鼻水・鼻づまり・微熱が続く原因とは? 対策方法と共に紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼻水がでたり鼻づまりになったりして微熱が出る。このような症状が続くと風邪だと思う方が多いでしょう。鼻水・鼻づまり・微熱は風邪の代表的な症状です。しかし、風邪以外にも鼻水と微熱が症状として現れる病気もたくさんあります。風邪だろうと楽観していると病気が進行して大変なことになるかもしれません。

そこで、今回は鼻水や鼻づまり・微熱が続く原因と対処法をご紹介しましょう。

  1. 鼻水や微熱が出るメカニズム
  2. 鼻水と微熱が同時に出やすい病気
  3. 鼻水と微熱が続く場合の対処法
  4. 鼻水と微熱が続く場合のセルフケア
  5. 鼻水と微熱を何とかしたい方のよくある質問

風邪以外の原因が分かれば、いざという時もすぐに対処できます。鼻水や鼻づまり・微熱に悩んでいる方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.鼻水や微熱が出るメカニズム

はじめに、鼻水や微熱が出るメカニズムなどをご紹介します。どのような時に鼻水や微熱が出やすくなるのでしょうか?

1-1.鼻水が出るメカニズム

私たちの体は、毎日約1〜2リットルの鼻水を作っています。鼻水は鼻の粘膜を保護し、空気と共に入ってくる細菌やウィルス・小さなゴミを体外へ押し流す役割を担っているのです。さらに、鼻の中に入ってくる空気が熱すぎたり冷たすぎたりしても鼻の粘膜を守るために鼻水が増えます。健康な人の鼻水はほぼ水分なので、余分な鼻水は喉の奥を伝って体内に流れ落ちていくのです。

1-2.病気になった時の鼻水とは?

風邪をはじめとする感染症にかかったりアレルギーを発症したりすると、鼻水が増えます。感染症もアレルギーも、最初は体が侵入した異物を追い出そうとするため、透明でさらさらとした鼻水が大量に出るのです。その後、感染症の場合は細菌やウィルス・白血球の死骸が鼻水に混じるので、粘度がでて黄色っぽくなってきます。このような粘度を増した鼻水がたくさん出ると、鼻づまりになるのです。

アレルギー性鼻炎の場合は、体がアレルゲンを押し流そうとするために透明でさらさらした鼻水が大量に出続けます。感染症が治まったりアレルギー症状が緩和したりすると、鼻水も少なくなるでしょう。

1-3.微熱が出るメカニズム

私たちの体温は、常時36度~37度の間に保たれています。が、細菌やウィルスなどが体内に入ると、体は体温を上げてこれらを撃退しようとするのです。これが、微熱が出るメカニズムになります。なお、微熱というと37度5分程度をイメージされる方が多いのですが、医学的には38度までが微熱です。

1-4.微熱と鼻水が一緒に出やすい理由

鼻水も微熱も体にとって有害なものを排出するために体が起こす防御反応です。ですから、風邪をはじめとする感染症にかかると鼻水と微熱がセットになって出やすくなります。この他、気管に入った異物を排出するために起こる咳も、一緒に出ることが多いでしょう。

2.鼻水と微熱が同時に出やすい病気

この項では、鼻水と微熱が同時に症状として現れやすい病気をご紹介します。風邪以外にはどのような病気があるのでしょうか?

2-1.風邪

鼻水と微熱が同時に出る最も身近な病気といえば、風邪です。風邪にも様々な症状がありますが、まず鼻水が咳などと一緒に出てきてから熱が上がっていくというケースが多いでしょう。風邪をひきはじめた頃は、鼻水は透明でさらさらしています。症状が進むにつれて病原菌の数が増えてくるので、粘度が増し、色も黄色っぽくなってくるのです。

風邪をひいたら、まずは体を休めましょう。2~3日休養して熱が下がって鼻水が治まるようなら大丈夫です。子どもの場合は鼻水をすすってしまうことにより急性中耳炎を発症することもあるので、鼻水がたくさんでているようなら耳鼻咽喉科を受診しましょう。鼻水を吸ってくれます。

熱は下がったけれど鼻水だけがいつまでも出続ける場合は、副鼻腔炎を発症している可能性がありますので、耳鼻咽喉科を受診してください。副鼻腔炎が慢性化すると蓄膿症とも呼ばれる厄介な病気になります。

2-2.副鼻腔炎

副鼻腔炎とは、鼻の横にある副鼻腔という空洞が炎症を起こす病気です。風邪から移行することも多く、年代や性別問わずに発症します。黄色く膿のような鼻水がたくさん出るのが特徴で、前述したように慢性化すると非常に厄介な病気です。頭痛や顔面痛などを伴うことも多いので、熱が下がっても鼻水が1週間以上出続けるようでしたら耳鼻咽喉科を受診しましょう。

2-3.アレルギー性鼻炎

花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎も、鼻水と一緒に微熱が出ることがあります。アレルギー性鼻炎の場合は、前述したように水のような鼻水が大量にで出るのが特徴です。アレルギー性鼻炎の場合は、自然治癒する可能性はほとんどありません。また、ある日突然発症することもあります。

