新生児の鼻水にはどう対処したらいいの?黄色い鼻水は要注意?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

新生児は、お母さんのおなかの中で免疫をもらっているから病気にかからない、とよくいわれていますが、そんなことはないのです。鼻水や咳(せき)に悩まされる新生児は少なくありません。特に、鼻水が黄色い場合には注意が必要です。新生児の鼻水には、どう対処すればよいのでしょうか?

そこで、今回は新生児の鼻水対策についてご説明します。様子を見た方がよい鼻水と、すぐに病院に行った方がよい鼻水の違いはなんでしょうか? 新生児のお母さんやもうすぐ出産を控えている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 新生児は鼻水が出やすい?
  2. 問題のない鼻水と心配な鼻水とは?
  3. 鼻水を放置しておくと中耳炎になる可能性も……
  4. 耳鼻科と小児科、どちらを受診すればいいの?
  5. 赤ちゃんを病院に連れて行くときの注意点
  6. おわりに

1.新生児は鼻水が出やすい?

鼻水は健康な人でも毎日分泌されています。そして、鼻の粘膜が外部から刺激を受けるとそれに反応して分泌量も増えるのです。これは、鼻水で異物を外に押し出したり鼻の粘膜を守ろうとしたりしているため。ですから、風邪をひくとウィルスが鼻の粘膜にたくさん取りつくのでそれを排除しようと鼻水がたくさん出るのです。

ちなみに、風邪をひくとウィルスが原因で鼻の粘膜がはれて鼻腔(びくう)が狭くなります。これが、鼻づまりの原因。赤ちゃんの鼻の穴は大人よりもずっと小さく鼻腔(びくう)内も狭いです。さらに、粘膜は刺激に敏感でちょっとしたことでも鼻水が出ます。新生児ならばなおさらでしょう。ですから、鼻水が出たからといって即病気、というわけではありません。しかし、中には心配な鼻水もあるのです。