鼻水や鼻の奥が臭い?! 匂いの原因と改善方法を紹介

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼻水や鼻の奥から嫌な臭いがする、とお悩みではありませんか? 鼻水や鼻の奥からの臭いに悩んでいる方は意外と多く、原因によっては耳鼻咽喉科での適切な治療が必要です。

そこで今回は、鼻水や鼻の奥から臭いがする原因と対処法をご紹介しましょう。この記事で原因と対処法を知って、適切に処置してください。

  1. 鼻水や鼻の奥から臭いがする原因は?
  2. 鼻水の臭いをセルフチェックする方法
  3. 副鼻腔炎について
  4. 鼻水の臭いに関するよくある質問

1.鼻水や鼻の奥から臭いがする原因は?

はじめに、鼻水や鼻の奥から臭いがする原因を見ていきましょう。いったいなぜ鼻水が臭うのでしょうか?健康なときとの違いも合わせて紹介します。

1-1.健康な時の鼻水とは?

健康な時の鼻水は、無色透明でさらさらとしています。臭いもなく、作られた鼻水は鼻の奥から喉を伝って体内へ流れ落ちていくので、鼻水が鼻から出ることはあまりありません。

1-2.なぜ、鼻水に臭いがつくのか

鼻水に臭いがつく理由は、大きく分けて2つあります。

1つは、悪臭のする場所に長時間いた場合。この場合は、臭いが鼻水に移ってしまっているのです。ですから、悪臭がする場所から離れれば、徐々に臭いは治まっていくでしょう。

もう1つの原因は病気です。鼻水は、空気中のホコリやゴミ・ウィルスや細菌をからめとって体外に排出する役目を担っています。また、ウィルスや細菌・白血球の死骸を体内から体外へ排出する役目も担っているのです。そのため、体内で悪臭を放つ物質ができていると鼻水に混じって臭いを放つようになります。

1-3.臭いのする鼻水の特徴

健康的な鼻水が無色透明なのに対し、臭いがする鼻水は青緑色っぽくどろりとしています。粘度が高いため、鼻の中でつまってしまい、強く鼻をかまないと出てこないことも多いでしょう。

1-4.鼻水に臭いがつく病気とは?

鼻水に臭いがつく病気は大きく分けて2つあります。1つは、副鼻腔炎。鼻水に臭いがつく場合は、多くがこの病気です。副鼻腔炎は、鼻の周囲にある副鼻腔という空洞が炎症を起こす病気で、年齢や性別に関わらず発症します。風邪の菌が副鼻腔に侵入して炎症を起こす例も多く、風邪から副鼻腔炎に移行することも珍しくありません。

もう1つは、鼻の奥が何らかの原因で炎症を起こしている場合です。この場合は、炎症を起こしている部位から出る臭いが鼻水に移って臭います。炎症を起こす原因はたくさんあり、花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎でも、鼻の奥が炎症を起こすことがあるのです。この場合は、鼻水の色に変化はありません。透明な鼻水が臭うという場合は、炎症を起こしている可能性があります。

1-5.副鼻腔炎と普通の風邪との違い

鼻風邪を引いても、鼻水が黄色っぽくなり粘度が増します。副鼻腔炎と区別がつかないのでは? と思う方もいるでしょう。風邪の場合は、咳・喉の痛み・発熱などの症状が併せて出ることが多いのです。粘度の高い色がついた鼻水だけが出続ける場合は、副鼻腔炎の可能性があります。風邪は治ったのに鼻水だけがいつまでも出続ける場合は、風邪から副鼻腔炎へ移行していることが多いのです。

2.鼻水の臭いをセルフチェックする方法

鼻水の臭いをセルフチェックすることは、意外と難しいことです。副鼻腔炎を発症していると、鼻がつまって臭いが分からなくなります。アレルギー性鼻炎や鼻の奥に炎症が起きている場合も、臭いが分かりにくくなるでしょう。家族がいれば、家族に頼んで臭いをチェックしてもらってください。協力してくれる人がいない場合は、鼻水の粘度や色に注目しましょう。

  • 鼻水の色が黄色、もしくは青緑色
  • 鼻水は透明だが血液が混じることが多い
  • 鼻水の粘度が高く鼻がつまる
  • 鼻水の量が多い

このような場合は、鼻水が臭っている可能性があります。

3.副鼻腔炎について

この項では、副鼻腔炎という病気について治療法や耳鼻科に行くタイミングと共にご紹介します。どのような病気なのでしょうか?