2-4.インフルエンザ

インフルエンザというと、38度を超える高熱が出る病気というイメージがありますが、インフルエンザB型の場合は熱があまり上がりません。人によっては、平熱のままということもあります。そのため、風邪と間違えやすいのですが、無理をして出社したり学校へ行ったりすると感染を広めてしまうこともあるでしょう。インフルエンザB型の場合は胃腸の具合が悪くなるケースもありますので、微熱・鼻水・腹痛・下痢といった症状が出たら、耳鼻咽喉科を受診してください。

2-5.肺炎や気管支炎

肺炎や気管支炎といった呼吸器官が炎症を起こした場合も、微熱と鼻水が出ます。風邪から移行することも多く、鼻水や微熱の他に痰が絡む咳も症状として現れるのが特徴です。高齢者や幼児が肺炎にかかると重篤な状態になることもあるので、早めの治療が大切になります。風邪がなかなか治らず、微熱や咳が続く場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。

3.鼻水と微熱が続く場合の対処法

この項では、鼻水と微熱が続く場合の対処法をご紹介します。どんな治療をするのでしょうか?

3-1.病院を受診する目安

単なる風邪の場合は、熱が出ても2~3日で症状が回復に向かいます。1週間もすれば鼻水も治まるでしょう。つまり、1週間微熱が続いて鼻水が治まる気配がない場合は、耳鼻咽喉科を受診してください。子どもや高齢者の場合は、症状が重篤化するスピードが速いので、3日以上熱が続く場合は受診をした方がよいでしょう。

3-2.検査方法や治療方法

微熱と鼻水が出る病気はたくさんあるため、レントゲン検査や鼻水の検査などを行って病気を特定します。子どもの場合は、耳の中の状態も見てもらいましょう。急性中耳炎を発症している可能性があります。水のような鼻水が出続けている場合はアレルギー検査をしてアレルゲンの特定をしてから治療に移るのが一般的です。

治療は、投薬を中心に行われます。医師の指示に従って服薬しましょう。自己判断で服薬をやめてはいけません。また、どの病気も症状が治まるまでは、安静にしていましょう。

3-3.手術をすすめられる場合とは?

重いアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の場合は、鼻の粘膜を焼いて鼻水を出にくくする手術をすすめられることもあります。レーザーやラジオ波で鼻の粘膜を焼く簡単なもので、15分以内に終了するため入院の必要はありません。仕事や育児をしながらでも受けられます。

4.鼻水と微熱が続く場合のセルフケア

この項では、鼻水と微熱が続く場合のセルフケアをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

4-1.休養を取る

たかが微熱と鼻水とあなどって無理をしていると症状が悪化します。熱が下がり鼻水がある程度治まるまでは休養しましょう。アレルギー性鼻炎の場合は、薬で症状が緩和すれば熱も下がってきます。

4-2.外出時にはマスクを着ける

マスクには保湿効果が期待できます。また、花粉症対策用のマスクをすれば、アレルギー性鼻炎の症状を緩和する効果が期待できるのです。

子どもがマスクを嫌がる場合は、子供向けのキャラクターが付いたマスクを利用するなど工夫をしてみてください。

4-3.ビタミン類を多めにとる

ビタミンCやB群は体の抵抗力を高めてくれます。ですから、果物や野菜などビタミン類がたくさん含まれているものを意識して取りましょう。冷凍フルーツを使えば、1人暮らしでも果物をたくさん食べられます。

4-4.鼻のかみ方

鼻を両方一度にかもうとするとかみ残しが出やすいです。鼻は片方ずつかみましょう。子どもの場合はうまく鼻がかめないので、親が鼻吸い器などですってあげるといいですね。

4-5.やってはいけないこと

微熱とはいえ無理に熱を下げようとすると、別の不具合が出てきます。解熱剤の使用は必要最低限にして、休養を取りましょう。

5.鼻水と微熱を何とかしたい方のよくある質問

Q.インフルエンザの予防接種をしていても発症することはあるのでしょうか?
A.予防接種は今年流行しそうなインフルエンザの型を予想して作られます。そのため、予防接種と型が違うインフルエンザは、予防接種を受けていても発症するのです。予防接種を過信しないようにしましょう。

Q.花粉症が急に発症することはありますか?
A.はい、ある年から急に発症して耳鼻咽喉科に駆け込む方も多いですよ。

Q.気管支炎や肺炎をすぐ治す方法はありますか?
A.ほぼないといってよいでしょう。休養が一番ですので無理をしないように心がけてください。

Q.高齢者の肺炎や気管支が重篤化しやすいのはなぜでしょうか?
A.高齢者になると体の抵抗力が落ち、肺や気管支の機能も弱っているケースも多いため、重篤化しやすいのです。

Q.インフルエンザA形にかかったた後でB型にかかることはありますか?
A.あります。型の違うインフルエンザが同時に流行している場合は要注意です。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は鼻水と微熱が同時に出る原因や対処法をご紹介しました。微熱も、平熱が36度台前半の方にとってはつらく感じることもあります。無理をせずに体を休めてください。子どもの場合は平熱が高いので、微熱でも機嫌がよいこともあります。しかし、だからといって無理をさせてはいけません。医師の許可が出るまで安静にさせていましょう。成人の場合も同様です。無理をして気管支炎や肺炎に移行すれば、完治までに時間がかかります。