鼻水を止める方法は? 根本的に治すには原因を知ることが大切!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風邪や花粉症などで鼻水が止まらないとこともあるでしょう。
仕事中に鼻水が止まらなくなると厄介ですね。
特に、人と会うときは鼻水を止めたいもの。そこで、今回は鼻水を止める方法をご紹介します。
急いで鼻水を止めたいという場合は、ぜひ実践してみてください。
また、鼻水が止まらなくなる原因などもご紹介しましょう。
鼻水はありふれた体の不調ですが、放っておくと厄介なことになる場合もあるのです。
鼻水が止まらなくて困っているという人や鼻水を止めたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 鼻水が止まらなくなる原因とは?
  2. 鼻水を止める方法とは?
  3. 病院に行くのが一番
  4. 鼻水が出始めたら、早寝早起きを心がけよう
  5. 漢方薬の効果は期待できる?
  6. おわりに

1.鼻水が止まらなくなる原因とは?

まず始めに、鼻水が止まらなくなる原因をご紹介します。
鼻水は風邪の代表的な症状ですが、それ以外にも鼻水が止まらなくなる原因もあるのです。

1-1.風邪

鼻水が止まらなくなる、最も代表的な原因です。
風邪をひくとウィルスや細菌が鼻の粘膜に付きます。
これを洗い流すために鼻水がたくさん出るのです。
また、風邪をひくと鼻水が黄色っぽくなりドロドロとしてくるでしょう。
これは、死滅した細菌やウィルス、白血球の死骸なのです。
さらに、風邪をひくと粘膜がはれて鼻がつまりやすくなるでしょう。

1-2.副鼻腔炎(ふくびくうえん)

副鼻腔(ふくびくう)とは、鼻の周囲にある空洞のことです。
ここに風邪の細菌やウィルスが入りこむと炎症を起こして膿(うみ)がたまります。
風邪をひいたときに発症する場合が多く、大部分は風邪が治ると同時に炎症も収まるでしょう。
しかし、ときには炎症がなかなか収まらず、鼻腔に膿(うみ)がたまり続けることもあります。
これが慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)という病気です。
一昔前は、「蓄のう症」ともいいました。
この病気になると、風邪が治っても鼻水が止まらず、鼻づまりも治りません。

1-3.アレルギー性鼻炎

アレルギーの症状のひとつとして、鼻水があります。
特に、花粉のアレルギー(花粉症)になると、花粉が飛び交う季節は鼻水が止まらなくなることは珍しくないのです。
また、花粉以外にもハウスダストや食品類などでアレルギーを発症すると鼻水が止まらなくなる場合があります。
そばや羽毛、など意外なものがアレルゲンとなる場合もあるのです。