PM2.5 が人体に及ぼす影響を知ろう!私たちができる対策とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

春先になると花粉だけでなく、大気中に飛散するPM2.5の存在が気になりますよね。
ここ数年で一気に注目を集めたPM2.5。
「環境や体によくないことは分かっているけれど具体的には知らない」という人も多いと思います。
PM2.5による人体への影響はどうなっているのか、どうすればその影響を防ぐことができるのか、知っておくべきでしょう。

  • PM2.5について詳しく知りたい
  • 人体への影響はあるのか?
  • 対策にはどのようなものがあるのか?

そんな人たちのために、PM2.5の人体への影響や対策についてまとめてみたいと思います。


1.PM2.5とは

環境汚染や大気汚染だけでなく、人体への健康被害も心配されているPM2.5。
その正体は一体何なのでしょうか。

1-1.PM2.5の正体

PM2.5は、分かりやすく言うと「大気中に浮遊する直径2.5㎛(マイクロメーター)以下の微粒子状物質」です。
マイクロメーターとは、1mmの100分の1。
直径2.5㎛と言っても、どのくらいの大きさなのか想像しにくいでしょう。
スギ花粉の大きさが30㎛であり、その10分の1ということになります。
つまり、PM2.5は目に見えない非常に小さな超微粒子なのです。

1-2.発生する原因

PM2.5の発生源は中国です。
主な原因は火力発電や工場などで、中国国産の安価な石炭を燃やしていることにあります。
環境設備が整っていない状況で燃やすために、このような事態が発生しているのです。
また、中国の家庭で暖房に使用している練炭、質の悪いガソリンを使用した自動車なども原因の1つでしょう。
PM2.5に含まれている物質には、炭素や硝酸塩、アンモニウム塩、硫酸炎、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなどがあります。
大気汚染だけでなく、人体に悪影響を及ぼすことは間違いないでしょう。

1-3.飛散時期

中国で発生したPM2.5は、偏西風の影響を受けて日本でも飛散しています。
日本への飛散時期は2~4月。
黄砂の時期とほぼ同じです。
特に、地理的に中国に近い九州地方や四国地方が影響を受けやすくなっています。
そのほかに、西日本でも環境基準を超えるPM2.5の大気汚染が観測されているのです。

2.PM2.5の人体への影響

PM2.5が人体に及ぼす影響にはどのようなものがあるのでしょうか。
その症状についてご紹介します。

2-1.体内にPM2.5が浸入するとどうなるのか

PM2.5が空気中に浮遊しているところで呼吸をすると体内に入り込みます。
とても軽くて小さな粒子であるため、呼吸をしたときに肺にまで到達してしまうのです。
吸い込んだPM2.5の濃度が高い場合、咳(せき)や喘息(ぜんそく)など呼吸器系の症状が現れやすくなるでしょう。
また、PM2.5は皮膚や目にも入ることがあります。
その場合は、かゆみを感じることになるでしょう。

2-2.短期的影響と長期的影響

PM2.5 の影響は短期的なものと長期的なものに分かれています。
短期的な症状としては、咳(せき)や喉の痛み、不整脈などの循環器系疾患、充血やかゆみなど目の症状、くしゃみや鼻水など鼻の症状が挙げられるでしょう。
目のかゆみや充血、くしゃみなどは花粉症にも見られる症状であるため、その原因が分かりにくいのも特徴です。
長期的な症状には、発がんや変異原性、循環器系疾患や呼吸器系疾患の悪化が考えられます。
特に長期的な症状の場合、子供や高齢者、もともと呼吸器系などの疾患を持っている人は影響を受けやすくなるため、より注意が必要になるでしょう。

2-3.子供への影響は?

心配なのはお子さんへの影響だと思います。
小さな子供がPM2.5の影響を受けるとどうなるのでしょうか。
一般的には、呼吸器系では喘息(ぜんそく)、循環器系では気管支炎を発症するリスクが高まると言われています。
また、アレルギー疾患の悪化につながる原因にもなるでしょう。
もともと喘息(ぜんそく)や花粉症を持っている子供は、PM2.5 の空気中濃度が環境基準値を下回っていてもその影響を受けやすくなります。
しっかり対策することが大切になるでしょう。

3.PM2.5 対策

PM2.5の影響を受けにくくするための対策はいくつかあります。
その怖さを知り、今すぐできる対策から始めてください。

3-1.専用のマスクを着用する

PM2.5は粒子が非常に小さいため、呼吸によって肺の奥まで入り込んでしまいます。
侵入経路は口と鼻。
外出時はマスクを着用することでPM2.5の吸引を避けることができます。
ただし、一般的なマスクでは粒子が繊維をとおり抜けてしまうため、意味がないでしょう。
PM2.5に対応したマスクを用意しておくことをおすすめします。

3-2.空気清浄機で室内もクリーンに

屋外でマスクを着用しているからと言って安心なわけではありません。
PM2.5は、衣類に付着して室内に侵入する恐れもあるのです。
そこで、おすすめしたいのが空気清浄機。
最近はPM2.5に対応したものも多く販売されています。
特に、小さなお子さんや高齢者がいる家庭では、PM2.5に対応した空気清浄機を活用するべきでしょう。

3-3.洗濯物は室内に干す

PM2.5は、屋外に干してある洗濯物に付着する可能性もあります。
自分が住んでいる地域のPM2.5濃度をチェックできるサイトを利用して、濃度が高そうな日は洗濯物を室内に干すようにしてください。
部屋干しをすると生乾きの臭いが気になる人も多いでしょう。
そんなときは、浴室に干したり部屋干し用の洗剤を使ったりするのがおすすめです。

3-4.外出を控える

大人であれば外出時にマスクを着用すれば問題ありません。
しかし、赤ちゃんにマスクを着用することは難しいでしょう。
赤ちゃんがいる場合は、PM2.5濃度が高めの日はなるべく外出しないようにしてください。
緊急時以外は外出を控え、室内で過ごすようにしましょう。

3-5.こまめに掃除をする

室内の空気中に浮遊するPM2.5は、空気清浄機で除去することが可能です。
しかし、床の上に付着したものは除去できません。
こまめに掃除機をかけ、水ふきするようにしましょう。
ただし、掃除機はフィルターの目が粗いものだとPM2.5を部屋中にまき散らしてしまいます。
0.3㎛に対応している「HEPEフィルター」の掃除機を使うようにしましょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
PM2.5が私たちの健康にどのような影響を与えるのかお分かりいただけたと思います。
もし、今気になる症状が出ているなら、PM2.5が影響している可能性もあるということです。
自分自身と大切な家族を守るためにどうしたらよいのか、どのような対策をするべきなのか、じっくりと考えてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加