鼓膜が破れたときの症状は? 治療法や予防法と共に解説!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鼓膜は、外耳道の奥にあって外耳と中耳を隔てている薄い膜です。空気の振動に伴って震えることで、中耳に音を伝えます。鼓膜はとても薄いので、強い衝撃を受けると破けてしまうことも珍しくありません。鼓膜が破れたというと、耳が聞こえなくなり大変なことになるのではないか? と心配する人も多いでしょう。

そこで今回は、鼓膜が破れると現れる症状や、対処方法を解説します。

  1. 鼓膜が破れる原因は?
  2. 鼓膜が破れたときの症状
  3. 鼓膜が破れたときの対処方法
  4. 鼓膜を破らないようにする方法
  5. 鼓膜の破れに関するよくある質問
  6. おわりに

鼓膜が破れたときの対処方法が知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.鼓膜が破れる原因は?

はじめに、鼓膜が破れる原因を紹介します。どんなときに鼓膜が破れてしまうのでしょうか?

1-1.病気

中耳炎になると、中耳にたまった浸出液が鼓膜を破ってしまうこともあります。これが、耳だれです。鼓膜が破れると、そこから細菌が侵入して中耳炎が悪化することもあるでしょう。

1-2.耳掃除中のケガ

固い耳かきで耳掃除をしていると、鼓膜を強くついて破れてしまうこともあります。前述したとおり、鼓膜は薄いのでちょっとした刺激で破れてしまうことも珍しくありません。小さい子どもの鼓膜なら、綿棒で破れてしまうこともあります。

1-3.耳への衝撃

耳を強くたたかれるなど、強い衝撃が耳に加わると鼓膜が破れてしまうこともあります。球技や柔道など、スポーツ中にも注意が必要です。また、まれに、気圧が急激に変化しても鼓膜が破れることがあります。

2.鼓膜が破れたときの症状

鼓膜が破れると、以下のような症状が出ます

  • 強い痛み
  • 音がくぐもって聞こえるようになる
  • 耳だれが出る(中耳炎が原因のときのみ)

鼓膜が破れても、すぐに耳が聞こえなくなることはありません。ただし、鼓膜が破れたときの痛みはかなり強いので、小さい子どもの場合は、泣き出してしまうこともあるでしょう。

3.鼓膜が破れたときの対処方法

この項では、鼓膜が破れたときの対処方法を紹介します。どのような方法があるのでしょうか?

3-1.鼓膜は再生する

鼓膜が破れても、自然と傷口は塞がって再生するケースが大半です。小説やマンガなどで鼓膜が破れて一気に耳が聞こえなくなるという描写がありますが、そんなことはありません。ただし、前述したように鼓膜の破(やぶ)れ目から細菌が侵入し、中耳が炎症を起こすことがあります。また、中耳の内側にある耳小骨(じしょうこつ)という骨は、鼓膜が破れた衝撃で傷ついてしまうことも珍しくありません。耳小骨が傷つくと、難聴などの後遺症が出ることもあります。ですから、「鼓膜が破れたかもしれない」というときは、放っておいてはいけません。必ず耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。

3-2.病院での治療方法

耳鼻科、耳鼻咽喉科を受診すると、まず鼓膜の様子を見ます。鼓膜の破れ目が小さい場合は、消毒をしてそのまま様子を見ることが多いでしょう。塞がるまでは雑菌が中耳に入りこまないように消毒を行うこともあります。医師に指示されたら、定期的に通院しましょう。また、痛みが強い場合は痛み止めが処方されることもあります。

3-3.手術がすすめられる場合

鼓膜の破れ目が大きい場合や、2週間以上鼓膜が塞がらなかった場合は、手術をすすめられることもあります。鼓膜の再生手術は60分以内に終わるので、日帰り手術で行われることがほとんどです。ですから、体の負担はほとんどありません。ただし、小さな子どもの場合は入院し、全身麻酔で手術をすることもあります。

3-4.注意点

鼓膜が塞がるまでの間は、耳の聴こえが悪くなることもあります。また、中耳が細菌に感染しやすい状態ですので、耳掃除はしてはいけません。痛みが出る場合は痛み止めを服用しましょう。

4.鼓膜を破らないようにする方法

この項では、鼓膜を破らないようにする方法を紹介します。どのような方法があるのでしょうか?

