咽頭炎の症状や原因とは?治療法とともにご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒さが最も厳しい季節になりました。かぜをひかれる方も増えているでしょう。
かぜの代表的な症状に喉の痛みがありますが、それは咽頭炎を発症しているからかもしれません。
そこで、今回は咽頭炎の原因と症状をご紹介します。
ただのかぜとどこが違うのでしょうか?
また、口の奥から喉にかけては、炎症が起きやすい器官が複数あります。
ですから、咽頭炎独特の特徴もご紹介しましょう。
口の奥から喉にかけてひんぱんに痛くなるという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 咽頭炎とは?
  2. 咽頭炎の原因やよく似た病気とは?
  3. 咽頭炎の治療や予防法とは?
  4. おわりに

1.咽頭炎とは?

咽頭炎とは、口の奥にある「咽頭」という部分が炎症を起こす病気です。
この部分には扁桃(へんとう)という子どものころに、ウィルスや細菌などの侵入を阻止する免疫機能を備えた器官もあります。
ですから、比較的炎症を起こしやすい部位といえるでしょう。
ちなみに、咽頭の中でも扁桃(へんとう)が炎症を起こした場合は、扁桃(へんとう)炎という別の名前になります。
咽頭炎になると口の中が真っ赤にはれ上がるので、素人が見ても分かるのです。
また、そのほかにも発熱や全身のけん怠感、喉の異物感、頭痛、などかぜによく似た症状が現れることもあります。

2.咽頭炎の原因やよく似た病気とは?

この項では、咽頭炎の原因やよく似た病気をご紹介します。
中には、早急に治療を始めないと危ない原因もあるのです。

2-1.咽頭炎の原因その1 ウィルスや細菌

咽頭炎が発症する原因の多くが、ウィルスや細菌などの感染です。
特に、インフルエンザウィルス肺炎球菌など、かぜや感染症の原因となるウィルスが咽頭炎を起こすことが多いでしょう。
ですから、感染症と一緒に発病することも少なくありません。
また、溶連菌という菌に感染すると「溶連菌性咽頭炎」になります。
最も多いのが、「A郡溶血性レンサ球菌咽頭炎」で、これを発症するとそのほかの菌に感染したときよりも喉がひどくはれ、高熱が出やすいのです。
溶連菌性咽頭炎は子どもが発症することの多い病気ですが、大人も発症することがあります。
この場合は、すぐに耳鼻咽喉科を受診し、治療を受けましょう。

2-2.咽頭炎の原因その2 外的要因

咽頭炎には、慢性と急性があります。
前述したように、細菌やウィルスによって発症する咽頭炎は急性咽頭炎に分類されるのです。
一方、慢性咽頭炎とは、咽頭炎が再発をくりかえすこと。
タバコやアルコールの取りすぎ、外気の汚れなどが原因で咽頭炎を発症すると慢性化しやすいでしょう。

2-3.咽頭炎の原因その3 鼻炎

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎(ふくびくうえん)、後鼻漏(こうびろう)になると、鼻水が喉の奥へと落ちこみやすくなります。
すると、鼻水に含まれている細菌が原因で咽頭炎を発症することがあるのです。
ですから、鼻づまりと喉の痛みが同時に起こったという場合は、副鼻腔炎(ふくびくうえん)による咽頭炎を疑いましょう。
これは、鼻水を止めないと咽頭炎が再発しやすくなります。
ですから耳鼻咽喉科を受診して治療を受けましょう。

2-4.咽頭炎の原因その4 咽頭特殊感染症

咽頭特殊感染症とは、梅毒、クラミジア、ジフテリアなど特殊な菌が咽頭に感染して発症する炎症です。
これらの菌は、性感染症の原因でもあります。つまり、性交渉を通じて感染するリスクが高くなっているのです。
ですから、かぜでもないのに喉が痛くなったという場合で心あたりがある方は、性感染症の治療も受ける必要があるでしょう。
そうしないと、再発をくりかえすこともあります。

2-5.咽頭炎によく似た病気とは?

