康な時の鼻水は透明でさらさらとしており、鼻の穴から垂れてくることはほとんどありません。しかし、何らかの原因で鼻水が大量に出たり、鼻水に色や粘り気がつく場合があります。自然治癒するケースもありますが、耳鼻科・耳鼻咽喉科で治療が必要なことも多いのです。
今回は、鼻水が緑色っぽくになり、臭いがする場合の原因や治療方法を解説しましょう。

  1. 鼻水の役割や健康なときの状態
  2. 鼻水の色や量が変わる理由
  3. 緑色の鼻水が出る原因について
  4. 緑色の鼻水が出た場合の対処方法
  5. 緑色の鼻水に対するよくある質問

この記事を読めば、耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診する目安もよく分かるでしょう。緑色で粘ついた鼻水がよく出るという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.鼻水の役割や健康なときの状態

鼻水は、鼻粘膜を保護して外気に含まれているゴミや細菌を体内に入るのを防ぐ役割を担っています。ですから、料理からたちのぼる熱い湯気を吸い込んだ場合や、温かい部屋から急に寒い場所へ出た場合は、鼻水が出ることがあるのです。健康なときの鼻水は、水のようにさらさらとしています。私たちの体の中では毎日1L程度の鼻水が作られていますが、通常は鼻の奥から喉に向かって流れ落ちるため、鼻の穴から出てくることはほとんどありません。