緑色で臭いのある鼻水が出る・・・その原因と対処方法を解説

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

健康な時の鼻水は透明でさらさらとしており、鼻の穴から垂れてくることはほとんどありません。しかし、何らかの原因で鼻水が大量に出たり、鼻水に色や粘り気がつく場合があります。自然治癒するケースもありますが、耳鼻科・耳鼻咽喉科で治療が必要なことも多いのです。
今回は、鼻水が緑色っぽくになり、臭いがする場合の原因や治療方法を解説しましょう。

  1. 鼻水の役割や健康なときの状態
  2. 鼻水の色や量が変わる理由
  3. 緑色の鼻水が出る原因について
  4. 緑色の鼻水が出た場合の対処方法
  5. 緑色の鼻水に対するよくある質問

この記事を読めば、耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診する目安もよく分かるでしょう。緑色で粘ついた鼻水がよく出るという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.鼻水の役割や健康なときの状態

鼻水は、鼻粘膜を保護して外気に含まれているゴミや細菌を体内に入るのを防ぐ役割を担っています。ですから、料理からたちのぼる熱い湯気を吸い込んだ場合や、温かい部屋から急に寒い場所へ出た場合は、鼻水が出ることがあるのです。健康なときの鼻水は、水のようにさらさらとしています。私たちの体の中では毎日2〜4L程度の鼻水が作られていますが、通常は鼻の奥から喉に向かって流れ落ちるため、鼻の穴から出てくることはほとんどありません。

2.鼻水の色や量が変わる理由

鼻水の色や量が変わる主な原因には、アレルギー反応や細菌感染があります。アレルギー反応の場合は、アレルゲンを洗い流そうと水のような鼻水が大量に出るのです。一方細菌感染の場合は、黄色や緑色に鼻水が変化し、しかも粘り気が出てきます。細菌感染を起こすと、鼻水にウィルス・細菌・白血球の死骸などが混じるのです。これは、死んだ細菌などをいつまでも体内にとどめておかないための体の防衛反応であり、細菌や白血球の死骸が増えるほど鼻水の色は黄色~緑色へと変化していきます。

3.緑色の鼻水が出る原因について

緑色の鼻水が出る場合は、風邪や副鼻腔炎の可能性があります。前項で、感染症にかかると黄色や緑色の鼻水が出ると解説しましたが、細菌や白血球の死骸が増えるほど鼻水の色は緑色がかってくるのです。風邪の場合は、このまま放っておいても自然治癒する可能性があります。1週間~10日程度で鼻水が透明でさらさらになり、やがて出なくなったらほぼ治ったと考えましょう。

一方、副鼻腔炎の場合は、目の周りにある副鼻腔という空洞内で炎症が発症する病気です。これが慢性化すると、しつこい鼻づまりや頭痛・顔面痛・鼻水が臭うなどの症状を引き起こす可能性もあります。特に、鼻水の中に膿が混じるようになると臭いがひどくなるでしょう。

4.緑色の鼻水が出た場合の対処方法

この項では、緑色の鼻水が出た場合の対処方法や治療法などを解説します。どうすればよいのでしょうか?

4-1.緑色の鼻水が出た場合の対処方法

緑色の鼻水が出た場合は、鼻を片方ずつ丁寧にかみましょう。あまり思い切りかむと耳に悪影響がでます。また、両方一度にかむと、しっかりとかめません。さらに、鼻をすすりあげてしまっても、中耳炎や副鼻腔炎の原因となります。子どもの場合はうまく鼻がかめないので、緑色の鼻水が出た時点で一度耳鼻咽喉科や耳鼻科を受診しましょう。鼻水を吸ってもらえばかなり楽になります。また、薬局で販売されている鼻吸い器を使ってもよいでしょう。なお、鼻水を吸う処置は耳鼻科や耳鼻咽喉科でしか行えないので、赤ちゃんも小児科ではなく耳鼻科を受診してください。

4-2.日常生活で心がけること

緑色の鼻水が出ているということは、体内では細菌やウィルスと白血球が戦っています。ですから、暴飲暴食や夜更かしなどを避け、多めに睡眠を取りましょう。市販の風邪薬を使用してもよいのですが、薬を飲んでいるからといって無理をしないようにしてください。
子どもや赤ちゃんの場合は、念のために治るまで病院に通院したほうがよいでしょう。

4-3.耳鼻咽喉科・耳鼻科を受診する目安

緑色の鼻水が2週間以上治まらず、また改善の兆しも見えない場合は耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。副鼻腔炎を発症している可能性があります。副鼻腔炎は一般的には発症してすぐを急性副鼻腔炎、発症してから約3か月以上経過したものを慢性副鼻腔炎と呼んで区別しているのです。慢性化した副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれ、がんこな鼻づまり・頭痛・顔面痛・鼻水の臭いなどが症状として現れます。慢性副鼻腔炎は治療にも時間がかかりますので、急性の内に耳鼻咽喉科を受診し、治療しましょう。
耳鼻科・耳鼻咽喉科では鼻の状態を確認し、レントゲン検査を行えば、すぐに副鼻腔炎かそれ以外の病気かが分かります。

4-4.治療方法

急性副鼻腔炎の場合は、投薬による治療を行います。また、耳鼻科や耳鼻咽喉科内でネプライザーという噴霧器により、薬剤を鼻の中へ吸入する治療を受けることもあるでしょう。急性副鼻腔炎の場合は、投薬を2週間ほど行えば症状が改善します。慢性副鼻腔炎の場合は、投薬による治療が効果のない場合、病巣を切り取る手術を提案される場合があるでしょう。最近の手術は日帰りで行うことも可能なため、生活に支障も出にくくなっているのです。
なお、急性副鼻腔炎は何度も再発することがあります。緑色の鼻水が出た場合は、早めに耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診するとよいですね。

5.緑色の鼻水に対するよくある質問

Q.鼻水が緑色の場合は、熱がなくても安静にしておいたほうがよいでしょうか?
A.はい。安静にして回復を待ってください。

Q.子どもでも副鼻腔炎を発症することはあるのでしょうか?
A.もちろんです。赤ちゃんでも発症しますので、風邪をひいた場合は注意しましょう。

Q.緑色の鼻水が出たかからといって、必ずしも副鼻腔炎とはかぎらないのですか?
A.はい。しかし、副鼻腔炎を発症している可能性は限りなく高いでしょう。

Q.副鼻腔炎は自然治癒しませんか?
A.はい。自然治癒することはあまりありません。できるだけ早く病院を受診しましょう。

Q.副鼻腔炎を予防する方法はありますか?
A.風邪をひいた場合は、鼻水をすすり上げないようにしてください。また、こまめに鼻をかんで、死んだ細菌や白血球を外に出しましょう。

6.おわりに

いかがでしたか。今回は、鼻水が緑色になった場合の対処法や原因を解説しました。鼻水が青緑色のままならばまだよいのですが、臭いまでするようになると、副鼻腔炎が重症化している可能性があります。できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績