鼻水と鼻づまりが続く鼻炎の症状について!治療・手術方法をご紹介!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

季節に関係なく、鼻炎は発症します。鼻づまりも立派な鼻炎の1つで、アレルギー性鼻炎の患者数も増加傾向です。投薬治療だけでは限界がある場合や重症患者には、手術という選択肢があることをご存じでしたか? 
鼻を切除するのって怖い。全身麻酔が必要なの?さまざまな疑問や不安を抱く気持ち、とてもよく理解できます。鼻炎の手術はそんなに難しく考える必要はありません。レーザーを使った日帰りでの手術もあるのです。
今回は、悩ましい鼻炎の症状や手術について触れていきます。

  1. 鼻炎とは? 
  2. 鼻炎の治療方法
  3. 鼻炎の手術について
  4. 鼻炎のレーザー手術について
  5. 鼻炎手術後のアフターケアについて
  6. 鼻炎でよくある質問
  7. まとめ

鼻炎がいつまでも続くと、別の病気を発症する危険性もあり、早めに処置することが大切です。早期完治の手段として、手術を行うことも考えておきましょう。この記事を読むことで、鼻炎について深く理解できるようになります。受診時の参考にしてみてください。


1.鼻炎とは? 

鼻水が出る・つまった感じがする・くしゃみ。鼻の症状を感じるとき、風邪かなと思う方が大多数です。しかし、風邪ではなく、鼻炎の可能性があることをご存じでしたか?長引く方は、鼻炎の症状について知っておきましょう。

1-1.鼻炎とはどんな病気? 

体の中に入ってきた異物を排除するために働きかけます。くしゃみや鼻水は排除するために起こるものです。最初は風邪と見まごう症状が続きますが、発症後に2週間経(た)っても治らないようなら、鼻炎を疑う必要があります。

1-2.鼻炎の主な症状

くしゃみや鼻水が主症状ですが、鼻炎の種類により少しずつ現れ方が違います。鼻水の粘性・色・臭いなどで判断していくのが一般的です。鼻づまりを感じることもありますが、鼻炎の1つと判断されます。

1-3.鼻炎の主な原因

アレルギー性鼻炎の場合、特定物質に体が過剰に反応したために起こります。急性鼻炎は風邪から発展したもので、ウイルスや細菌感染が原因。急性鼻炎をきちんと治さず、やがて慢性鼻炎へと重症化していくのです。
鼻炎を起こす原因として挙げられるのは、鼻中隔湾曲症という鼻の中にある壁が左右非対称に歪(ゆが)んでいる病気。歪(ゆが)みのため、片方だけに鼻づまりを発症することもわかっています。

1-4.鼻炎の種類

鼻炎にはいくつかの種類があります。急性鼻炎・慢性鼻炎・アレルギー性鼻炎・蓄膿症など。いずれも鼻水を伴う症状で、アレルギー性鼻炎は垂れるような鼻水が特徴です。一方、蓄膿症は鼻炎が悪化したもので、臭いのきつい鼻水がつまり、顔面の痛みや頭痛を伴います。急性鼻炎は風邪をこじらせて発症することが多く、急性期のうちにしっかり治療すれば慢性鼻炎まで至らずに済む病気です。

1-5.鼻炎になりやすい人

疲労が溜(た)まっている・ストレスを抱えている・睡眠不足・不規則な生活スタイルの人は、免疫力低下によって発症リスクも上昇するといわれています。心あたりのある方は、生活習慣を見直すだけでも、鼻炎にかかりにくくなるでしょう。

1-6.鼻炎による日常生活への影響

鼻水や鼻づまりは、頭をぼんやりとした状態にしてしまいます。そのため、集中力が続かずに不注意から失敗することもあり、仕事中に眠気を感じることもあるでしょう。頭痛・肩こり・味覚の低下を招きます。鼻水がのどを塞ぎ、よく眠れない・眠った気がしないなど、睡眠障害も起こす恐れがあるので注意すべき病気です。

1-7.鼻炎を放置するとどうなる? 

「鼻水だけなら大丈夫」という過信は危険です。鼻は耳とつながっている器官ですから、難聴になる恐れもあります。中耳炎など痛みを伴う症状へと発展することもあり、早期治療が望ましいでしょう。