透明でさらさらした鼻水が出る原因は? 止め方や予防方法を徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

透明でさらさらとした鼻水が止まらない。そんな悩みを抱えている方はいませんか? 私たちの体の中では、毎日約1〜2リットルの鼻水が作られています。ですから、鼻水が出てくること自体に問題はありません。しかし、ひんぱんに鼻をかまなければならないほど鼻水が出続けるのは、病気の可能性があります。

そこで、今回は透明な鼻水が止まらない原因と対処法をご紹介しましょう。

  1. 鼻水とは?
  2. さらさら鼻水が出た時の対処法
  3. アレルギー性鼻炎と診断されたら?
  4. さらさら鼻水に悩んでいる方のよくある質問

原因が分かれば、病院へ行くべき目安も付けやすく、早く対処できます。さらさらとした鼻水がしょっちゅう出て困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.鼻水とは?

鼻水の対処法をご紹介する前に、鼻水の役割や種類などをご紹介します。鼻水は何のためにあるのでしょうか?

1-1.鼻水の役割や成分とは?

鼻水は、鼻の中で作られる水を主成分とした体液です。前述したように健康な人でも毎日約1リットルの鼻水が出ます。鼻水は、鼻の中に入った微細なゴミや細菌・ウィルスといった異物を押し流す役目を担っているのです。健康な場合、作られた鼻水は喉を通って体内へ流れ落ちていくので、鼻から出てくることはあまりありません。

1-2.鼻水の状態について

健康な人の鼻水は、前述したようにさらさらしています。細菌やウィルスなどの感染症にかかると、白血球との戦いが始まり、細菌やウィルスと白血球の死骸によって鼻水は粘度を増すのです。感染期間が長くなってくると、鼻水の中に含まれる死骸が増えて鼻水に黄色いっぽい色がついてきます。

1-3.さらさらとした鼻水が出続ける原因とは?

1-3-1.外気温の変化

温かい室内から急に寒い戸外へ出たり、逆に湯気などの温かい空気を急に吸いこんだりすると体を守るために鼻水が大量に出ます。これは、しばらくすれば治まることがほとんどです。

1-3-2.アレルギー症状

花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎を発症すると、体がアレルゲンを押し流そうとさらさらとした鼻水を大量に出します。アレルギーは細菌やウィルスが原因ではないので、鼻水が粘ることはほとんどありません。この場合、アレルゲンがなくならない限り鼻水が出続けます。

1-3-3.風邪のひきはじめ

風邪のひきはじめも、粘り気のなくさらさらとした鼻水が出ます。急性鼻炎(鼻風邪)を発症した場合は特にそれが顕著です。風邪の場合は、一定の期間を経ると鼻水が粘り気を増していきます。

2.さらさら鼻水が出た時の対処法

この項では、さらさら鼻水が出た場合の対処法をご紹介します。やってはいけないことなどはあるのでしょうか?

2-1.鼻水の様子を観察する

さらさらとした鼻水は、前述したように病気や外的要因で増えます。ですから、まずは鼻水の様子を観察しましょう。外気の影響だった場合は、それほど時間はかからずに治まります。風邪の場合はやがて鼻水が粘り気を帯びてくるでしょう。アレルギー性鼻炎の場合は、時間がたっても鼻水が治まることはありません。専門の治療が必要です。

鼻水が出ている間は、すすりこまずにしっかりとかみましょう。ただし、両方の鼻を一度にかむと鼻水が取りきれず、鼻をすする原因となります。鼻をかむばあいは片方ずつかむように心がけてください。鼻水が奥に残っている場合は、鼻から水を入れて口から出す鼻うがいがおすすめです。

2-2.アレルギー性鼻炎か風邪かを区別する基準

風邪が原因で水っぽい鼻水が出る場合は、咳や喉の痛みなどの症状が併発することが多いでしょう。アレルギーが原因の場合は、目のかゆみや湿疹が現れることがあります。アレルギーが原因の鼻水というと花粉症が真っ先にイメージされますが、花粉以外でもアレルギーは発症するのです。

2-3.病院を受診する

さらさらした鼻水が1週間以上続き、全く改善する様子が見られない場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。単なる風邪でも子どもや高齢者の場合は重症化することがあります。アレルギーの場合は、アレルゲンを特定して対処しない限り自然治癒することはありません。まずは耳鼻咽喉科を受診しましょう。子どもの場合も同様です。

2-4.休養を取る

風邪や急性鼻炎が原因でさらさらした鼻水が出る場合は、体を休めて回復に務めましょう。「たかが風邪」と無理をしていると、鼻の周囲にある副鼻腔が炎症を起こす副鼻腔炎に移行することもあります。副鼻腔炎になると自然治癒しにくくなり、慢性化すると蓄膿症とも呼ばれる厄介な慢性副鼻腔炎になるのです。

