鼻水が喉に流れる後鼻漏とは?原因や治療・予防方法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

毎朝喉に痰が絡んでつらい。常に口の中にネバネバとした鼻水が下りてくる感じがする。鼻水が喉に流れる感覚を常時覚えていて不快。常に喉が痛く、鼻もつまっていて不快感が消えない。このような症状に悩んでいる方は、後鼻漏の可能性があります。

今回は、後鼻漏の原因や特徴・治療法などをご紹介しましょう。

  1. 後鼻漏とはどんな病気?
  2. 後鼻漏のセルフチェック
  3. 後鼻漏を放置するとどうなる?
  4. 後鼻漏の治療方法は?
  5. 後鼻漏の予防方法は?
  6. よくある質問

この記事を読めば治療法の選択肢も広がるかもしれません。後鼻漏で悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.後鼻漏とはどんな病気?

まずはじめに、後鼻漏とはどのような病気かということをご説明しましょう。命に別条があるわけではないのですが、厄介な病気です。

1-1.後鼻漏とは?

後鼻漏とは、簡単に説明すると鼻水が喉の奥に落ち込んでくる病気です。元々鼻の粘膜は、1日に2〜4リットルほどの鼻水を作ります。この時の鼻水はさらさらしているので、喉の奥を通って体内にスムーズに流れ込むのです。しかし、何らかの原因で鼻水の量が増えたり、鼻水がネバネバになったりすると、喉の奥に張りついたり口の中に鼻水がたまって不快感を覚えたりします。

本来、病的な意味での後鼻漏は副鼻腔炎に伴い、粘調なあるいは膿性な鼻水が喉の方へと流れることを言いますが、広い意味で副鼻腔炎に伴う後鼻漏以外に生理的な分泌物や上咽頭の炎症に伴う分泌物も後鼻漏に含む場合もあります。ここでは広い意味での後鼻漏について説明しています。

1-2.後鼻漏の原因とは?

後鼻漏の原因は、鼻水の増加です。風邪や慢性副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎(花粉症等)・上咽頭炎などを発症すると、後鼻漏も一緒に発症する可能性が高くなるでしょう。特に、慢性副鼻腔炎を発症すると粘度の高い膿のような鼻水が大量に発生し、重篤な後鼻漏になりやすいのです。

1-3.後鼻漏を発症しやすい人とは?

鼻づまりを起こしやすい方は、後鼻漏も発症しやすい傾向にあります。この他、生まれつき鼻の穴が狭い方は喉の方に鼻水が行きやすく、後鼻漏を発症しやすいでしょう。鼻たけと呼ばれる良性のポリープが鼻腔内にできている方も同様です。

2.後鼻漏のセルフチェック

  • 副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を発症している。
  • 常に鼻がつまっており、鼻水が喉の奥に流れ落ちて行く感覚がする。
  • 痰がからみやすい。
  • 朝起きると口の中に鼻水がたまっていることが多い。
  • 喉に痛みや不快感を覚えることが多い。
  • 口臭がする。
  • 喉になにかが絡んで咳が出ることが多い。

これらの項目に当てはまるものが3つ以上あった場合は、後鼻漏の可能性が高いでしょう。

3.後鼻漏を放置するとどうなる?

後鼻漏は命にかかわる病気ではありません。しかし、常に鼻水が喉の奥に流れ続けるというのは不快です。また、鼻水が喉の奥に流れ込むのは睡眠中が多いので、眠りが浅くなって精神的にも肉体的にもつらくなります。

さらに、鼻づまりから頭痛や集中力の低下・肩こりなどを覚える方もいるでしょう。こうなると、仕事や勉強にも集中できません。

4.後鼻漏の治療方法は?

この項では、後鼻漏の治療法をご紹介します。どうすれば症状が改善するのでしょうか?

4-1.後鼻漏の解消

後鼻漏の治療は、鼻水を作り出している原因である病気を治すのが一般的です。慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を発症している方は、その治療が後鼻漏の治療にもなります。鼻水の量や状態が元に戻れば、後鼻漏も自然と解消するでしょう。後鼻漏の原因である鼻炎は、市販薬ではあまり効果がありません。まずは耳鼻咽喉科を受診しましょう。

そして副鼻腔炎があればある種の抗生剤を少量で数ヶ月使うとか、分泌物をさらさらにする薬を使ったりして治療します。それでも副鼻腔炎が良くならない場合には手術が必要な場合もあります。最近の手術は日帰りや一泊の短期で行える場合もあり、以前に比べると痛みや腫れ、出血なども少なくなっています。

4-2.上咽頭炎の治療をする

細菌感染などで上咽頭炎が起こっている場合は抗生物質の治療が有効でしょう。ただし、弱い炎症が慢性的に起こっている場合にはなかなか薬が効かない場合も少なくありません。

その時はいわゆる鼻うがいが有効な場合もあります。0.9%の食塩水、すなわち生理食塩水を体温程度に温めて鼻らか吸って口から出す、鼻うがいを続けて見てください。

4-3.漢方薬は効果がある?

慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎は、中々治癒しにくいケースもあります。そのような場合は、病院で処方される薬と併用して漢方薬を使う方もいるようです。漢方薬を試してみたい方は、まずは耳鼻咽喉科の医師に相談をしましょう。処方箋を書いてくれるところもあります。

4-4.自分でできるケア

病院の薬と併用したセルフケアの方法として、鼻うがいがあります。これは、鼻から塩水を入れて口から吐き出すという方法です。鼻水を一度に取り除くことができ、すっきりとします。専用の器具も販売されていますので、試してみるのもおすすめです。また、部屋の湿度にも気を配りましょう。60%程度に保っておくのがいいですね。

4-5.注意点

現在は、鼻づまりを一時的に解消する点鼻薬も使用されています。しかし、点鼻薬を乱用しすぎると鼻の粘膜が渇くドライノーズになりやすいのです。耳鼻咽喉科を受診している場合は、処方された薬を中心に服用し、むやみに市販薬を使わないようにしましょう。使う場合も、用法や容量を守って使うことが大切です。

5.後鼻漏の予防方法は?

この項では、後鼻漏の予防方法をご紹介します。どうすれば後鼻漏の発症を防げるのでしょうか?

5-1.後鼻漏が長引いている場合は病院へ行く

後鼻漏の原因である副鼻腔炎は、風邪から移行するケースが多いのです。ですから、鼻風邪が長引いているなと感じたら耳鼻咽喉科を受診しましょう。他の症状は治まったのに、鼻づまりだけが治らない場合も同様です。

5-2.花粉症の場合は症状が出る前から治療を始める

アレルギー性鼻炎の代表格である花粉症は、毎年杉やヒノキの花粉が飛び交う時期にだけ発症します。現在は1月くらいから治療を始め、花粉症の症状を抑える方法もあるのです。毎年花粉症でひどい鼻づまりに悩まされている方は、治療を早めに始めてみましょう。

5-3.部屋をきれいにする

アレルギー性鼻炎の原因になりやすい物質は、花粉の他にハウスダストがあげられます。ハウスダストによるアレルギー性鼻炎は、掃除の方法や寝具の選び方で症状が改善する場合も多いのです。寝具をほこりがたちにくいものに変えるだけでも効果があるでしょう。掃除も毎日行うのが基本です。

6.よくある質問

Q.後鼻漏は耳鼻咽喉科で治療を受けないと治らないのでしょうか?
A.単純な鼻風邪の場合は、風邪の症状が治まれば後鼻漏も治ります。しかし、病院を受診した方が確実でしょう。

Q.子どもが後鼻漏のようなのですが、確信が持てません。
A.まずは耳鼻咽喉科を受診しましょう。喉の状態を診察すれば、後鼻漏かどうかはすぐに分かります。

Q.鼻水をこまめにかむだけでは、後鼻漏は予防できないのでしょうか?
A.鼻をこまめにかむ程度では、増えた鼻水は取りきれません。やるならば鼻うがいの方がおすすめです。

Q.部屋の湿度をあげるのは効果的でしょうか?
A.一定の効果は期待できます。冬場は空気が乾燥しがちなので、湿度は60%前後を保っておきましょう。

Q.耳鼻咽喉科はどのように選べばよいですか?
A.後鼻漏の治療には時間がかかります。週に1度の受診を半年程度続けることになるケースもあるでしょう。そのため、通いやすい場所の耳鼻科を選ぶのが一番です。また、医師との相性も大切になります。病状や治療法を相談しやすく、信頼関係を結べる医師のいる病院を選びましょう。

7.おわりに

いかがでしたか? 今回は、後鼻漏の原因や治療法をご紹介しました。後鼻漏の原因でもある鼻炎は、治療が長引くことが多い病気です。一朝一夕では治らないと思って、根気強く治療に取り組みましょう。病院を定期的に受診し、治療を継続し続けることが大切です。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績