鼻茸を治す方法は? 原因や関連する病気・治療・手術方法について

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼻ポリープとも呼ばれている「鼻茸」は、鼻腔や副鼻腔(ふくびくう)に発生するできものです。鼻茸かどうか不安になって仕方がない方は多いでしょう。「鼻の病気になっているのでは」「早く治したほうがいいのでは」と不安になる気持ち、よくわかります。

そこで、鼻茸とは何なのか・症状チェックリストや治療方法・手術・セルフケアなど詳しく説明していきましょう。

  1. 鼻茸とは
  2. 鼻茸のチェックリスト
  3. 鼻茸の治療方法
  4. 鼻茸の手術について
  5. 鼻茸のためのセルフケア
  6. 鼻茸にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、鼻茸を治すために必要な情報が入手できます。原因を突き止めて正しい治療法で鼻茸を治してください。


1.鼻茸とは

症状を治すためには、鼻茸について詳しく知ることが大切です。鼻茸とはどんな病気なのでしょうか。

1-1.どんな病気か

鼻茸とは、副鼻腔粘膜・鼻腔粘膜から発生する炎症性繁殖性の腫瘤(しゅりゅう)です。鼻腔や副鼻腔は鼻の奥にある空気のとおり道であり、空間にできるポリープを鼻茸といいます。白くブヨブヨしている塊で、見た目がキノコに似ていることから名づけられました。良性のポリープですが、状態は人によって異なります。みずみずしい塊から繊維性・単房性・多房性など多種多様です。

ただし中には悪性のものや将来悪性に変化する可能性のあるものも存在します。これらは実際に摘出して顕微鏡で観察する病理検査を行わないと最終的な判断ができません。

1-2.主な症状

主な症状としては、鼻づまりや鼻汁(びじゅう)・後鼻漏(こうびろう)・頭痛が挙げられます。空気のとおり道である鼻腔や副鼻腔にポリープができるため、嗅覚障害を引き起こす恐れもあるでしょう。また、喘息(ぜんそく)やアレルギー性鼻炎などの病気が併発する可能性もあります。

1-3.主な原因

鼻茸の主な原因としては、ウイルス感染とアレルギーが最も有力だといわれています。風邪が長引いたり、鼻炎が続いたりすることで鼻の粘膜の炎症状態がひどくなるのです。結果、副鼻腔炎の状態が長く続き、ポリープができてしまいます。

一方、近年では自分自身の鼻汁中に増加している好酸球(白血球の一種)が主体となって炎症を起こしている好酸球性副鼻腔炎が増加しつつあり、従来の副鼻腔炎に比べて治りにくいことが知られています。
この病気の特徴として

  1. 成人発症、両側性で多発性のポリープ
  2. 嗅覚障害の合併が多い
  3. 粘調な鼻汁が多い
  4. 喘息の合併が多い(アスピリン喘息含む)
  5. ステロイドの全身投与が有効
  6. マクロライド系抗生物質の抵抗例が多い
  7. 篩骨洞病変が高度の例が多い
  8. 難治例が多い

などがあります。
この病気の本質はまだまだ未解明の部分が少なくありませんが、従来の副鼻腔炎と異なりマクロライド系抗生剤はあまり効かないと言われており、難治性の疾患として重症例は難病に指定されております。

1-4.関連する病気

先ほど挙げた、喘息(ぜんそく)やアレルギー性鼻炎・副鼻腔炎のほかにも頭痛がひどくなります。鼻が変形するなど、外見にも悪影響をおよぼすので、できるだけ早めに改善しなければなりません。

また、臭いの道にポリープができると嗅覚障害を引き起こします。これは長期間無治療だと嗅神経そのものに機能障害が起こってポリープを切除しても嗅覚が改善しなくなります。

1-5.どんな人がなりやすいのか

鼻茸は大人になって発症するケースがほとんどです。特に、アレルギー性鼻炎や花粉症にかかっている人に鼻茸ができやすい傾向があります。

しかし、小さな子供にも鼻茸ができる可能性はあるのです。子供は副鼻腔の幅が狭いため、すぐ鼻づまりが起こりやすくなります。子供にできやすいポリープは後鼻孔性ポリープといって頬の裏にある上顎洞と呼ばれる副鼻腔から発生する事が多いです。増大して片方の鼻を完全に塞いでしまうことも少なくありませんが、子供の鼻は観察しにくいために長期間見過ごされることもあります。

小さい子供は意思疎通がうまくできません。そのため、親御さんが気づいてあげることが大切です。

1-6.日常生活への影響

鼻づまりが続き、鼻から空気を取り入れることが困難になります。結果、鼻呼吸ではなく、口呼吸をしてしまいがちです。口呼吸は口臭や虫歯など口腔(こうくう)トラブルの原因になります。また、身体への悪影響だけではありません。上手に鼻呼吸できず、精神的ストレスが大きくかかるでしょう。

1-7.放置するとどうなるのか

鼻茸を放置すると、鼻の穴から出るほどの大きさに成長します。鼻の穴から出てきてしまえば、仕事や生活の支障をきたしてしまうでしょう。また、鼻の形が変わる恐れもあります。悪化すると顔面痛や頭痛の原因にもなります。鼻づまりが続く場合はすぐ耳鼻科を受診してください。