4-1.中耳炎が疑われる場合

風邪をひいたときに耳が痛む場合は、中耳炎を発症している恐れがあります。早めに耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。中耳内に浸出液がたまっている場合は鼓膜を切開することもありますが、自然に破れるよりも治りが早くなります。中耳炎は、鼻をすすりあげることで、鼻水ごと細菌やウィルスが中耳内に入って発症することも多いのです。ですから、風邪をひいたらこまめに鼻をかみましょう。子どもの場合は、鼻吸い器で吸ってあげてください。

4-2.耳掃除をする際の注意点

耳掃除をする際、不用意に耳かきや綿棒を奥に入れると鼓膜を傷つけてしまいます。特に、子どもは耳の入り口だけをそっと掃除するだけにしましょう。定期的に耳鼻科へ行って耳あかを取ってもらってもかまいません。大人でも、外耳の深いところまで耳かきを入れれば、かえって耳あかを耳の奥まで押し込んでしまいます。

4-3.耳に強い衝撃を与えないようにする

前述したように、耳に外から強い衝撃を与えただけでも、鼓膜は破れます。耳の近くをたたくなど、強い衝撃を与えないように注意しましょう。また、スポーツ中に耳の近くに衝撃を受け、その後強い痛みを感じた場合はすぐに耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診してください。

5.鼓膜の破れに関するよくある質問

Q.鼓膜に穴が開いたままになってしまうことはありますか?
A.はい。鼓膜に穴が開いたままになってしまう例はあります。この場合は、耳の軟骨を利用した鼓膜再生手術をすすめられるでしょう。

Q.中耳炎で鼓膜が自然に破れた場合、分かりますか?
A.はい。激しい痛みと共に、耳だれが出てくるのですぐに分かります。子どもの場合は、泣き出すことが多いでしょう。

Q.耳のすぐ下に衝撃を受けたとき、鼓膜が破れました。そんなことはありますか?
A.はい。衝撃の伝わり方によっては十分にありえます。

Q.鼓膜は何回破れても大丈夫ですか?
A.はい。中耳炎になりやすい子どもはくり返し鼓膜を切開したり破けたりすることがありますが、治療をすれば問題ありません。

Q.鼓膜の再生手術はどの病院でも受けることができますか?
A.いいえ。鼓膜再生の手術を行っている病院は限られています。ホームページを確認し、実施している病院を探しましょう。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は鼓膜が破れたときの症状や対処方法を解説しました。鼓膜が破れても、大部分は一時的な痛みと聴力に影響があるだけです。しかし、適切な治療をしないまま放置しておくと、難聴などの後遺症が出ることもあります。鼓膜が破れたかもしれないというときは、できるだけ早く耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診してください。

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

監修者

川村 繁樹
医療法人 川村耳鼻咽喉科クリニック 院長
医学博士
関西医科大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科 特任教授
身体障害者福祉法第15条指定医

耳鼻咽喉科専門医として10年間にわたり大学付属病院の部長を経験し、平成16年に川村耳鼻咽喉科クリニックを開業。親切で丁寧な診察・手術に定評があり、毎月300名以上の新患が来院。

  • 花粉症やアレルギー性鼻炎に対する凝固手術(局所麻酔下・日帰り):約1~2ヶ月
  • 鼻中隔弯曲症と中等以下副鼻腔炎に対する手術(局所麻酔下・日帰り):約10ヶ月
  • 鼻閉に対する鼻中隔弯曲症と下甲介の手術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症アレルギー性鼻炎に対する後鼻神経切断術(局所麻酔下・日帰り):約半年
  • 重症副鼻腔炎に対する手術(全身麻酔・一泊):約5ヶ月

の手術待ち状況となっている。

アレルギー性鼻炎に対する最も効果の高い手術として認識されている『超音波凝固装置による後鼻神経切断術』や、副鼻腔炎に対する新しい術式である『前方からのアプローチによる内視鏡下鼻内手術』を考案し、平成23年の日本鼻科学会『好酸球性副鼻腔炎の診断と評価作成基準の試み』では全国から選ばれた5人の内、唯一開業医として参加。現在も毎年250件以上の手術を行っており、継続的にその成績を学会や論文で報告している。

ドクターズ・ファイル取材記事

論文・著書、シンポジウム・講演・海外発表の実績