鼻水を止める方法は? 根本的に治すには原因を知ることが大切!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

風邪や花粉症などで鼻水が止まらないとこともあるでしょう。仕事中に鼻水が止まらなくなると厄介ですね。特に、人と会うときは鼻水を止めたいもの。

そこで、今回は鼻水を止める方法をご紹介します。急いで鼻水を止めたいという場合は、ぜひ実践してみてください。

また、鼻水が止まらなくなる原因などもご紹介しましょう。鼻水はありふれた体の不調ですが、放っておくと厄介なことになる場合もあるのです。鼻水が止まらなくて困っているという人や鼻水を止めたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 鼻水が止まらなくなる原因は?
  2. 鼻水を止める方法は?
  3. 病院に行くのが一番
  4. 鼻水が出始めたら早寝早起きを心がけよう
  5. 漢方薬の効果は期待できる?

1.鼻水が止まらなくなる原因は?

まず始めに、鼻水が止まらなくなる原因をご紹介します。鼻水は風邪の代表的な症状ですが、それ以外にも鼻水が止まらなくなる原因もあるのです。

1-1.風邪

鼻水が止まらなくなる、最も代表的な原因です。風邪をひくとウィルスや細菌が鼻の粘膜に付きます。これを洗い流すために鼻水がたくさん出るのです。

また、風邪をひくと鼻水が黄色っぽくなりドロドロとしてくるでしょう。これは、死滅した細菌やウィルス、白血球の死骸なのです。さらに、風邪をひくと粘膜がはれて鼻がつまりやすくなるでしょう。

1-2.副鼻腔炎(ふくびくうえん)

副鼻腔(ふくびくう)とは、鼻の周囲にある空洞のことです。ここに風邪の細菌やウィルスが入りこむと炎症を起こして膿(うみ)がたまります。風邪をひいたときに発症する場合が多く、大部分は風邪が治ると同時に炎症も収まるでしょう。しかし、ときには炎症がなかなか収まらず、鼻腔に膿(うみ)がたまり続けることもあります。

これが慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)という病気です。一昔前は、「蓄のう症」ともいいました。この病気になると、風邪が治っても鼻水が止まらず、鼻づまりも治りません。

1-3.アレルギー性鼻炎

アレルギーの症状のひとつとして、鼻水があります。特に、花粉のアレルギー(花粉症)になると、花粉が飛び交う季節は鼻水が止まらなくなることは珍しくないのです。

また、花粉以外にもハウスダストや食品類などでアレルギーを発症すると鼻水が止まらなくなる場合があります。そばや羽毛、など意外なものがアレルゲンとなる場合もあるのです。

鼻水が止まらなくなる原因はいろいろあるんですね。
はい。個人では特定が難しいので、長期間鼻水が止まらない場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

2.鼻水を止める方法は?

では、鼻水を止めたい場合はどうしたらよいのでしょうか? この項では、鼻水を止める方法の一例をご紹介します。ただし、この方法は鼻水を根本的に止める方法ではありません。あくまでも一時的なものです。

2-1.蒸しタオルを鼻に当てる

お風呂に入ると鼻がとおる、という経験をしたことがある方は多いでしょう。温かい湯気を鼻に当てると鼻水が止まりやすいのです。ですから、熱いお湯にひたしたりレンジで温めてつくった蒸しタオルを5分程度鼻に当てましょう。鼻水が止まりやすくなります。ヤケドに注意して行ってください。

2-2.わきの下にペットボトルをはさむ

わきの下にペットボトルをはさむと、鼻の粘膜にある血管が収縮して鼻のとおりがよくなります。ペットボトルは500mlのものがはさみやすいでしょう。力を入れてギュッとはさむのがコツです。

2-3.ハッカオイルを垂らしたマスクをする

ハッカオイルには、鼻をとおす効果があります。ハッカオイルを少量マスクの内側にスプレーして、しばらくマスクをしていましょう。そうすれば、鼻がとおりやすくなります。

鼻水を止める応急処置も複数あるんですね。
必ず効果があるわけではありませんが、やってみる価値はあります。

3.病院に行くのが一番

いかがですか?このような方法を用いれば、鼻水を一時的に止められます。しかし、前述したようにこれでは根本的な解決にはなりません。鼻水を止めたい場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。「たかが鼻水くらいで?」と思うかもしれません。しかし、単純に風邪が原因の鼻水ならば、1週間もすれば治まります。

2週間以上鼻水が止まらず、しかもほかの症状は治っているという場合は、副鼻腔炎(ふくびくうえん)が慢性化しつつあるかもしれません。慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)になると、治療も長引きます。できるだけ早期に治療を開始しておきましょう。

さらに、アレルギーの場合はさらさらとした水のような鼻水が止まらなくなります。鼻水が出る代表的なアレルギーは花粉ですが、そのほかにもハウスダストなどが原因のアレルギーの場合もあるでしょう。

なお、花粉症というと春先に飛ぶスギやヒノキの花粉がメジャーですが、イネ科の植物でもアレルギーを起こす場合があります。この場合は、夏や秋にも花粉症に似た症状が出るので、気になる方は病院を受診しましょう。

やはり、病院を受診するのが一番なんですね。
はい。鼻水が代表的な症状の重篤な病気もあります。

4.鼻水が出始めたら早寝早起きを心がけよう

鼻水が出るということは、鼻の粘膜が何かに刺激を受けている証拠です。水のような鼻水が出る場合でも、黄色いドロドロとした鼻水が出る場合でも体調が悪いことに変わりはありません。鼻水が出始めたら早寝早起きを心がけて、体を休めましょう。

また、鼻水の治療は長引くことが多いです。特に、アレルギーの場合は数年間かけて治療をしているけれど、症状を抑えるのに精いっぱいという場合もあるでしょう。ですから、鼻水を止めるためには、根気よく治療していくことが大切です。

早寝早起きも効果があるんですね。
はい。免疫力を活性化させます。

5.漢方薬の効果は期待できる?

鼻水は完治までに時間のかかる症状です。長年治療をしても改善が認められなければ、「病院の薬ではなく漢方を試してみたい」と思う方もいるでしょう。しかし、漢方薬はものによっては病院で処方される薬よりも効果が出るのに時間がかかります。

鼻水を止めたり花粉症の症状を和らげたりする薬の副作用にありがちな、眠気やかゆみはないものが多いでしょう。しかし、漢方薬を飲んだら今までずっと悩んできた鼻水が治まるという確証はありません。それでも試してみたい、という場合は医師に相談してみましょう。今は、病院でも漢方薬を処方してくれます。まずはそこから始めて、効果が出るようでしたら漢方薬局なども利用してみましょう。

なお、漢方薬にも薬の飲み合わせによっては副作用が出る場合もあります。必ず医師と相談してから薬を処方してもらいましょう。

漢方薬も効果が期待できるんですね。
はい。ただし、医師や薬剤師に相談して服用するようにしてください。

おわりに

今回は鼻水を止める方法をご説明しました。

まとめると

  • 鼻水を一時的に止める方法はいくつかある。
  • 根本的に止めるには耳鼻咽喉科を受診しよう。
  • アレルギーの治療などは根気強く行おう。

ということです。

鼻水は最もありふれた体の不調なので、つい「大したことはない」と放置しがちでしょう。しかし、慢性副鼻腔炎を長期間放置しておくと鼻に膿(うみ)がたまって手術が必要になる場合もあります。さらに、アレルギーの場合は段々症状が重くなってくる場合もあるでしょう。ですから、1週間以上鼻水が止まらない場合は、一度病院を受診してみてください。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績