3-1.副鼻腔炎という病気

副鼻腔炎は、前述したように副鼻腔という鼻の周りにある空洞が炎症を起こす病気です。発症して3週間目までのものは急性副鼻腔炎、それ以上症状が続いている場合は慢性副鼻腔炎と診断されます。

副鼻腔炎の症状は、前述した鼻水の他に粘膜の腫れなどです。特に、慢性副鼻腔炎になると副鼻腔と鼻をつないでいる排泄路が粘膜の腫れによって塞がってしまい、副鼻腔の中に膿がたまりやすくなります。そのため、慢性副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれているのです。

3-2.副鼻腔炎になると鼻水や鼻の奥が臭うのはなぜ?

副鼻腔炎でも、急性の場合はそれほど鼻水に臭いはありません。慢性になると副鼻腔に溜まった膿が臭い出すのです。鼻水と膿が混じれば鼻水が臭いますし、副鼻腔に溜まった膿の臭いが鼻の奥から漂ってくることもあります。そのため、鼻息が臭くなることもあるのです。

3-3.副鼻腔炎を放置しておく危険性

鼻水はごくありふれた体の不調です。鼻水が出たくらいで耳鼻咽喉科を受診する方は少ないでしょう。しかし、副鼻腔炎を発症すると自然に治癒するケースはわずかです。急性から慢性へ移行してしまうと、治療にも時間がかかります。さらに、鼻づまりや鼻水が臭う以外に頭痛や集中力の低下・顔面痛などの症状が出ることもあるのです。

3-4.副鼻腔炎かな? と思ったら

風邪が原因の鼻水であれば、1~2週間すれば症状が治まります。粘度が高く黄色っぽい鼻水が2週間以上出続け、改善する兆しがない場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。赤ちゃんでも副鼻腔炎は発症します。小児科では見逃されることがありますので、必ず耳鼻咽喉科を受診してください。

3-5.副鼻腔炎の治療方法

副鼻腔炎の治療方法は、投薬治療が中心です。炎症を抑え、鼻水を減らしていく薬が処方されることが多いでしょう。また、耳鼻咽喉科では、ネブライザーという機械で薬を直接鼻に噴霧したり、鼻水を吸い取ったりする治療をうけます。

慢性化した重度の副鼻腔炎の場合は、排泄路を開放して病巣粘膜を取り除く手術をすすめられることもあるでしょう。病院によっては日帰り手術を行ってくれるところもあります。

3-6.耳鼻咽喉科の選び方

慢性副鼻腔炎に悩み、手術を考えている方は手術の症例が多い病院がおすすめです。今はサイトを開設している病院もたくさんありますから、一度気になる病院のサイトをチェックしてみましょう。

4.鼻水の臭いに関するよくある質問

Q.悪臭の漂う場所にいたことで鼻水に臭いが移った場合は、どうしたらよいでしょうか?
A.時間が経つにつれて臭いは消えていきますが、気になる場合は鼻から水を入れて口から出す鼻うがいをしてみましょう。臭いのついた鼻水が洗い流されます。

Q.副鼻腔炎は必ず風邪から移行するのでしょうか?
A.風邪以外の感染症が原因で発症することもあります。ごくまれにですが、虫歯菌が原因で発症することもあるのです。

Q.副鼻腔炎は再発しますか?
A はい、治っても再発する可能性がある病気です。

Q.市販薬で副鼻腔炎は治りますか?
A.市販薬で完全に治すのは難しいでしょう。耳鼻咽喉科を受診してください。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は鼻水や鼻の奥から臭いがする原因をご紹介しました。自分から出る臭いというのは、なかなか気づきにくいものです。人から指摘されてようやく気がつくケースも多いことでしょう。悪臭が漂う場所に行ったわけでもないのに鼻水が臭うというのは、鼻に異常が起きている証でもあります。できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診してください。