「自分の声が耳に響く…」その原因は病気?適切な対処法を紹介。

このエントリーをはてなブックマークに追加

耳の病気にもさまざまなものがありますが「自分の声や周囲の音が響いて聞こえる」という症状に悩んでいる人も多いでしょう。
高音だけ響いて聞こえる場合や噛(か)むと響く場合など、症状はさまざまです。
自分の声が響いて聞こえることを「自声強調」と言い、耳管開放症や中耳炎などでも現れやすい症状となっています。

  • 響いて聞こえると同時にめまいがある
  • 耳閉感や耳鳴りがひどくてストレスがたまる
  • 声が響く原因を知りたい

こういった症状がなぜ起こるのか、治療法にはどのようなものがあるのか、ご紹介したいと思います。


1.響いて聞こえる原因

自分の声や周囲の音が響いて聞こえる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
治療が必要な病気の可能性もあるため、自分の原因を知っておくことが大切です。

1-1.自律神経の乱れ

緊張した状態が続くときやストレスがたまったときなどに、耳が響くようになる人は少なくありません。
このような生活が続くと自律神経に乱れが生じ、聴覚の異常を引き起こしてしまうのです。
自律神経が乱れる原因は、ストレスだけではありません。
睡眠不足や疲労、過度なダイエットなどが原因になる場合もあるため、注意が必要でししょう。
解消するためには、疲労やストレスを解消してリラックスした状態で過ごすようにするしかありません。
音が響いて聞こえることでさらにストレスを感じる場合は、耳栓などを使って一時的に音をシャットダウンする方法も効果的でしょう。

1-2.耳の中にあるリンパの炎症

耳の中には音を拾う器官があり、この部分が振動することで脳に伝わる仕組みになっています。
この部分が炎症を起こしていると音の振動が正常ではなくなり、耳が響くなどの異常が起こってしまうのです。
炎症を抑えるためには、耳鼻科での治療が必要になるでしょう。

1-3.耳管の炎症

耳管とは、耳と鼻、喉をつないでいる管のこと。
風邪や蓄膿(ちくのう)症などが原因で耳管がウイルスに感染すると、炎症を起こして耳の圧抜きができなくなってしまいます。
このような原因で耳が響くようになってしまった場合は、耳鼻科で耳管の炎症を取り除く治療を受ける必要があるでしょう。

2.疑いのある病名

耳が響いて聞こえる場合、何らかの疾患が原因になっている可能性もあります。
疑いのある病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

2-1.耳管開放症

耳が響く病気として最も多いのが、耳管開放症です。
耳管は通常閉じた状態になっており、食べ物を飲み込んだりあくびをしたりすると開きます。そして、鼓膜内外の圧力が同じになるように調整されているのです。
耳管開放症とは、耳管がいつも開いた状態になること。
呼吸音が耳管を通ることで直接鼓膜が振動し、自分の声がこだまのように大きく響いて聞こえるのです。
耳管開放症を引き起こす原因としては、無理なダイエットによる体重減少、妊娠、疲労やストレスなどが挙げられます。

2-2.突発性難聴

耳が響くという症状のほかに、めまいやふらつきがある場合は、突発性難聴の可能性が高いでしょう。
この病気は、明らかな原因がないのに突然難聴をきたすのが特徴です。
聴力の回復が期待できるのは、発症後約1か月以内に治療した場合。
さらに長く続くと回復が望めない場合が多いと言われています。
発症後早期に治療を始めると比較的治療成績がよいことが分かっているため、耳の異常を感じたらできるだけ早く耳鼻科を受診するようにしてください。

2-3.聴覚過敏

聴覚過敏の主な症状は、音が耳につんざくように響くというもの。
食器の当たる音や女性の高い声、ざわざわとした騒がしい音などが頭に響くようになります。
症状が悪化すると耳の奥に痛みを感じることもあるでしょう。
原因の1つとして、自律神経の「交感神経」が過剰に反応してしまい、神経伝達が一種の興奮状態になることが考えられます。
自律神経が過剰な反応を示す原因には、精神的なイライラや睡眠不足、体力的な疲労などが挙げられるでしょう。
また、習慣的な薬の服用も原因の1つです。
音が頭の中で響くため、意識が朦朧(もうろう)とする場合も少なくありません。

3.治療法

耳が響く場合に考えられるいくつかの病気。
それぞれの治療方法をご紹介しましょう。

3-1.耳管開放症の場合

耳管開放症はよくある病気です。
しかし、認知度が低いことから治療法についても心配な人は多いでしょう。
症状が悪化すれば手術で耳管を閉じて治すことも可能です。
しかし、基本的には自然治癒で治す方法が多いでしょう。
耳管開放症の自然治癒を促す方法には、以下のようなものがあります。

  • 耳管が閉じるのを防ぐために水分を多くとる
  • 耳の周りをマッサージするなどして、血液の流れをよくする
  • 寝るときは横向きに
  • 血行を促進するため耳の周りを温める

3-2.突発性難聴の場合

突発性難聴には、正確な診断と適切な早期治療が最も重要です。
ステロイドホルモンやビタミン溶液などの点滴を10日間ほど毎日行うというスタンダードな治療方法が確立されています。
発症してから約48時間以内に適切な治療を開始することで聴力が改善する可能性が高いでしょう。
突発性難聴は、内耳の血液循環不全が病態です。
つまり、血液循環が悪くならないように注意することで、予防することが可能でしょう。
「急に耳が響くようになった」「耳鳴りがし出した」というときは、絶対に放置せず、すぐに耳鼻科を受診するようにしてください。

3-3.聴覚過敏の場合

耳鼻科で聴覚過敏の治療を行う場合は、まずビタミン剤に加え、神経・精神安定剤などの薬が処方されます。
こういった薬は一般的に耳鳴り症状に対して処方されるパターンと似ているでしょう。
耳管が炎症を起こして聴覚過敏の原因になっている場合は、炎症を取り除く治療を行う必要があります。
気になる症状があるときは、すぐに耳鼻科を受診しましょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
耳が響く原因や疑いのある病名、治療法についてご理解いただけたと思います。
耳の疾患にはさまざまなものがありますが、放置しておくと取り返しのつかなくなる場合もあるということを覚えておいてください。
声や音が響いて聞こえる原因を知り、早期に適切な治療を受けることで、不快な耳の症状を解消することができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加