夜中になると咳が出る! 寝る前に咳がひどくなるときの対処方法

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

昼間は何ともないのに、夜に眠ろうとすると咳が出る。こういった症状でお悩みの方は意外と多いのです。ではいったいなぜ、夜になると咳が出るのでしょうか? 

今回は、夜になると咳が出る原因とその対処法をご紹介します。咳はありふれた体の不調ですが、重大な病気が原因かもしれません。病院で診察を受けた方がよい症状などもご紹介します。最近夜になると咳が止まらないという方や夜に咳が出て寝不足気味という方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 咳はなぜ出るの?
  2. 夜になると咳が出る原因は?
  3. 夜になると咳が出る場合の対処法は?
  4. 病院へ行った方がよいのはどんなとき?
  5. 夜中に出る咳に関するよくある質問
  6. おわりに

1.咳はなぜ出るの?

咳はのどや気管、気管支の粘膜が刺激を受けることによる防御反射です。ですから、異物が気管支に入った場合もそれをはきだそうとして咳が出ます。また、風邪をひいたときに咳が出るのも、ウィルスや細菌といった異物が粘膜にとりついているからです。胃や横隔膜などが刺激を受けた場合も、咳が出やすいでしょう。

さらに、タバコの煙や悪性腫瘍などで呼吸器系に異常が出ていても咳が出やすくなります。そして、極度に緊張していても気道が狭くなって咳が出やすくなるでしょう。咳には痰(たん)をともなわない乾性のものと、咳と一緒に痰(たん)が出てくる湿性のものがあります。どちらにしろ長く続く咳は苦しいので、長く咳が止まらない場合はほかの症状がなくても病院を受診しましょう。

1-1.咳に関連する病気について

咳が症状として出る病気はたくさんありますが、夜中になると咳が激しくなる病気としては、アレルギー・後鼻漏・ぜん息などがあります。後鼻漏とは、喉の奥へ鼻水が落ちこむ症状で、副鼻腔炎を発症していると起こりやすいものです。また、ぜん息はひどい発作が起こると命にかかわることもあります。たかが咳と甘く見てはいけません。夜中の咳が一週間以上続き、改善の様子が見られない場合は、一度病院に行きましょう。