休養中は部屋の湿度を40%~60%に保つように心がけると、風邪が早く治りやすいでしょう。

2-5.やってはいけないこと

鼻水が大量に出ると、日常生活にも支障が出る場合があります。特に、仕事で人と頻繁に会うという方は困るでしょう。今は鼻水を止める効果がある点鼻薬が市販されています。しかし、この点鼻薬を乱用すると鼻の粘膜が過剰に乾くドライノーズという症状が起きることがあるのです。ドライノーズになると、鼻の中の痛みや不快感・鼻血などの症状が出ます。点鼻薬を使う場合は用法・用量を守って使いましょう。

子どもの場合は鼻をかまずにすすりこんでしまいがちですが、鼻をすすり続けていると急性中耳炎を発症する場合があります。鼻が上手にかめない子どもの場合は、親が鼻吸い器で吸ってあげるとよいでしょう。

3.アレルギー性鼻炎と診断されたら?

この項では、アレルギー性鼻炎だと診断された場合の治療法やセルフケアの方法などをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.医師の指示通り服薬等を行う

アレルギー性鼻炎は、アレルゲンが取り除かれない限り完治することはありません。しかし、アレルギー性鼻炎の原因となるアレルゲンは、花粉やハウスダストなど完全に除去するのが難しいものがほとんどです。ですから、投薬などで症状をやわらげていくのが一般的な治療法となります。特に花粉症は色々な民間療法も出回っていますが、まずは医師から指示されたことをしっかりと守りましょう。

3-2.掃除等の方法を変える

ハウスダストや花粉はとても細かく、目には見えません。しかし、掃除機で吸い取ることはできます。アレルギー性鼻炎と診断されたら掃除をこまめに行い、家の中にほこりをためておかないようにしましょう。ペットがいる場合は、毛の手入れを頻繁に行ったりペットが嫌がらなければ服を着せたりして毛が飛び散るのを防ぎます。毛足の長いじゅうたんやインテリアは取り除いた方がよいでしょう。

3-3.重症化した場合は鼻の粘膜を焼くなどの治療も視野に入れる

重篤なアレルギー性鼻炎の場合は、薬が効きにくいこともあります。この場合は、鼻の粘膜を焼く手術がすすめられることもあるでしょう。鼻の粘膜をレーザーやラジオ波で焼くと、粘膜が変質してアレルギー症状が出にくくなります。薬を可能な限り控えたい妊婦にもおすすめの治療法です。手術は10分~20分で終わり、日帰りで行えます。

3-4.子どもの場合

低年齢の子どもの場合は、親が服薬指導を行い適度に鼻吸いなどをしてあげてください。現在は花粉症の発症年齢が低下しており、2~3歳で発症した例もあります。子どもは鼻水が出やすいものですが、おかしいなと思ったらすぐに耳鼻咽喉科を受診しましょう。赤ちゃんの場合も同様です。

3-5.耳鼻咽喉科選びのポイント

耳鼻咽喉科にはそれぞれ治療を得意としている病気があります。アレルギー性鼻炎の治療を行いたい場合は、治療実績が豊富で通いやすい耳鼻咽喉科を選びましょう。今はサイトを開設している耳鼻咽喉科も多いですから、参考にしてください。

4.さらさら鼻水に悩んでいる方のよくある質問

Q.急性鼻炎と風邪の違いがよく分かりません。
A.急性鼻炎とは、急激に症状が出る鼻炎のことで風邪を発症させるウィルスや細菌が原因であることがほとんどです。つまり、鼻風邪とほぼ同義語になります。

Q.生まれてすぐの新生児にアレルギー症状が出ることはあるのでしょうか?
A.新生児がアレルギー性鼻炎になる例はごくまれですが皆無ではありません。気になる症状がある場合は医師に相談してください。

Q.ある日突然アレルギー性鼻炎を発症することはあるのでしょうか?
A.はい、十分にありえます。ですから、今までアレルギーがなかった方も油断してはいけません。

Q.花粉症を抑えるお茶や健康食品は効果があるのでしょうか?
A.花粉症の症状を抑えるお茶や健康食品は、症状を出にくくする効果が期待できます。しかし、長期間服用する必要があるので、花粉症になってから摂取しても急に効果がでることはありません。

Q.花粉症が完治することはあるのでしょうか?
A.現在のところそのような例は大変少ないので、過度に期待をしない方がいいですね。薬や手術などで症状を抑えながら付き合っていく病気と認識してください。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回はさらさら鼻水が出る原因や対処法をご紹介しました。「たかが鼻水」と思われがちですが、アレルギー性鼻炎は治療を受けない限り自然治癒することはありません。1週間以上症状が続く場合は病院へ行きましょう。単なる風邪でも子どもの場合は急性中耳炎などを併発しやすいので病院にかかったほうが安心です。かかりつけの耳鼻咽喉科を一か所作っておくと便利でしょう。