鼻水・鼻づまり・微熱が続く原因は? 対策方法と共に紹介します。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼻水がでたり鼻づまりになったりして微熱が出る。このような症状が続くと風邪だと思う方が多いでしょう。鼻水・鼻づまり・微熱は風邪の代表的な症状です。しかし、風邪以外にも鼻水と微熱が症状として現れる病気もたくさんあります。風邪だろうと楽観していると病気が進行して大変なことになるかもしれません。

そこで、今回は鼻水や鼻づまり・微熱が続く原因と対処法をご紹介しましょう。

  1. 鼻水や微熱が出るメカニズム
  2. 鼻水と微熱が同時に出やすい病気
  3. 鼻水と微熱が続く場合の対処法
  4. 鼻水と微熱が続く場合のセルフケア
  5. 鼻水と微熱を何とかしたい方のよくある質問

風邪以外の原因が分かれば、いざという時もすぐに対処できます。鼻水や鼻づまり・微熱に悩んでいる方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.鼻水や微熱が出るメカニズム

はじめに、鼻水や微熱が出るメカニズムなどをご紹介します。どのような時に鼻水や微熱が出やすくなるのでしょうか?

1-1.鼻水が出るメカニズム

私たちの体は、毎日約1〜2リットルの鼻水を作っています。鼻水は鼻の粘膜を保護し、空気と共に入ってくる細菌やウィルス・小さなゴミを体外へ押し流す役割を担っているのです。さらに、鼻の中に入ってくる空気が熱すぎたり冷たすぎたりしても鼻の粘膜を守るために鼻水が増えます。健康な人の鼻水はほぼ水分なので、余分な鼻水は喉の奥を伝って体内に流れ落ちていくのです。

1-2.病気になった時の鼻水とは?

風邪をはじめとする感染症にかかったりアレルギーを発症したりすると、鼻水が増えます。感染症もアレルギーも、最初は体が侵入した異物を追い出そうとするため、透明でさらさらとした鼻水が大量に出るのです。その後、感染症の場合は細菌やウィルス・白血球の死骸が鼻水に混じるので、粘度がでて黄色っぽくなってきます。このような粘度を増した鼻水がたくさん出ると、鼻づまりになるのです。

アレルギー性鼻炎の場合は、体がアレルゲンを押し流そうとするために透明でさらさらした鼻水が大量に出続けます。感染症が治まったりアレルギー症状が緩和したりすると、鼻水も少なくなるでしょう。

1-3.微熱が出るメカニズム

私たちの体温は、常時36度~37度の間に保たれています。が、細菌やウィルスなどが体内に入ると、体は体温を上げてこれらを撃退しようとするのです。これが、微熱が出るメカニズムになります。なお、微熱というと37度5分程度をイメージされる方が多いのですが、医学的には38度までが微熱です。

1-4.微熱と鼻水が一緒に出やすい理由

鼻水も微熱も体にとって有害なものを排出するために体が起こす防御反応です。ですから、風邪をはじめとする感染症にかかると鼻水と微熱がセットになって出やすくなります。この他、気管に入った異物を排出するために起こる咳も、一緒に出ることが多いでしょう。