点鼻薬の副作用で薬剤性鼻炎に?! その症状と治療法を解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼻炎とは、鼻の粘膜が何らかの原因で炎症を起こす病気です。多量の鼻水やひどい鼻づまりで悩んでいる方も多いことでしょう。特に、鼻づまりは呼吸もしづらくなるため、市販の点鼻薬で鼻づまりを解消させているという方もいると思います。しかし、この点鼻薬の副作用で鼻炎が起こることもあるのです。これを、薬剤性鼻炎といいます。なぜ、鼻づまりを解消する作用のある点鼻薬で鼻づまりが起きるのでしょうか?

そこで、今回は薬剤性鼻炎が発症するメカニズムや治療法・予防方法をご紹介します。

  1. 薬剤性鼻炎とは?
  2. 市販の点鼻薬と上手に付き合う方法
  3. 薬剤性鼻炎の治療方法
  4. 薬剤性鼻炎に関するよくある質問

薬剤性鼻炎に関する知識があれば、点鼻薬を正しく使い薬剤性鼻炎の発症を防ぐことができるでしょう。鼻づまりの解消に点鼻薬を使っている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.薬剤性鼻炎とは?

はじめに、薬剤性鼻炎が起こる原因や症状をご紹介します。普通の鼻炎とどのような違いがあるのでしょうか?

1-1.一般的な鼻炎の原因

通常の鼻炎は鼻の粘膜が何らかの理由で炎症を起こし、発症します。粘膜が炎症を起こすと粘膜内にある毛細血管に血液が過剰に供給され、鼻汁(鼻水)の分泌が盛んになったり粘膜が腫れたりするのです。鼻づまりを解消するためには、血液の供給量を抑える必要があります。

1-2.薬剤性鼻炎の原因

鼻炎になると鼻づまりが起こります。重度の鼻づまりは大変つらいので、市販の点鼻薬を用いて解消させる方もいるでしょう。鼻づまり解消を目的とした点鼻薬には、血管収縮剤が入っています。そのため、点鼻薬を使うと鼻粘膜の血流が減少して鼻づまりが解消するのです。即効性があるため、すぐに鼻づまりを解消したいという場合にも重宝します。

しかし、点鼻薬を使いすぎると薬剤は徐々に効かなくなり、鼻の粘膜は血管の拡張反応によってぶ厚くなるのです。つまり、点鼻薬を使い続けることにより、逆に鼻の粘膜が厚くなって鼻づまりが悪化します。これが薬剤性鼻炎発症のメカニズムです。

薬剤性鼻炎になると効き目が弱くなったと感じたり、効果の持続時間が短くなってきます。

1-3.薬剤性鼻炎を引き起こす薬とは?

薬剤性鼻炎を引き起こす薬は、鼻づまりを解消する効果を謳っている市販品の点鼻薬です。ドラッグストアで販売されているため、誰でも購入することができます。

血管収縮剤の成分名は『ナファゾリン』『テトラヒドロゾリン』『オキシメタゾリン』など『~ゾリン』で終わる成分がほとんどです。

1-4.薬剤性鼻炎と通常の鼻炎の違いとは?

薬剤性鼻炎は、点鼻薬を使っている限り治ることはありません。また、薬剤性鼻炎は鼻の粘膜が腫れあがっていますので、いくら鼻をかんでも鼻づまりは解消せず、息苦しい状態が続きます。

1-5.鼻づまり以外に現れやすい症状

薬剤性鼻炎になると、前述したように鼻がつまって鼻呼吸ができなくなります。すると、集中力の低下や頭痛・顔面痛などの症状が出ることもあるのです。また、鼻呼吸ができないと必然的に口呼吸になり、口臭や口の中が乾くドライマウスが起こる可能性もあります。

12