咽頭炎によく似た病気に喉頭炎があります。
これは、喉の奥の方にある声帯の部分が炎症を起こす病気です。同じように喉の痛みなどが起こりますが、喉頭炎は声がかれやすいという症状があります。
また、ものが飲みこみにくくなるという症状が出る方もいるのです。
しかし、咽頭炎か喉頭炎かを素人が判断するのは難しいでしょう。
このふたつの病気は自然治癒も可能ですが、同じようにインフルエンザウィルスや肺炎球菌でも発症します。
これらのウィルスは人にうつるのです。
ですから、喉の痛みが1週間以上治まらないのならば、病院へ行きましょう。

3.咽頭炎の治療や予防法とは?

では最後に、咽頭炎の治療や予防法をご紹介します。
喉の痛みは決して珍しい体の不調ではありません。
しかし、放っておけば人にうつったりもっと重大な病気になったりするでしょう。
ですから、適切な治療と予防法が大切です。

3-1.自然治癒もするけれど

軽い咽頭炎の場合は、自然治癒します。また、かぜや感染症の症状のひとつとして治療されることもあるでしょう。
しかし、発熱などがひどい場合は耳鼻咽喉科での治療が必要です。
特に、溶連菌性咽頭炎や鼻炎が原因の咽頭炎の場合は、症状がひどくなりやすく再発もします。
ですから、たかが鼻水や喉の痛みと思わず、耳鼻咽喉科を受診してください。
治療は、投薬や点滴が中心です。
また、咽頭特殊感染症の場合は、咽頭炎だけ治療しても再発しやすいでしょう。
ですから、医師が別の病院へ紹介状を書いてくれることもあるのです。
きちんとすべて治療しましょう。

3-2.お酒やタバコを控える

慢性咽頭炎の場合は、お酒やタバコを控えるように医師から指導されます。
お酒やタバコは、日常に潤いを与えてくれるし好品です。
しかし、取りすぎれば健康に悪影響を与えるでしょう。
ひどくなると、お酒やタバコが一切楽しめなくなるかもしれません。
ですから、お酒やタバコは程々にしましょう。
また、現在の日本では外気が咽頭炎を起こすほど汚れているところはまずありません。
しかし、黄砂にのってPM2.5が大陸からとんでくる時期や、職場の環境によっては咽頭炎が発症しやすくなります。
この場合は、マスクをつけたり空気清浄機を利用したりするなどしましょう。また、
外から帰ってきたら必ずうがいをするのも効果的です。

3-3.咽頭炎を予防する方法とは?

咽頭炎は、空気中に常駐している菌やウィルスが原因で発症します。
ですから、流行(りゅうこう)するとあっという間にうつる人もいるでしょう。
うがいをする、乾燥を防ぐためにマスクや加湿器をつけるなどすると、効果的です。
また、喉が痛くなったら無理をせずに早く休みましょう。
喉の痛みやだるさを無視して仕事などを続けていると、悪化します。
咽頭炎は悪化すると発熱したりして、長引くことも珍しくありません。
ですから、休養も大事です。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は咽頭炎の症状や原因、そして治療法などをご紹介しました。
溶連菌性咽頭炎は、時々子どもの間で大流行(だいりゅうこう)する病気です。
特に、低年齢のうちから保育所に行っている子どもは、感染しやすいでしょう。
ですから、流行(りゅうこう)が始まったらうがいや手洗いをしっかりとさせてください。
また、鼻炎から咽頭炎になる人も珍しくありません。
鼻水もありふれた体の不調ですから、病院に行かなくても大丈夫と思う方も多いでしょう。
しかし、鼻炎は放置しておくと慢性化して治りにくくなります。
耳鼻咽喉科では鼻水を機械で吸った後、ネプライザーなどの機械で鼻の中に薬を噴射する治療などが行われるのです。
そうすれば、治りも早いでしょう。
特に、子どもは鼻水が咽頭炎だけでなく中耳炎も引き起こしやすいです。
ですから、鼻水が止まらなくなったらできるだけ早く耳鼻咽喉科に行き、治療してもらってください。
そうすれば、咽頭炎の予防にもなるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加