鼻炎になると口臭が強くなる?その原因と対策方法を紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼻がつまると口臭が強くなる気がすると悩んでいる方はいませんか? 実は、鼻炎が原因で口臭が強くなりこともあります。では、なぜ鼻炎になると口臭が強くなるのでしょうか?

そこで、今回は鼻炎と口臭の関係と対策をご紹介します。

  1. 口臭の原因は?
  2. 鼻炎と口臭の関係
  3. 鼻水由来の口臭を治療する方法
  4. 自分でできる口臭ケア
  5. 鼻炎由来の口臭が気になる人のよくある質問

鼻炎の原因や治療法を知っていれば、いざという時にすぐに対処ができるでしょう。鼻炎で悩んでいるという方や鼻炎が原因の口臭対策を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.口臭の原因は?

口臭は、

  • 口の中に雑菌が増殖している
  • 歯周病・胃炎などの病気
  • 匂いの強いものを食べた

といったことが主な原因で発生します。匂いが強いものを食べた場合の口臭は一時的なものなので問題ありません。しかし、病気や口の中の雑菌が原因の場合は、口臭が自然に消えにくいので対策が必要になります。

口の中には常に何種類もの菌がいます。虫歯の原因になるミュータンス菌もその一つ。このような菌が増殖しすぎるのを防いでいるのが、唾液です。唾液が常に口の中にあることにより、余分な菌が洗い流されています。しかし、何らかの原因で唾液が少なくなると洗浄効果が弱くなり、雑菌が過剰に繁殖するのです。