咽頭炎の症状や原因を知りたい! 治療・予防方法を徹底解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

寒さが最も厳しい季節になりました。かぜをひかれる方も増えているでしょう。かぜの代表的な症状に喉の痛みがありますが、それは咽頭炎を発症しているからかもしれません。

そこで、今回は咽頭炎の原因と症状をご紹介します。ただのかぜとどこが違うのでしょうか? また、口の奥から喉にかけては、炎症が起きやすい器官が複数あります。ですから、咽頭炎独特の特徴もご紹介しましょう。

口の奥から喉にかけてひんぱんに痛くなるという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 咽頭炎とは?
  2. 咽頭炎の原因やよく似た病気とは?
  3. 咽頭炎の治療や予防法とは?
  4. おわりに

1.咽頭炎とは?

咽頭炎とは、口の奥にある「咽頭」という部分が炎症を起こす病気です。この部分には扁桃(へんとう)という子どものころに、ウィルスや細菌などの侵入を阻止する免疫機能を備えた器官もあります。ですから、比較的炎症を起こしやすい部位といえるでしょう。

ちなみに、咽頭の中でも扁桃(へんとう)が炎症を起こした場合は、扁桃(へんとう)炎という別の名前になります。咽頭炎になると口の中が真っ赤にはれ上がるので、素人が見ても分かるのです。また、そのほかにも発熱や全身のけん怠感、喉の異物感、頭痛、などかぜによく似た症状が現れることもあります。

12