睡眠が浅い原因とその対処法は? 実は鼻づまりが関係しているかも!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

睡眠は、私たちの健康に大きな影響を与えるものです。
よく眠れた日は、目覚めもさわやかでしょう。
しかし、睡眠不足だったり眠りが浅かったりすると仕事や勉強にも影響が出ます。
特に、睡眠が浅いと「よく寝たはずなのに眠い」という不快感があるでしょう。
そこで、今回は睡眠が浅くなる原因や対処法をご紹介します。
原因によっては、病院で治療を受けた方がよい場合もあるでしょう。
睡眠が浅いと感じている人やよりよい睡眠をとりたいと思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 睡眠とは?
  2. 眠りが浅いとはどういうことか?
  3. 眠りが浅くなる原因とは?
  4. 浅い眠りを改善する方法とは?
  5. おわりに

1.睡眠とは?

私たちは、1日数時間の睡眠をとらなくては生きていけません。
睡眠をとることで脳と体を休めて機能を回復させたり、成長させたりするのです。
人の眠りには「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」があります。
ノンレム睡眠とは深い眠りのことで、脳の温度も下がり脈拍や呼吸数も低い状態で安定しているのです。
ノンレム睡眠に入ると、人はなかなか目覚めません。
ノンレム睡眠中に大きな物音や多少の刺激を与えても、目覚める人は少ないでしょう。
逆にレム睡眠中は、脳の温度は起きているときとさほど変わりありません。
また、レム睡眠中に眼球が激しく運動していることもあります。
私たちが夢を見るのは、レム睡眠中だといわれているのです。

12