意外と知らない身近な病気「中耳炎」の症状を知ろう

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「このごろなんだか耳の奥に痛みを感じる」という方はいませんか。耳に痛みがある場合、中耳炎にかかっている可能性があります。多くの人が苦しめられていながら意外と知らない中耳炎の実態。自分自身の症状と比較できるように、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

  1. 中耳炎ってどんなもの?
  2. 中耳炎の種類と症状
  3. 中耳炎の治療法

1.中耳炎ってどんなもの?

我々にとって身近な病気である中耳炎。しかし、まったくかかった覚えがないという方も中にはいるでしょう。実は、ほとんどの人は知らないうちに1度は中耳炎にかかった経験があるはずなのです。まずは中耳炎とその原因についてご紹介しましょう。

1-1.中耳炎は、「菌が鼻から耳に入る」ことで起きる

実は、我々人間の耳と鼻はひそかに内部でつながっているのです。耳の穴から内側に向かっていくと、我々が音を感じ取るために必要な鼓膜があります。鼓膜のさらに奥の方には「中耳」と呼ばれる器官があり、この中耳が鼻とつながっているのです。

鼻のなかにほかから菌が入ると、体を守ろうとする、人体の自然な働きによって鼻水が出ます。このとき、鼻水が中耳の方にまでいってしまうと、菌が鼻水によって耳の奥に入ってしまうことになるのです。この「鼻水によって運ばれた菌」が中耳炎の原因となります。

つまり、「中耳炎になりやすい季節」イコール「鼻水が出やすい季節」ということ。風邪はもちろん花粉症などの持病を鼻に抱えている方は、鼻の症状ばかりでなく耳の痛み、腫れといった症状にも注意してみてください。

1-2.10歳以下の子どもがかかりやすい

中耳炎になるのは、10歳以下の子どもが多く、大人はあまりかかりません。子どもの免疫が未発達で菌に弱いこと、鼻と耳をつなぐ管が短いことなどが理由とされています。

実は、1歳に満たないの子どものほとんどが「1度は中耳炎にかかったことがある」といわれているのをご存じでしょうか。つまり、あなたも自分では気づかない赤ちゃんのうちに中耳炎かかっている可能性があるのです。

1-3.急に腫れてゆっくり治まる

中耳炎の詳しい症状はのちほどご紹介するとして、抑えておきたい特徴があります。「急に腫れが起こり、ゆっくりと治まっていく」ということです。中耳炎は風邪などで鼻水が出ることをきっかけに起こります。しかし、腫れや痛みが起こる前触れのようなものはありません。朝夕問わず、急に腫れが発生し、2~3日で徐々にひいていきます。

ただし、腫れがひいただけでは完全に治ったわけではありません。なぜなら、腫れの原因であるうみがまだ耳の奥にたくさん残っているからです。再び腫れがぶりかえすことも十分ありえること。「耳のなかに残っているうみが完全に排出されたかどうか」は、中耳炎を治療するうえで極めて重要なポイントになります。 中耳炎とは「症状はすぐに治まる。しかし、再発すると悪化しやすく、治療には時間がかかる病気」と覚えておきましょう。

12