梅雨時期は特に注意! ハウスダストのアレルギー対策まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ハウスダスト掃除

6月になって花粉の飛散が落ち着いたにもかかわらず、鼻水やくしゃみが一向に止まらない…。このような場合、花粉ではなくハウスダストが原因かもしれません。特に、梅雨時期はダニやカビなどのハウスダストが発生しやすくなるため、アレルギー体質の方は注意が必要です。そこで、この記事では、ハウスダストのアレルギー対策について紹介します。この記事を読んで、梅雨時期を快適に過ごしてください。

  1. 部屋の中のハウスダストを効率よく掃除するには?
  2. 布団にも大量のハウスダストが潜んでいる!
  3. エアコンをつけたら鼻水が止まらない?
  4. 空気清浄機で空気中のハウスダストを除去!

1.室内のハウスダストを効率よく掃除するには?

ハウスダスト対策の基本は部屋の掃除です。時間をかけずに効率よく室内のハウスダストを取り除く方法を紹介します。

1-1.カーペットは十字に掃除機をかける!

カーペットの掃除は、時間をかけてゆっくりと掃除機をかけることがポイントです。ただ軽くさっと掃除機がけしただけでは、カーペットに溜まったホコリやダニをしっかりと吸い取ることはできません。まず、カーペートの毛並みと逆方向に毛を起こすようにかけていき、次に、その方向の垂直方向にかけていきます。カーペットの下に防ダニシートを敷くのも効果的です。

1-2.ソファの隙間も徹底的に掃除する!

ソファもホコリやダニの温床となりやすい部分です。知らず知らずのうちに、食べこぼしや抜け毛・フケや垢などが隙間に溜まっていることも多く、これらをエサにダニが繁殖します。最低でも週に1回は掃除機をかけるようにしましょう。細いノズルを使って、座面と背もたれの隙間の汚れも丁寧に吸い取ってください。また、布製のソファはハウスダストが内部に入り込みやすいため、可能であれば革製や合皮製のソファに買い換えるとよいでしょう。

1-3.フローリングにいきなり掃除機がけはNG!

フローリングを掃除する際は、いきなり掃除機をかけないように注意してください。掃除機の排気でハウスダストが舞い上がり吸い込みやすくなります。まずは雑巾がけをし、床のハウスダストを取り除いた上で掃除機がけをしてください。最近では床用のワイパーも販売されていますので、こうしたグッズを活用するのもオススメです。


2.布団にも大量のハウスダストが潜んでいる!

布団の中には、ダニやダニのフン・カビといったハウスダストが大量に存在しています。いくら部屋をキレイにしていても、ハウスダストまみれの布団で寝ていたのでは全く意味がありません。布団のハウスダストを取り除くにはどうすればよいのでしょうか?

2-1.こまめに布団を干すことが大切!

人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われており、布団の内部は湿気がこもりやすくなっています。湿気はダニやカビが増える原因となるため、こまめに布団を干し、乾燥させることが大切です。晴れた日の午前10時~午後2時の時間帯に2時間を目安に干すようにしてください。

2-2.布団を叩くのは逆効果?

布団を干すとき、布団を叩くことでホコリやダニが除去できると思われがちですが、実は逆効果です。布団が傷むばかりか、ダニの死骸やフンが細かく砕かれて拡散されます。布団叩きは叩くのではなく、横に滑らせて表面のホコリやハウスダストをさっと払うようにするのが正解です。

2-3.取り込んだ後は掃除機がけを忘れずに!

取り込んだ布団は、そのまま使用せず、掃除機がけをしてください。掃除機がけをすることで、布団の中のダニやカビなどのハウスダストを除去できます。10分以上かけてゆっくりと吸い取ってください。また、掃除機を使う際は排気口を布団に向けないように注意してください。

3.エアコンをつけたら鼻水が止まらない?

6月になって気温が上がると、エアコンを使いたいという日も増えてきます。しかし、エアコンの中にカビやハウスダストが溜りやすく、こまめにクリーニングをしていないとエアコン内の汚れを部屋中にばら撒くことになるため注意が必要です。

3-1.使い始めは換気をして内部の汚れを外に出す!

エアコンを久しぶりにつけると、内部に溜まったホコリやハウスダストなどが吹き出し口から一気に排出されます。そのため、使い始めは窓を開けて換気をして、ホコリやハウスダストを外に出すようにしてください。また、冷房運転をした後に1~2時間送風運転をすることで、エアコン内部のカビを防ぐことができます。

3-2.2週間に一度はフィルターを掃除する!

エアコンのフィルターにはハウスダストが大量に付着しているため、最適でも2週間に一度は掃除するようにしてください。大抵はフィルターを掃除機がけするだけで十分です。汚れがひどい場合は水洗いをするとよいでしょう。

4.空気清浄機で空気中のハウスダストを除去!

ハウスダストの中には床に落ちることなく浮遊し続けているものもあるため、こまめに掃除をしていても完全にハウスダストを除去することはできません。そんな空気中のハウスダスト対策には空気清浄機が有効です。部屋の入り口やエアコンの対角線上(一番離れた位置)に設置することで、部屋中のハウスダストを効率よく吸い込むことができます。エアコン同様、フィルターはこまめに掃除してください。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、梅雨時期のハウスダスト対策について紹介しました。

  1. 部屋の中のハウスダストを効率よく掃除するには?
  2. 布団にも大量のハウスダストが潜んでいる!
  3. エアコンをつけたら鼻水が止まらない?
  4. 空気清浄機で空気中のハウスダストを除去!

ご自身や家族の健康を守るためにも、しっかりとハウスダスト対策をして、快適に過ごすことのできる室内環境を実現していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アレルギー性鼻炎の日帰り手術