蓄膿症ってなに? 知っておくべき副鼻腔炎の基礎知識!

川村耳鼻咽喉科クリニック院長 川村繁樹

記事監修
川村耳鼻咽喉科クリニック 院長 川村繁樹
ドクターズ・ファイル取材記事
免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

春が終わりを告げ、そろそろ夏へと切り替わり始めている今日このごろ。このような季節の変わり目には鼻風邪、蓄膿症(ちくのうしょう)といった副鼻腔炎(ふくびくうえん)に悩まされる方が多くなるといわれています。鼻水や鼻づまり、嫌な臭い……などなど、さまざまな症状に悩まされてつらい思いをしていることでしょう。できれば、今すぐにでも、つらい状況から脱したいですよね?

そんな方のために、今回は副鼻腔炎(ふくびくうえん)の原因や治療法など、基礎的な知識についてご紹介します。

  1. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)について
  2. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)の種類
  3. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)の長引く原因とは?
  4. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)の症状とは?
  5. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)の検査・診断
  6. 慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)の治療
  7. 慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)の手術について
  8. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)の予防法

1.副鼻腔炎(ふくびくうえん)について

1-1.どんな人がなりやすい?

1つ目に挙げられるのは遺伝です。両親が副鼻腔炎(ふくびくうえん)になった経験がある場合、子供にもかかりやすくなる因子が遺伝され、結果として副鼻腔炎(ふくびくうえん)になりやすいと考えられています。

2つ目は鼻の骨が曲がっていることです。鼻の軟骨が曲がることを『鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)』と呼びます。この状態に陥っている方は片方だけ鼻の構造が狭くなることにより、鼻汁がたまりやすくなり、結果として副鼻腔炎(ふくびくうえん)になりやすくなるのです。

3つ目に挙げられる傾向としては、鼻をかみすぎることでしょう。鼻の中をすっきりさせたいから、と癖ですぐに鼻をかむ人もいると思います。しかし、日常的に何度も何度も繰り返していると、副鼻腔(びくう)の通り道が炎症を起こし、狭くなってしまうことがあるのです。すると、とおりが悪くなって鼻水がたまり、副鼻腔炎(ふくびくうえん)を起こしてしまいます。

4つ目は、虫歯です。口と鼻がつながっていることはご存じだと思います。そのため、場合によっては口内の虫歯菌が鼻の方へといってしまい、その菌が元で副鼻腔炎(ふくびくうえん)を起こしてしまうことがあるのです。

5つ目は、アレルギー性の鼻炎にかかっている方。もちろん、花粉症なども含まれます。アレルギー性の鼻炎にかかっていると、異物を吐き出そうと体が過剰反応を起こし、鼻水が出やすくなってしまうのです。鼻水が多く出るようになるということは、それだけ副鼻腔炎(ふくびくうえん)のリスクを高めてしまいます。

1-2.起こりやすい時期とは?

季節の変わり目になりやすいとされています。というのも、季節の変わり目は体の免疫能力が下がり、風邪にかかりやすいからです。風邪にかかると鼻水や鼻づまりが起きますよね。さらに、喉や鼻などが炎症を起こしやすくなるので、鼻水がせき止められやすくなるはずです。結果として、副鼻腔炎(ふくびくうえん)になりやすいでしょう。

つまり、気をつけなければいけないのは夏風邪のはやる『5月~8月』と、インフルエンザや風邪のはやる『10月~2月』です。特に、秋や冬などの空気が乾燥した時期はとてもリスクが高まるので、マスクなどでしっかりと対処するようにしましょう!