鼻水が喉に流れる後鼻漏とは?原因や治療・予防方法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

毎朝喉に痰が絡んでつらい。常に口の中にネバネバとした鼻水が下りてくる感じがする。鼻水が喉に流れる感覚を常時覚えていて不快。常に喉が痛く、鼻もつまっていて不快感が消えない。このような症状に悩んでいる方は、後鼻漏の可能性があります。

今回は、後鼻漏の原因や特徴・治療法などをご紹介しましょう。

  1. 後鼻漏とはどんな病気?
  2. 後鼻漏のセルフチェック
  3. 後鼻漏を放置するとどうなる?
  4. 後鼻漏の治療方法は?
  5. 後鼻漏の予防方法は?
  6. よくある質問

この記事を読めば治療法の選択肢も広がるかもしれません。後鼻漏で悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.後鼻漏とはどんな病気?

まずはじめに、後鼻漏とはどのような病気かということをご説明しましょう。命に別条があるわけではないのですが、厄介な病気です。

1-1.後鼻漏とは?

後鼻漏とは、簡単に説明すると鼻水が喉の奥に落ち込んでくる病気です。元々鼻の粘膜は、1日に2〜4リットルほどの鼻水を作ります。この時の鼻水はさらさらしているので、喉の奥を通って体内にスムーズに流れ込むのです。しかし、何らかの原因で鼻水の量が増えたり、鼻水がネバネバになったりすると、喉の奥に張りついたり口の中に鼻水がたまって不快感を覚えたりします。

本来、病的な意味での後鼻漏は副鼻腔炎に伴い、粘調なあるいは膿性な鼻水が喉の方へと流れることを言いますが、広い意味で副鼻腔炎に伴う後鼻漏以外に生理的な分泌物や上咽頭の炎症に伴う分泌物も後鼻漏に含む場合もあります。ここでは広い意味での後鼻漏について説明しています。

1-2.後鼻漏の原因とは?

後鼻漏の原因は、鼻水の増加です。風邪や慢性副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎(花粉症等)・上咽頭炎などを発症すると、後鼻漏も一緒に発症する可能性が高くなるでしょう。特に、慢性副鼻腔炎を発症すると粘度の高い膿のような鼻水が大量に発生し、重篤な後鼻漏になりやすいのです。

1-3.後鼻漏を発症しやすい人とは?

鼻づまりを起こしやすい方は、後鼻漏も発症しやすい傾向にあります。この他、生まれつき鼻の穴が狭い方は喉の方に鼻水が行きやすく、後鼻漏を発症しやすいでしょう。鼻たけと呼ばれる良性のポリープが鼻腔内にできている方も同様です。