嗅覚が加齢とともに衰えてくるって本当? その原因は?

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

年を取ると視覚や聴覚といった体の機能が衰えていきます。しかし、嗅覚も衰えることはあまり知られていません。では、嗅覚は何歳くらいから衰え始めるのでしょうか?

そこで、今回は嗅覚が衰え始める年齢や、原因をご紹介します。嗅覚が衰えるとどのような問題が起こるのでしょうか? また、嗅覚を鍛(きた)える方法もご紹介します。

最近、ものの匂いがよく分からなくなったという人や嗅覚を鍛(きた)えたいという方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

  1. 嗅覚はなぜ衰えるの?
  2. 嗅覚の衰えると起こる不具合とは?
  3. 喫煙や強い匂いは嗅覚が衰える原因になる?
  4. 嗅覚を鍛(きた)えることはできるの?
  5. おわりに

1.嗅覚はなぜ衰えるの?

視覚や聴覚と異なり、嗅覚はなかなか衰えているのに気がつかない人も多いと思います。この項では、嗅覚が衰える原因や衰え始める年齢をご説明しましょう。

1-1.嗅覚が衰える理由とは?

ものの匂いは、鼻腔(びくう)の奥にある嗅上皮(きゅうじょうひ)についている嗅覚受容神経(きゅうかくじゅようしんけい)で感じ取ります。この神経は、視神経などとは異なり外界に露出しているのです。ですから、ウィルスなど外部の有害な物質の攻撃も受けやすいでしょう。風邪をひくと鼻がつまって匂いが分からなくなるのは、このためです。

しかし、嗅覚受容神経(きゅうかくじゅようしんけい)は生涯にわたって再生をくりかえします。視覚や聴覚の神経が一度壊れると二度と再生しないのとは対照的ですね。

この神経が再生するプロセスはとても複雑。ですから、加齢とともに再生が不完全の細胞が増えていきます。不完全な細胞では匂いを感じ取れません。これが、年とともに嗅覚が衰える理由です。

1-2.嗅覚は何歳くらいから衰えるの?

嗅覚の衰えには個人差があります。しかし、視覚や聴覚に比べると衰え始めるのは遅く、70代になってから嗅覚が鈍くなる人が多いようです。80代になると、匂いを感じる能力は大幅に落ちるでしょう。でも、よほどの高齢にならない限り嗅覚が完全に失われることはありません。しかし、日常生活ではさまざまな不具合が出てくることも多いのです。

12