鼻の奥の違和感や異物感が気になる!考えられる原因や改善方法を解説

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼻の奥にツンとする痛みを感じたたり、イガイガとした異物感を覚えたりする。喉の奥が気持ち悪く、何度咳をしても異物感がぬぐえない。こんな悩みがある方はいませんか? 鼻がつまったり痛くなったりする症状が現れる病気は意外と多く、中には早めに治療を開始しないと慢性化するものもあります。

そこで、今回は鼻の奥に違和感や異物感を覚える原因をご紹介しましょう。

  1. 鼻の違和感や異物感の症状や原因とは?
  2. 鼻の違和感セルフチェック
  3. 鼻に違和感を覚えた場合の治療法
  4. 鼻の違和感をセルフケアする方法
  5. 鼻の違和感に悩む方のよくある質問

異物感や違和感の正体が分かれば、対策も立てられます。鼻の奥に覚える異物感や違和感が気になっている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.鼻の違和感や異物感の症状や原因とは?

はじめに、鼻に違和感や異物感を覚える原因やその症状についてご紹介します。何が違和感や異物感を引き起こしているのでしょうか?

1-1.違和感の種類とは?

鼻の奥に覚える違和感にはいくつかの種類があります。鼻と喉は繋がっているので、何かの拍子に食べ物のかけらなどが鼻の奥の方へ入ってしまうことも珍しくありません。そのような場合は、何か硬いものが引っかかったような感触を得ます。実際に異物が引っかかっているときは、異物が取れれば違和感は消えるでしょう。しかし、

  • 鼻の奥がツンとする感じが消えない
  • 鼻の奥に何かがつまった感じがあり、鼻をかんでも取れない
  • 鼻の奥から喉にかけて、べったりと何かがはりついている感じがする
  • 鼻の奥がいたがゆかったりイガイガしたりする

このような症状が出ている場合は要注意です。病気の可能性があります。

1-2.鼻に違和感を覚える原因

鼻の奥に違和感を覚える原因には治療が必要なものと、しばらく様子を見ていても大丈夫なものがあります。治療が必要のないものは、乾燥・低温・鼻に水が入ったなどが原因です。特に、極端に乾燥した場所に行ったり暖かい部屋から急に寒い戸外へ出たりすると、鼻の奥がツンとしたりくしゃみがとまらなくなったりします。これらは、鼻を保湿したり暖かい空気を吸ったりすれば元にもどるのです。
一方病気が原因の場合は適切な治療が必要になります。

1-3.鼻の違和感が症状として現れる病気

鼻の違和感が症状として現れる病気には、

  • 上咽頭炎(鼻咽腔炎)
  • 後鼻漏
  • 副鼻腔炎
  • 鼻茸(鼻ポリープ)

などがあります。このうち後鼻漏は上咽頭炎と副鼻腔炎を発症すると併発しやすく、鼻茸は副鼻腔炎が重症化すると起こりやすいのです。

1-4.副鼻腔炎とはどのような病気?

副鼻腔炎とは、鼻と目の間にある副鼻腔という空洞が炎症を起こす病気です。原因はウィルスや細菌・好酸球と呼ばれる白血球の一種で、風邪から移行するケースもあります。ウィルスや細菌が原因で起こる副鼻腔炎は性別や年齢を問わずに発症し、好酸球が原因の副鼻腔炎は、成人男性が発症しやすい病気です。
副鼻腔炎を発症すると、黄色くねばついた鼻水が大量に出て、頑固な鼻づまりが起こります。重症化すると鼻茸という良性のポリープが鼻の中にできてしまい、これが鼻の違和感の原因になることもあるのです。
また、黄色くねばねばとした鼻水が喉の奥に落ちこむと、強い不快感を覚える後鼻漏という症状が出ます。

1-5.上咽頭炎とはどのような病気?

上咽頭炎は、鼻咽腔炎とも呼ばれる病気で、鼻の奥にある上咽頭が炎症を起こす病気です。鼻の奥は喉と繋がっており上咽頭は鼻と喉の境目にあたります。ここが細菌やウィルスに感染したり花粉などのアレルゲンに刺激を受けたりすると、上咽頭炎が発症するのです。
幼児の場合は、ここにアデノイド(咽頭扁桃)と呼ばれる組織があり、これが炎症を起こすことで上咽頭炎になることもあります。アデノイドが腫れると、急性中耳炎なども起こりやすいので、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診することが大切です。
上咽頭炎になると鼻の奥の違和感の他に

  • 耳の違和感
  • 喉の痛み
  • 吐き気
  • 発熱・頭痛

などの症状が現れることがあります。人によっては鼻の違和感よりも吐き気や頭痛が強く出る方もおり、原因が分からずに苦しむケースもあるのです。

1-6.上咽頭炎を放置しておくとどうなるのか?

上咽頭炎は耳鼻咽喉科でないと発見がされにくい病気です。上咽頭炎を放置しておくと慢性化しやすくなり、長引く頭痛や発熱に苦しむことになります。また、上咽頭は耳に近いため、急性中耳炎を発症するケースも珍しくありません。急性中耳炎は子どもに多い病気ですが、上咽頭炎を発症すると大人もかかりやすくなります。急性中耳炎を放置しておくと聴力が低下する可能性もあるのです。

なお、副鼻腔炎も放置していると鼻水に含まれる細菌やウィルスが上咽頭炎を引き起こす可能性もあります。